スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
RD潜脳調査室(9,10話)

9話「職」10話「至高の話手」


2話纏めて感想です。

まずは9話の簡単なあらすじ


  • ミナモとソウタの父蒼井衛は電理研管理部技術課長。ある日メタルへのシステム介入があり衛は中枢サーバーの機能停止を図って被害を最小限に抑え人工島は救われるが…
    経営的な利害関係の問題から評議会は全責任を衛に被せる事にする。


えと…感想が遅れたのは時間的な理由だけでなく、個人的にこの回がとりわけ魅力を感じなかったせいもあるんです…
ソウタと父の言葉ではない行動で魅せる親子の絆も描かれてたわけですが…やっぱこの手の話が苦手なんですよねぇ…



で、この回は親子の関係だけでなく、大人の社会の現実的な部分を描いています。
例えば、評議会側が結果的には島を救った英雄(衛)を経営的な判断から全責任を押し付けて処分してしまうという…これはリアルでいいと思うんです。
ただ、一方でそういう現時的な部分を描きながら…やけに衛自身が美しく描かれすぎている…しかも、上司である久島に関しても綺麗に描きすぎじゃないですか?


なんか、リアルな部分と、あまりにも理想的な人格者達とのギャップが…見てて納得のいかない事の多い回だったんですよ…


あと、ソウタと書記長のエロ設定は必要でした?
何かの伏線…って事になるなら…いいんですが
このアニメのエロ描写ってキャラの魅力を増すわけでも…キャラ同士の関係の魅力を増すわけでもない、ホントただの無駄なエロ描写にしか感じないんだよなぁ…


10話のあらすじは


  • 占い師エライザがミナモの学校でも凄くよく当たると大評判に。
    だがエライザと接触した人間の記憶が一部欠損するという状況をうけて、電理研は正体を調査していた。
    その頃波留はチャットに興じていた…しかも、その相手はエライザ。
    そして、メタルから戻らなくなった波留をミナモが助けに行く…。


えと、波留おじいちゃんチャットに興じて何してるんだよ(苦笑)と、思ってたらそういうわけではなかったんですね(汗)


波留はエライザの正体がAI(人工知能)である事を見破っており、エライザによってメタルに捕らわれたままになり眠ったままの被害者達を解放しようとしていたと…
ただ、今回もミナモの強い情念が不可能を可能にするような行動がなければ、あのまま危なかったわけですが(苦笑)


このアニメはそもそもワクワク感は一度も感じた事がない静かに楽しむ感じのアニメだと思うんですがそういう意味でこの回は楽しめたかなぁ…
チャット用のAIが純粋に人間に興味を持ち、知識欲から知の探究者となってチャット相手の会話を記憶ごと引き抜いてひたすら溜め込んでいくという設定はある種の恐怖と、考えさせられる面白い設定だったかなぁ…と


ただ、ソウタが調査で出会う男が語尾に必ず「〜系」をつけて「そっち系?」「クレーム系?」「なんたら系」って喋るのにイライラきたんですけど…


11話の感想はここ


8話の感想はここ


| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
RD潜脳調査室(8話)

8話「ノー・フレンド」


今回は幽霊騒動話!



でも幽霊話は怖い話ではなく
何が怖いって…このアニメで水着シーンを作る必要があるのか?
…うーーーー(。><)ノ



でもって、ミナモの友人たちが恐怖に顔を歪めるその顔も…
いやぁこのアニメ!もう遠慮なく顔面崩壊させますね(^^;


えと、本編のほうは…

  • 「電脳貸し」という、寝てる間に電脳ネットに繋げてるだけで、高額の報酬が得られるというバイトが流行っていて…

    幽霊の正体はユーザーの電脳の中に消去されずに残っていた実験的な抽象化データのキャッシュが見せていた残像。


この展開は、普段異様に鋭いミナモが…
ましてや「幽霊は分からないけど霊的なものはいると思うよ」と言い切るミナモが
全く鈍くて幽霊を感じれない時点で、大体予想出来たよね(^^;


それにしても電脳化してないミナモだけ授業中に、あんなデカイものを頭に被せられて授業しないといけないとは…(苦笑)


あれ?今回主人公登場しませんでしたよね?
ま、女生徒たちの噂の中では「成仏できずに、いたいけな乙女に呪いをかけてる幽霊の正体」だと言われ、都市伝説化してましたけど(笑)


9,10話の感想はここ


7話の感想はここ



| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
RD潜脳調査室(7話)

第7話「手と手で」


犬と飼い主のお話でした。


  • 波留とミナモの前にあらわれた犬、何かを伝えようとするこの犬にアクセスしてみると、犬と飼い主である人間の意識が入れ替わっていることが判明。
    (その前にミナモは犬は本来、舌を出して体温を下げるのに、それをしていないこの犬に違和感を感じる…直観力は相変わらずです。)

    飼い主の体を波留とミナモは捜しに行き見つけるが…
    翌日今度は、犬自体が依頼に来る。
    …飼い主の意識がメタルから戻らない…さてどうする。
    というお話でした。


えと、今回…波留さんのおでこに張り付いた葉っぱがイチバン印象に残りました(^^;
今更ですが、ミナモの表情の変化はすごいですねぇ表情だけ見てると段々見やすくなってきました!あくまで…自分は表情だけですが(^^;
あとやっぱ天真爛漫キャラ自体苦手なので…


で、メインの話ですが、飼い主さんは犬と同化したいと…


  • 「(同化こそ)人と犬とが理解しあい愛しあう正しい姿だとは思いませんか。真に互いを愛し合うなら対等の立場になるしかないんです。…気付けば一方的な関係になっていたように思います。だからこその同化なんです。」
    ふーん
    (同化すれば永遠に一緒)
    これにも…うーん

    それに対し波留は「其処までするほど想っているなら、どうして、あの子の気持ちに気付いてやらないんだ」
    「感じるだろ…」


動物は好きですが…
今回動物メインの話でしたが、ほとんど胸に迫るものはなかったです。
ま、動物を飼ってる方なら言葉が通じればなぁ…と思う時がないわけではないと、思いますが。
…今回あんま語る事はなにもないかな



あの、全然関係ないんですけど…以前に不調になった愛犬の話をしましたが、あの後もちなおしまして今元気です(^^;


心配してくださってた方がいたのに、かなり報告が遅れて、しかもアニメの感想記事の中での報告…すみません。
今も極めて人間くさい顔でこっちを見ております。
こいつの気持ちは大体「感じれます」そのつもりです。ハイ



来週です。


8話の感想はここ


6話の感想はここ



| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
RD潜脳調査室(6話)

やっぱ81歳のおじいちゃんが主人公のこのアニメには今回のようなほのぼの系の淡〜い感じの回のほうがいい感じです。


第6話「ラブ・レター」


  • ミナモは感想文の宿題の為、おばあちゃんの提案した「ラブ・レター」という本を読むが、その本は最後の部分は白紙で、読んだ本人が想い浮かべた相手に手紙(ラブレター)を書いて完結するという本だった…
    そしてその本の間に挟まれていた手紙は…50年前、波留の事を想っていた女性が書いた手紙にたいして、波留が短く「今回の仕事が終わった会いに行きます」と返答したものだった。
    しかし、女性がそれを受け取った時、波留は事故で50年の長い眠りにおちいった後で…
    女性は一人身のまま…波留が目覚める二年前に亡くなっていた。


とりたててワクワクしたりドキドキする事はないんですが
波留からの手紙を読んだ時の女性の想いの痕
波留の「私はほんの少し眠っていただけなんですがね」の最後の言葉…
美しい景色とあいまって今回はいい雰囲気のほんのりあたたかくなるストーリーに仕上がっていたという感じでした。



ただ途中で、おじいちゃんが口に手を当てて笑うあの笑い方…気持ち悪いです(/。\)



ミナモの好奇心の強さと感情の豊かさと行動力には脱帽です。



それにしてもソウタはかなりおじいちゃんとミナモの関係を心配してるねぇ…当然といえば当然ですが(^^;


7話の感想はここ


5話の感想はここ



| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツッコミまくり…RD潜脳調査室(5話)

今回の「スーマラン」ツッコミどころ満載でした(^_^;)
えーと、本編のストーリーはおいておきます。



まずはホロン

  • 「嫌な顔とか出来る?」
    「えぇ一応」…ふひゃあ!?ってミナオがビビルほどの顔ってどんなだ!
    背中向けてないで見せてくださいよその顔(^^;
    (個人的に初めて興味がわいたのに…笑)

    「私の容姿はある女性をもとにより多くの人、特に男性に快適さを与える要素を加味して設計されています」
    え、と…どんなデータを参考にされたんでしょうか?
    自分は…どうすれば…(汗)


ミナモ

  • 半世紀前に流行したサングラス「スー・マラン」を…おじいちゃん主人公にプレゼントしようと思い立ち…サングラスをかけた「ハル」を妄想しながら「いいかも」と顔を赤らめるミナモ…
    オーーーーーーイ( ̄ー ̄)θ☆( ++)
    どっからどうみてもすごいおじいちゃんですけど!
    守備範囲広すぎでしょーよ!

    友人たちとまたもやパクつくのはもうあえてツッコミませんが…
    えーーーそんだけ食いまくる場所が骨董屋?!…そうですか

    実践型格闘コミュで最強と呼ばれてるアイアン・シュバルツのデータを違法コピーした改造型アンドロイドに移植しそれが暴走…街の中で誰も太刀打ちできず、ソウタやホロンさえ勝てないといってる相手がサングラスを奪いに来るのを…
    何故それだけかわせるんです(汗)


おじいちゃん主人公

  • 今回は最後になってようやく現れて逆にミナモに「スー・マラン」をたまたま見つけたと言いながら「よく似合っています」と渋ーくプレゼントしてましたが…
    …最初の方で「オークションで一人えらく張り込んでくる奴がいて…」っていう話にかなり当て嵌まるんですが…
    まさか…あなたじゃないですよね(;¬_¬)ジー
    ミナモとの会話楽しそうですねハルおじいちゃん!(苦笑)


えと、今回はまぁそれなりに楽しめました。
とうか適当にツッコミまくりながら見てただけな気もしますが…(苦笑)


6話の感想はここ


4話の感想はここ


| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
RD 潜脳調査室(4話)

ようやく電理研の特殊調査員として働き始めた主人公たちの初仕事を描いた第4話「欲望の環礁」



波留は正式にミナモをメタルダイバーのバディ(相棒)として登録し調査事務所はスタート…そこに初めて訪れた依頼人の男…(やけに渋いな(-_-;)
でも…ちょいまてちょいまってください…
あぁなんかセリフが長くて…難解そうな言葉が出てきて聞き取りにくい…orz


でもまぁ…要するに…メタリアル・ネットワークは40年前に電理研統括部長の(久島)が作ったもので…当初の開発者の意図と違って市民の間では、エロい「欲望」を発散するための娯楽になってると…で、どっかの偉いさんの「おっちゃん」がそん中で停電の時に溺れて…(正確にはブレインダウン)昏睡状態になって、戻ってこないからメタルに入って助けろと…そういう事ですよね…
個人的にこの人助けにゃならんのか?と思ったんだけど…(苦笑)



波留はこれを引き受け…危うく自分も引き込まれそうになるところをミナモの声が聞こえて無事救出して戻ってくると…(なんか成功パターンいつも同じじゃないか…)



それに真面目な顔した3人が電理研で画像見ながら…渋い顔で「より強い刺激か…」って(苦笑)
笑えるだけで…緊迫感が全く自分には感じ…られません…(=_=;)
「ハルさーんハルさーんハルさーんハルさーん」も…同じ…
うー


それとやっぱりなんか…先回も書いたけど…わざわざ言い回しをムヅカシそ〜うに話させたり難しげな単語を使わせてるだけで全く深い話ではない気がするんだよねぇ…やっぱキャラが苦手なだけでなくストーリーにものめり込めない…orz


がぁーーーまた文句ばっかの感想になってしまった…又来週( -.-)


5話の感想はここ


3話の感想はここ


| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(7) | trackbacks(1) | pookmark |
RD 潜脳調査室(第3話)

3話「リダイブ」


人工島停電の状況を解決するためにメタルに潜った波留の行為は違法だったようで電理研に連行される…
ま、そうはいっても…ここの統括部長(久島)はかつての波留の親友で連行って感じはあんまりしないが…


おまけにメタリアル・ネットワークに新たな海を感じた波留は、もう一度、海を感じ「答えを得る」為にメタル・ダイバーになりたがり…
あっさり電理研のダイバーとしてふさわしいかどうか試されることに…
でも…あれ?今回は潜っても爺さんのまま?と思ってたら
何度潜っても失敗してしまい…
「今の君ではメタルに潜れない」と、言われてしまう…


そんな波留を何とかして助けたいミナモは…どうしたら力になれるか考えるがッ…
って…オイ!…そのパフェ…大き過ぎないか…
あんたら…それでか…ま、いいか…(-_-;)


ミナモは閃く!成功するには「安全・安心だ」って…
うーん…これがなぜ、成功に繋がるのかよく分からん(-_-;)


で、最終試験の直前…あるダイバーが深層で危険な状態に…
そのダイバーを助けるための人員がおらず、波留が潜ることに…(うーん、安易過ぎる展開だ(-_-;)…そして、成功



えと、メタルにいる波留とミナモはなぜ交信できるんだろ…
その交信がきっかけで…潜ってる途中の波留は若い姿になったのか?
ま、理由は分からないけどミナモが波留のダイブの鍵というか…深い関係があるのは確か、かな…



波留自身もそう感じてるようで二人そろって来週から電理研で働くことに…
ま、これでようやく本格的にストーリーが進み始めるんですかね…


あと、局長は何故に裸でベッドから無駄に色気振りまいて電理研に通信してくる…わけ?しかも男も…(=_=;ま、突っ込むのも疲れるか…


なんかねぇ…キャラが苦手なだけでなく…話にあまり奥行きを感じない…orz
途中で書くのをやめるのがイヤで…書いてる状態になってきたぞ…



後は、調査室がスタートして大化けするのを期待したいが…


4話の感想はここ


1&2話の感想はここ


| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
RD 潜脳調査室(第1&2話)

個人的に全くチェックしてなかったRD 潜脳調査室ですが…1話を見て感想を書こうかなと心が動いたので書きます!…ただ正直面白いかどうかさえまだ判断できないので最後まで書き続けられるかどうかは今の所、全く分かりません(苦笑)


とりあえず第1話「ウラシマドライブ」


まずビックリしたのは主人公が介護が必要な状態の老人(81歳らしい)
どうやらこの男(波留真理ハルマサミチ)はかつてフリーダイバーで海底に潜り何かの調査をしていたところ…海が燃える」と言う現象(何の現象か今の所さっぱり分かりませんw)が起きて眠り続けることとなり、目覚めたときには50年が経過して老人になっていた…という事か…


で、事故当時のその現場の主任で、波留を自分が怪我をしながらも必死で助けよとしてた男が何かの研究所の部長で、どうやら波留を自分の元に呼ぼうとしてるらしい…(エーと、この部長見た目年老いてませんけど…どうやら義体化らしい)
でそのために部下の男、蒼井ソウタを使わすが…波留は海に答えを求めて…海のそばから離れられないと…ふむ
(しかし、あの格闘シーンはいるのか?)


でヒロインになる子は・・・15歳の中学生!
その蒼井ミナモは、波留の介護用アンドロイドのホロンがメンテナンスで「36時間のお暇」を貰うので、その間の介護ヘルパーとしてやって来た…と


うーん…なんかキャラ設定が色々ぶっ飛んでる上に…このミナモが個人的に非常にイタいキャラのような気がする…^^;


そうこうしているうちに、50年前と同様の「海が燃えている」現象が再び起きて波留はメタリアルに潜る…そして、「出来る事を見つけた」と…


えーと…すみません実は全く分かりません(苦笑)


そういうわけで、公式サイトを覗くと新たなネット空間が「メタリアル・ネットワーク」略して『メタル』らしい!
で、義体化とは肉体を機械的に補完する技術らしい…。
そして…現実とメタルの間で歪みが生じ始め、いろいろ問題が起きていて、その問題を調査、究明するのが電脳ダイバーと…


ふむ…ふむ…うーん。。。
どうやら「攻殻機動隊」の姉妹編的な作品というか世界観が似てるらしいんだけど…見てないんだよなぁ…それを見てる人にはよく分かるのかな…?


ただ、まぁ1話を見た限りでは面白いのかどうかさえさっぱり分からない上に…キャラデザインも自分的には苦手なんですが…世界観には…なぜか魅かれるので取り合えず見ます!


第2話『少女』


50年前と同様に再び『海が燃える』現象が起きた為に、謎の衝撃波によって人工島(アイランド)全域が停電し
なんとかその状況を解決するために、81歳の主人公波留メタリアル・ネットワークにダイブし…現実世界ではミナモが変電所に向かい…双方の協力で状況を解決!
ま、簡単に言えばそんなお話でした!


それにしてもインパクトの強い81歳のおじいちゃん主人公…メタル空間に入れば外見は若いときの姿です(^_^;

ミナモのほうは冒頭に出てきた少女時代の様子からすると…単に感がいいだけ?
自然の声を聴けるというか…感じれるような子なのかな…?
ミナモの母親が仕事で登ってたというあの山(オーストラリアの)を出した意味は…何んだろうか…?
それにおばちゃんの写真のダイバーは主人公?


ま、まだ???ばかりです(汗)


それにしても、女性キャラの描き方が…あれはなぜ?
必要以上に肉感的過ぎて…個人的にはやはりかなり苦手orz



それが気にならない位ストーリーに入り込めるだろうか?うーん…挫折の可能性も…



もう少し見ては見るけど…


3話の感想はここ



| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(6) | trackbacks(1) | pookmark |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS