スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
続 夏目友人帳 第3話「妖退治 湯けむり行」

第3話「妖退治 湯けむり行」


今回はこの作品にしては珍しいタイプの妖が登場するお話です。でもそれだけでは終わらない素晴らしさ…。



■本来は人ならざるものには非常に多いタイプ。

人間に敵意や怨念を持ち、表面上は光のもの、そう悪いものではない。と…狡猾に思わせ隙あらば取り込んでしまおう、喰らってしまおうとするのは悪魔でも怨霊でも神と名乗るものにも本来非常に多い…。

ただし、そんな人間に仇なす存在を登場させつつも、それだけで終わらせないのが夏目友人帳だよなぁ…と、つくづく感じました。

人だろうが、人ならぬものだろうが悪意を持つものは存在する。
でも相手に左右されずどう在るべきなのか…。
築けた絆がもたらす温もりのよさがどんなものか…。
抱える心の痛みがどれだけ深くても、それはいつか癒して乗り越えていけるのかといった…本当に色んな事を考えさせる深いお話だったと思います…。



■でも…まずはキラキラ兄さん名取周一と夏目のお忍び旅行
一応ツッコムべきですかね(汗)
なぜか夏目はキラキラ兄さんにペアの温泉旅行が当たったと誘われニャンコ先生を伴い、二人と一匹の一泊二日の温泉旅行が始まる。
いやぁー…夏目は『同じ風景が見える友人はキミだけだよ』
という言葉に魅かれて行く事に決めたわけですが(純粋に初めての旅行というのも、嬉しかったんだろうしね)…でもさぁー、やっぱこの組み合わせの温泉旅行は何故か…とっても怪しく映る!(・oノ)ノ
キラキラしすぎてるからだろうか…。

1期を見ていない人のことも考えて名取の痣のことに思いを馳せながら…「おそらく名取さんは妖を恨んでいる」と深刻に考えてるのに…。
突然『目のやり場に困る』

って…別に男同士なら困らんだろうが?ヾ( ̄0 ̄;ノ
多分狙い通りツッコまされて負けた気がする……。


本筋は
■二人は共に嘘をつく者
互いに近い境遇にいて相手の気持ちが分かるからこそ…気になる存在。
本当に友になれるかも、そうなりたいと願ってはいる。
でも、お互い黙っている事や秘密にしている事がたくさんあり…無意識、意図的かは問わずに嘘をつき続ける二人。
その中にはもちろん相手を気遣うが故の嘘もあるんだけど…。

今回は名取の方に特に濃厚に『嘘をつく者』としての傾向が表れていたように感じたものの…夏目もそれは同じで、それに気付いているからこそ名取は背を向けたまま心からの言葉を
『でも 嘘をつくのに疲れたら私のところにおいで』
ここは当然、純粋に出てる言葉だとは分かりつつも…男同士の友情でこの優しさの示しされ方をしたら…多分自分なら逃げ出すと思う。すみません(汗)

でも、夏目の夢は本当に哀しい…。
(妖怪を見るせいで小さいころから嘘つきだと言われ続けてきた夏目…多分それは名取も同じ。嘘など本来は全くついてなどいなかったのに…

でも、そう言われないために逆に嘘ばかりつくようになった二人…。見えているのに見えていないと嘘をつき、哀しいのに嘘の笑顔でごまかし…。
そうやって二人はあまりにも多くの嘘をつきすぎて来た。
だから、今では信頼できる大切な人が目の前に表れているのに…その人達に本当の事をすべて話して『嘘つき』と言われてしまうのが怖い…。

そのために余計に最近では「あの頃」の夢を見るようになってる夏目…。

そしてそんな、夢を見ながら涙が溢れ出ている夏目と、それを痛いほど理解しながら見つめる名取が共に痛々しい……。

ただし、最後には『人を騙すのが癖になっていた…ちゃんと話せばよかった。ごめん夏目』と正直に謝れたし、夏目も『いつの間にか嘘をつき慣れてしまったんだ』とちゃんと、その気持ちが理解できてるわけだから…この二人はきっと少しづついい友人になっていけますよね。

ただし、伏線?!別の祓い師というのは…1期のラストに出てたいかにも怪しい会合のメンバーなんでしょうか。何か、今後の展開に関わってきそうなあのシーンが忘れられないんですが…。


■三ッ目の妖怪
冒頭の場面をどう繋げるつもりなのかと思っていたら。そうか、これ自体はよくある恩返しのお話なんですね。でもこの作品が好きなので贔屓目かも知れないですが、よくあるお決まりの話なのに、それでも素晴らしいと感じてしまう。
小さな水溜りで立ち往生している小さな小さな妖たち…。


普通なら見て見ぬふりをしてしまっても当然の光景…。
簡単に迂回する事が出来る水溜りなんだから(笑)

普段の景色の中であんな光景を、人間がしていたらきっと『バカか。迂回すれば済むだろうが!』と失笑するだけかもしれない…。あるいは、気にも止めないかな…。

もちろん、今回の場合は見た目が小さくて可愛いので自分でも気になり眺め、助けたくもなるかもしれないが…。

でも夏目は見かけがどんなものであろうがいつも、ほっておけない…。
一応『回って通ればいいのに』とツッコミつつも、その表情は滅茶苦茶あったかい顔をしてるんだよ夏目は(笑)

で、この場面の『あの大きさ…』といった瞬間、見ていて嫌な予感がしたら…やはり髑髏が入ってた(苦笑)

でも、夏目本人も言ってたようにこんな小さな優しさ「少し手助けしただけなのに…律儀に…」夏目に感謝したその髑髏の主が今回の夏目の危機を救う事になるとはね…。

でも、こんなふうに救われる事になったのは決して相手が大物だなどとは思わずに、ちょっと困っていた妖を純粋に助けてあげていた夏目だからこそ!
そんなふうに夏目が絶えず優しさを示し続けてるからこそ!なんだよなぁ。
『だって 見えてしまうから 泣いていたり 困っていたり そしてそれらは裏切ったり恩を返したり』
優しさを示して裏切られる事は、人間相手だろうが妖だろうが変わらずに起こり得る。
甘さは命取りになるのも人間相手でも同じ。
だから優しさは示さない!甘くならない!泣いてる姿も困ってる声も耳を貸さない!聞こえないフリをする、見えないフリをする…そうやってまったく優しさを示さない事で仮に『甘さ』がなくてもそれは本当に強いわけではない…。

夏目を見てるとそれは感じるよなぁ……まぁ、実際は甘さとのバランスが難しいんだけどね(苦笑)

それにしても、個人的にはまたも夏目とは違うと言われてしまったレイコがどんな人だったのか…決して『甘くはなかった』レイコの抱えてた、夏目貴志よりもはるかに深い心の傷や寂しさや哀しさを感じてしまって、どうしてもレイコの方ももっと知りたくなるんだよなぁ…_| ̄|○


■柊
この妖やっぱり好きです!
主(名取)の本当の気持ちを、名取が会計を済ましてる間にそっと教えてくれる柊にほっこりさせられました。

『主様は封印されているはずの妖を確認に来ただけだよ。せっかくの機会だからお前と話でもしたかったんだろう』

もちろん名取は結果として巻き込む可能性も、どこかで利用してしまう事になるかもしれないことも心の片隅では十分承知していたと思う。
でも本心の根っこの部分はただ夏目と話したかった…同じ景色、似たような境遇、嘘が癖になってしまってる者同士として…。

これを名取のために、そして夏目の為にも語る柊少しぶっきらぼうな話し方と、その心根…。
今までも見せてきたように明らかに不器用そうな柊が見せてくれる、こんなちょっとした優しさや温かさが表れた場面に…すごく温かい気持ちにさせられました。

そして、考えてみれば妖たちがそういう優しさを示すのは元々持ってる妖の心の純粋さと同時に、大抵夏目友人帳の話の場合は小さな小さな人間の側のさりげない行為に対する感謝の心が発端になってたりしますよね。

人間の側は忘れてさえいるような、ささいな行為を忘れずに健気さを示す妖たち…。

そして夏目は上でも書いたようにいつも、そんな自分ではおそらく忘れてしまうだろうさりげなさで、いつも自然に優しさを示している。
このシーンは…男でも危うく惚れそうになるぐらいのさりげない優しさ(笑)


『悪かったなよく拭かないと風邪を引いてしまう』
「ほっといてかまわないよ。妖怪は風邪なんか引かない」
『あーそうか、良かった(笑)』
本当に心から自然に出てくる優しさなんだよなぁ…。

この時、柊に仮面があったのが残念です。
でも、きっと柊はその仮面の下で『自分はこんな事で風邪など引きはしないのに…何故こんなにも、この人の子は優しいのだ温かいのだ…』と戸惑いつつも、照れながらひどく嬉しそうな顔をしていたに違いない…と想像しました(苦笑)

もちろん、柊は名取命の健気な妖ですけど、夏目のこういう優しさに触れて嬉しくない筈はないよなぁ。
とにかく、なんか書きすぎてますけど…このシーンも嬉しくなるような心温まるシーンだったんですよね…自分的には^^;

まぁビシャビシャにしたのは夏目何だけどね(汗)
それに、夏目と柊の場合には既に関係が出来上がってるというか夏目に一度世話になっていることは決して忘れないだろう柊だから、このシーンがなくても話してくれたと思いますが。



さて、ほとんど触れる余裕がないですが
もちろん今週もしっかりニャンコ先生のブサ可愛い癒しも見せつけてくれましたよねw


『パトロールだパトロールだ』と嘘ばかりつく先生に呆れ(´д`)

『毎度胡散臭い男だな』と言ってたくせに、温泉と知って急に態度を変えて『なにぃー行くぞー たまごたまご 温泉たまご♪』と手のひらを返す現金な所に笑わされ(笑)

夏目の横でなんとも気持ちよさそうに眠る先生に癒され(´ー`)

温泉に浮かぶブタ猫の怒りっぷりやら…刺身追加でキランキランになる姿やら…夏目の肩に乗る相変わらずの何ともいえんその尻やら、腹を押さえつけられ悶絶する姿などなど…挙げていけばきりがない(´ー`)

それから実は名取のバラ攻撃に蕩けた塔子さん……じゃなくて、普段遠慮してるばかりの夏目が温泉旅行に行くと言い出して、心底嬉しそうに夏目の頬を撫でてあげた塔子さんにも癒された(´ー`)

さて最後には、いつものように夏目の語りが入りましたが…。
『話したいことが一杯ある(のに)うまくいかない。でも、いつか話そう きっと話そう本当の心を知って欲しい人たちに』と語る夏目…。
今回もスミエ、三つ目の妖怪、柊などの妖たちと名取との係わり合いを通してまた一歩前進した夏目でした。

今回は泣かせるほどではないかもしれませんが、やっぱりいいお話でした。
癒しも、笑いも補給できて自分は満足(笑)

ただ又長すぎて読みにくくてスミマセン。

また来週です。


4話の感想はここ


1&2話の感想はここ


| 09冬・続 夏目友人帳 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
続 夏目友人帳 第1話「奪われた友人帳」第2話「春に溶ける」

第1話「奪われた友人帳」


今期最も楽しみに待っていた作品が帰って来たー♪はじまったー!ニャンコ先生全く変わんねぇー!

はい!妙にテンション高めで失礼します(汗)
でも本当に、この淡く穏やかで…なんともいえない温かさと寂しさを醸し出す雰囲気がやはり魅力的です。そしてやっぱりニャンコ先生は癒しと笑いのツボをしっかり抑えてくれてます(´ー`)

今回は多少2期から見る方への配慮もあったんでしょうね、説明的な部分もあったりして色んな情報を詰め込みすぎてる為に、話自体は1期を見てる者としては多少物足らない部分もあったんですけどね…。

でもね、この独特の雰囲気は健在で、間違いなく今期も期待できるだろうと感じさせてくれるスタートとしては上々の出来でした。きっと1期同様その雰囲気の中にメッセージ性を嫌味なく含めつつ、大いに癒し笑わせてくれると思います^^
なんか季節も冬に移り変わり、それがまたこの作品の雰囲気と合っているために余計に期待が高まるんだよなぁ。

多少ベタ褒めからスタートしてしまいましたがいいんです!きっとこの作品が好きなら分かってくれるはず(汗)



■相変わらずの夏目とニャンコ先生
出だしは1期のスタートを思い出させるかのような感じでした。
夏目が友人帳目当ての妖に追いかけられ…走って逃げる際に結界の縄を切ってしまう。


もぅ、この時点で原作は知らないですけど公式ホームページにいた黒ニャンコを封じてた結界だろう事はすぐ分かりました(笑)ニャンコ先生の時とほぼ同じパターンでしたからね。

それにしても、鞄の中から登場し
「暇だから付いて来てやったらこのざまかぁーふぁ」
と欠伸をしながら現れ、用心棒のくせに全く助けもせず蝶と戯れるニャンコ先生^^;
そして、夏目によって追いかけてきた妖共々、ノックアウトをくらうニャンコ先生が…
相変わらず過ぎてホント嬉しくなります(´ー`)
たまりません、どんどん殴ってやってください(オイ)
こんな風に仲良くやりあい素直じゃなく言い合う二人が又いいんだよなぁ(笑)

「そのうち隙を見て喰ってやる」
なんて全く思ってないくせに悪態をつきながら去っていくニャンコ先生が可愛いよ(苦笑)
ところで『大福猫』って…今期も又いろんな渾名が飛び出しそうですな(汗)



■夏目と藤原夫妻の関係は…。
1期の後半で二人の前でようやく愛想笑ではない笑顔を見せられるようになった夏目ですが…。
2期も、身寄りがなく親戚中をたらいまわしにされていた自分を引き取ってくれた心優しい藤原夫妻に『迷惑』をかけたくない為…妖怪が見えることは「絶対内緒」だという気持ちはまだ相変わらず持ち続けたままのスタートのようですね。


■友人帳奪われる
でた!黒ニャンコ!

公式ページを見た段階から気になってたんだよコイツ^^;

夏目はこの時点ではまさか、またもや自分が封じてあった縄を切った為に動けるようになった妖だとは思ってません…ニャンコ先生がただ汚れただけと…。
ニャンコ先生だと信じて疑わなかったその理由は…
『こんな顔のデカイ猫そうそういないだろー!?』
ぐはw確かに(笑)

それにしても黒ニャンコを殴る殴り方がさすがに容赦なさ過ぎかと…(笑)

で、帰って来た酔っ払いの本物は…なんとも役に立たないので、目の前であっさり友人帳を奪われる。。。


■妖たちの人間への感情…。

この作品に出てくる妖たちの中にも人間に対する色んな見方を持った妖が現れます…。
列を組んで森の奥に向かう妖たちの言っていたように「人などと関わりあうとロクな目にあわん」という感情を持つ者。

斑の知り合い紅峰のように時折「お食事でしたか是非私にもおこぼれを」といったふうにあくまでも食として扱おうとする妖たちも現れます。

そして主様を封印した憎い人間に怒りを表してた妖たちのような…人間にあからさまに悪感情を持つ妖…。

でも、この作品の場合…どんな反応をする妖も心の奥底では人間を憎みきってる…本当に餌にしようと真剣に思ってる妖の姿には感じないんですよねぇ……。
もちろん、過去の人間から受けた仕打ちにより一時的に怨念や怒りに捕らわれてはいる場合はあるとしても…それでも、どこか人間達を愛してる…人間達と仲良くなりたい気持ちがあると感じるんですよね…。
しかも自分たちと比べてあまりにも儚く短い人生を送る人間と仲良くする事で訪れる、寂しさに怯えている…人の子を愛するがゆえの怯え、そんな心優しい妖たち…。

1期は基本的に全てそんな妖たちだった気がしたんですが…今期はどうなんでしょうか…。
基本的に自分はこの作品の妖たちのその優しくも切ない感情に凄く興味がありますし、毎回その切ない妖たちの感情と…その妖と関わる時の夏目の想いに押し付けがましくない温かいメッセージを色々と乗せて物語が紡がれてる気がするので…今期もいろんな妖の想いに注目です。
せっかく、さりげなく描いてるメッセージの要旨の部分は…自分の感覚を必要以上に書きすぎることで損なわないようにさりげなく書きたいとは思ってるんですが…難しいんだよなぁこれが(汗)



■主様リオウ
リオウは間違いなく人間が好きで仲良くしたいという妖でした。


しかし、今回ようやく再び動けるようになり…すぐに大好きな大切な人間の友人に会いに行くと…既にその人は亡くなっていた。
『人の一生は短いね…みんなに阿呆だと言われた意味が分かった気がしたよ』
…上の部分で書いたとおり関わらないようにする妖たちの気持ちの底にあるその感情が…切ないです。


そして結局このリオウはそうであるがゆえに
『私は人が好きだからね…だからもぅ人里には降りない』
と言って消えてしまう……。



■貴志とレイコ
話が変わりますが…1期の時に自分は是非『人が嫌いなままで逝ってしまったレイコをもう少し描いて欲しいなぁ、そんなレイコの姿をもっと見てみたい。知りたいなぁ…』と書いたんですが…そんな自分からすると気になる描写がさっそくありました。

それは今回登場した妖の1人紅峰が夏目貴志と夏目レイコの違いを知る者として見せた反応…。
「妖怪たちの大切な名前を預かってるんだ…俺にはどうしても…見つけ出さなきゃいけない理由がある」
と夏目が言った時に見せた
『生意気な目つきといい確かにレイコと似ているか…』
との言葉は…レイコも夏目以上に乱暴で不器用ではあったものの、妖への愛情は持っていたために妖から怖れられつつも愛されていた感(全ての妖からではないにしろ)が出てたように感じました…。

一方「幸い俺には君の声が聴こえる。他のみんなのも、そして人の言葉もだ、隔てなく…これは力にならないだろうか」
と貴志が語った時には…
『お前はレイコとは違うんだな』
と反応してましたよね。
おそらくレイコは人の声はある意味聴こえなかった…レイコはあくまでも妖よりの人間で…人と妖の架け橋になろうなどとはしなかった。と感じさせられた反応のように思ったんですよね…。

実は個人的にはレイコの方が魅力的なんです…。レイコが女性だからじゃないですよ(笑)
貴志は不器用だけど…でも、人間も妖も好きで…温かく優しくそれを不器用ながらも実行に移せる力もある…まだ完全ではないにしろ、いろんな山を乗り越えたからでもあるんですが…でも確かに前進し成長してる夏目貴志は輝きがあり自分には眩し過ぎて感じる(汗)

それと比べるとレイコはさらに不器用で痛々しく…同じように妖の優しさと触れ合ったのに色んなものを乗り越えられないまま逝ってしまってる気がして…すごい気になる存在なんだよなぁ……。2期でもっと掘り下げてくれないもんだろうか…。

そして多分そんなレイコも貴志も両方見て二人の全てを理解してたんじゃないか…と思わせるニャンコ先生の口から、レイコへの本音が語られる時がくる事を期待してるんですが…。
今回も再三紅峰が貴志に対する斑の本心については語らせようとする様子が描かれてましたけどね。


それに対して
「いい暇つぶしになる…人の一生などあっという間だ……あっけないほどあっという間さ」
と語るニャンコ先生は…それでも
「今しばらくは 私はこれの傍らにいよう あっという間の…その時まで」
と言ってみせる。

もぅ『人里には降りない』と決めた主様や、優しい表情で夏目の頬に触れながら『帰るとしますか…やっぱり人は好きにはなれんな』と仕草とは裏腹な言葉を吐いて去った紅峰と同種の感情を抱きつつも…違う決定をして夏目の傍にいるニャンコ先生…。
その差を生じさせるものは果たして何か……深いなぁ…。

まぁなんだそんな感じで…この作品は自分は深く感じいってしまう部分も多々あるんですよねー(苦笑)

でも、とにかくそんなの抜きにしてニャンコ先生かわいい!癒されるーっ!て部分も健在で、もちろんそれだけでも十分楽しめる作品だと思いますからいろんな形で楽しめます(笑)


初回なので主要キャストも紹介しておきますか。

夏目貴志:神谷浩史
ニャンコ先生:井上和彦
夏目レイコ:小林沙苗
名取周一:石田彰
田沼要:堀江一眞
藤原塔子:伊藤美紀
笹田純:沢城みゆき
西村悟:木村良平
北本篤史:菅沼久義 



そいえば、エンディングテーマが又いいですね♪
高鈴さんの『愛してる』
これまた、作中で感動した後だとぐっとくるだろうなぁ…。


第2話「春に溶ける」

今回も相変わらず笑って切なくなって…ふいに又笑わされて、最後にはやっぱり物悲しくなってしまう、そんなお話でした(ノ_・)


今回も書きどころが多過ぎて…朝の時間の制約がある中では書き切れませんでした…後半は特にいそいで書いたので文章が変かも…(苦笑)



■まずは相変わらずの癒しと笑いに満ちたニャンコ先生から
先回の登場もそうでしたけど、登場したかと思うと…塀の上での犬をからかう動きの可愛さにさっそく癒されまくり(´ー`)
しかも、ゆーかぃゆかーぃ…などと高笑いしつつ予想通りにべチャッと落ちられたら笑わずにはいられないだろよ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

おまけに自業自得で腰を痛めたのに…夏目のせいにしやがったよw

『綺麗だなぁ…足跡一つない』と夏目が思った途端…。
狂ったように足跡付けだしやがるし…しかも、わっるい顔で(6 ̄  ̄)ポリポリ


そこからの夏目とのじゃれあいは……まぁとにかく楽しそうで楽しそうで加わりたくなりました(ノ-_-)ノ(((((((●~* ヘ(;>_<)ノ

一度思いきっりこの、ダルマ猫くしゃくしゃにしたい…。

あれ、そういや今回デタラメな渾名を珍しく付けられてなかったような^^;

まぁそんな事より…夏目はホントによく笑うようになりましたねぇ。しかも、積極的になったし、感じてる事を真っ直ぐ言葉にするようになってきてるし…。
冒頭の『毎日幸せだよ 心から』なんて言葉は聞いてるほうが照れそうな真っ直ぐさですが…冒頭の過去の場面の頃とは違いホントに今、心から夏目は幸せなんだろうなぁ……と、思いながら見てました。
そして、もちろんニャンコ先生もね!
夏目との毎日が楽しくて仕方ないんだろうねぇコイツ(´ー`)



■森の守り神『玄』
二人がじゃれ合っていた、この『しばの原』という場所にはかつて二匹の森の守り神の像があったのに、今では一匹しか残っていないという…。
そして、その残された一匹の像に宿っていた森の神『玄』が…やってきた夏目の体を依り代にしようとするものの、誤って夏目の作った雪うさぎの方に乗り移ってしまうところから、話は動き出す。

その妖は仕方なく、その雪ウサギが溶けてしまうまでの間、夏目に魔封じの木から封印が解けてしまった悪霊を退治するための力を貸して欲しいと頼むが…。
(あー…溶けてしまうまでなんて…早くも切なくなるための設定が敷かれたよ…/汗)


家に連れ帰ると…悪い気を放ち草木を枯らす悪霊を『必ずこの手で封印してやる』と語るが…。
その時に放つ玄の気が…夏目が「なんだ…この感じ?」と不思議がるような気…。
おそらく、深い哀しみの宿った気だったんだろうな…と、私は感じたんですが……。

夏目が仲間はどうしたと話を向けると玄は、もう一対の像に宿っていた翠との楽しかった日々を話し出す。
『あの頃は楽しかった…いつも二人で森を守り 雨や雷 月や花を共に眺め…』でも、翠が粉々に砕かれその日々は終わった…。

その夜、この作品ではお馴染ですが…玄の思い出の夢が夏目に流れ込んでくる…。
『ずっと 一緒に…』
その翠の言葉と想いは…砕かれて…。
目覚めると雪ウサギが泣いてる……。

それを見た夏目は(まだ、この時点で夏目は翠を砕いたのが悪霊と思っているので…)
『悪霊なんてのは放っておけないな 玄』囁きながら、優しく手を添える…。

あぁーそうだったよ、相変わらず夏目はホントどこまでも優しくて…こういう細かな挙動全てにそれが表れてるんだよなぁ…。口だけでなく…。

その後も、庭先で掃除をしてくれてた玄を気遣ったりしてた夏目ですが… そんな時に、頭に蜜柑を載せた状態でバカ猫が登場。これは全く不意うちで
『ほっとけ、溶けてくれりゃ解放されるぞ!これ剥いてくれ
「はむはむ/・あ あまい あまいぞこれ うんうん」
くそ!吹き出したじゃねーか!
不意打ち過ぎる!ホント頭ドツキたくなったよw
いやぁ、ニャンコ先生最高です(苦笑)


そのあとも、『仲がいい』といわれて照れて喧嘩し始めるしヽ(´▽`)/
でも、おバカなニャンコ先生はこのぐらいにします…。

玄が二人を見て『本当にいいな二人は翠のことを思い出すよ…」と語る、翠が本来持っていた想いについての話が又…この作品特有の優しい妖の心根そのもので…。

玄は自分勝手な願いばかりする人間が嫌いだった…。
でも、翠は…とある人間達が話した三色の虹が出たら願いが叶うという言葉を耳にして以来…虹を見るたびに『三色じゃありませんでしたね』と残念がり、あの人達の願いが叶っただろうかと心配するほど…人間が好きで人間を思いやり人間の幸せを願ってた…。
はぁ、1期もそうだったけど…人間に、ここまで思ってもらえる価値などないというのにどこまでも優しい妖たちの想いが凄く心に堪える…。


■そんな翠が悪霊へと落ちた理由
魔封じの木があった場所に行った夏目は…そこで、悪霊が翠である事を知る。


そして、襲い掛かってきた悪霊はかつての翠の願いとは全く異なる言葉を発していた…。
『おのれ〜人め〜許さん〜』

そんな悪霊と化した翠を抱きしめ翠が悪霊と化した理由を話し始めるが……。
それはまさに人間の身勝手極まりない行為…利己的で、すぐに誰かの責任にしたがり…そのくせ都合のいい時だけ神仏に頼り、うまくいってる時だけ感謝する姿勢が生み出した悲劇…。

これは…人ならぬものから言わせればホントに醜くて仕方がない人間の汚い部分だろうねぇ…。
それでも…当初、命を削ってまで何とか人を救おうとしてたなんてなぁ…。
それで、遂に悪霊と化して封じられて…。

しかもさ、愛する翠がそんな目に合っても、人間を嫌いといいながら憎んで憎悪を人間に向けるわけではない玄もまた…凄いよ。

これまた人間同士に置き換えたりして考えても…。



■捜索…孤独

必死に捜索を続けるも翠の行方が分からない…。

おー今回…珍しくニャンコ先生が働いて床下で聞き込みしてるよ!
と驚いてたら…酒はどうしても辞められないんですね(苦笑)

可愛いから許すが…。

でもね…雪ではなく雨が降り続き始め…温かい日が続いてる…。
焦りは玄を蝕むとおもうんですよニャンコ先生…。
そしてこれまで、あまりに寂しさが続いた為に玄も悪霊化しそうになっていた…それを防ぐ為友人帳に名を書き悪しきものになってしまったら燃やせとさえ語る玄…。
しかも『イヤだもぅイヤだ…1人はもうイヤだ』と、泣き崩れる。うぅ

そんな玄を抱きしめ諦めるなと励ます夏目…ホント心が澄んでるね…。



■寒い

『寒くないのです。あなたがいるから』…かつて、そう言ってた翠が
今は『さむいーさむいー』と嘆く…。


人を愛していたのに裏切られ…最愛の玄の傍に居られなくなり…一体、どれだけの苦しみ切なさ寂しさの分だけ翠は寒かった事か…(ノ_-;)…

翠だけではない…玄も
『私も寒かったよ 翠 寒かった』
でも、だから帰ろう一緒に帰ろうキミの心がいつか癒えたら又、二人で虹を待とう…。
うーなんてーこったい…人のために…虹を待ち続けた翠が好きで、そして翠の影響を受けてたからこそ…心優しかった翠の願いを無駄にしないためにも…玄は人間に憎しみを向けなかったんではないだろうか…。
そして…翠の中にまだそんな優しさ人を想う心が残っている事を信じて…再び共に虹を待とうと…。
どこまでもこの作品の妖たちの心は純粋で優しくて大きいなぁ……。

もちろんそんな妖のために、大半の人間が何も返さなくても、ただただ命の危険を冒してまで二人を救おうとした人間(夏目)の存在が、玄をそして翠を救ったんでしょうが…。
ごくごく稀にではあってもこんな人間が居る事が救いでもあり…妙に悲しくもなるけど…。

まぁ夏目の優しさは…こんなふうに半端ないですが…。
途中で寂しそうだからと気付いて、何も分からずただ小さな雪ウサギを隣に作った塔子さんのような優しさも素晴らしくて…。うん、あぁいう小さな小さな優しさも…いいね。


■大丈夫だろ…おまえが思っているほど妖は弱くはないぞ

「ちゃんと帰れたかな…」
『大丈夫だろ…』
はい…途中で妖力が弱まってるので引き合わせてもそのまま消滅してしまうかもしれないと危惧を言い表してたニャンコ先生が『大丈夫だ』と。
うん、今回の場合は私も消え去ったのではなく、二人は帰れたと思います…一緒に今度こそずっと…。

それにしても、大切だと思った事は大事にしていきたいんだと語る夏目の成長ぶりはやはり目を見張りますね…。
そして、花の種を撒くという…人は花がすきなんだ…だから妖だってきっと…
最後の近い将来を思い描く光景では花の上に虹が……。

…はい、きっとこの虹を二人は見ることになると思います…

先週も書きましたがEDの曲がやっぱり本編で沁みた後、聞くとホント今回もいい曲だと思う。。。

そうえば、この作品の感動させられる、妖役を務める声優さんたちがいつも楽しみで毎回期待に応えてくれてますが…今回は玄(吉野裕行さん)翠(高垣彩陽さん)でしたね。
次回は誰かな…これも毎回の楽しみです。


3話の感想はここ


| 09冬・続 夏目友人帳 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS