<< 夏目友人帳(6話) | main | 怨みは制御できなくなる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
RD潜脳調査室(13,14話)

今回も2話まとめての感想にします(^^;


13話「もうひとつの海」


今回は波留とミナモが散歩(デート?)をしながら波留が、失われた生まれ故郷(東京)と少年時代に初めて海に潜った地(唐津)の情景を思い出すというお話だったんですが…


んぅぅぅぅぅーーーー
今回は…お、大人過ぎる…いや自分も大人だけどさぁ…こ、これはさすがにもっとずっと上の世代が見て楽しめる感じじゃなかったですか?
それとも自分の感性が足りないだけか?


いや、言葉が多すぎることなく静かに静かに描かれるのは嫌いじゃぁないんですよ…それに風景も確かに綺麗でした…だけど…ほぼ無音のその回想の光景をただ見ていく今回はさすがに…
自分には、なんだろう、別にとりたてて心に沁みるものはなかったよ(汗)
なんか…うーん…(苦笑)


で、今回は一応デートだった見たいですが(汗)…この関係まさかホントに進展していくつもりなのだろうか(=_=;


あぁあと1話に出てきた写真はやっぱミナモのおばあちゃんと波留の若い頃だったんですね



14話「波と風」


で、この回は前半はオーストラリアに住むミナモの祖母との電話という形をとりながらおばぁちゃんに、これまでの事を話すという感じで振り返っていく総集編でした。


でもなんというか…いやそれなりにいい回もあった訳だけど…振り返らないといけないほどの難解さもストーリーの進展もないもんだから…(-_-;


で、後半は
「波留さんの事を知っているようで何も知らない、私の知らない波留さんの見てきた世界を見てみたい」
と言って50年前のスタイルでミナモが潜水するんだが…え?


え?
なぜ実写映像?
しかもそんなにキレイでもない海の中の様子…


なんか先回といい凄い挑戦…的…なのか?
フム
ここはいつものキレイな絵のほうがよくない?


まぁミナモの頭の中は波留さんでいっぱい、ってのは分かったけどさ(オイ)


15-17話の感想はここ


12話の感想はここ


| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS