<< 夏目友人帳(4話) | main | コードギアスR2(17話) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
RD潜脳調査室(11話)

ホントこのアニメは毎回取り組む内容の幅が広すぎて、その都度、好印象の回とそうでない回の差も激しいんですが…今回は好印象云々ではなく正直お手上げです(汗)


当たり前なんですが天才の気持ち?も音楽の世界の専門的な話も自分には荷が重過ぎる(汗)



11話「純正律」


  • あらすじは
    世界的なバイオリスト一之瀬カズネのコンサートのチケットを、久島から貰ったミナモが一之瀬からバイオリンを久島に返して欲しいと頼まれるが・・・久島は「邪魔になるだけだ」と受け取らない。
    どうやら久島は若かりし頃、数々のコンサートで賞を受賞した一之瀬の兄弟子に当たるようで一之瀬が目標とするバイオリストだった…。


いやぁ正直、一之瀬さんのいじけっぷりが凄かった(汗)
憧れだった兄弟子が
「何度チケットを送っても…一度もコンサートに来てくれない…認められていない…期待にこたえられれていないのでは…譲り受けたバイオリンに私はふさわしくないから返してくれ…年老いてもう認めてもらうのは最後のチャンスだった…引退する」って
いやはや…す、凄すぎる(汗)
いい年した爺さんが海辺で膝を抱えて、いじけてる様はもう蹴り倒したく…(あぁ…スミマセン



完全純正律とかピタゴラス音律の理解も自分には出来なかったんですが、そういう専門的な話以前にホント世界的バイオリスト一之瀬様の久島への執着が理解不能で(汗)


そもそも、完全純正律を弾きこなす技術のあった久島が言っていた「自分はただの技術屋だ」の方が、なんとなく理解できる気がするんですが…世界的なバイオリストであるはずの一之瀬が何故その辺のところが理解できなかったのだろう?


う〜む…



でも、久島と波留の友情の方
「僕は薄情者かな?」
と問いかける久島に
「そんなことはないさ…」と言って静かに波留お爺ちゃんが語るくだりは…素直に「これは、いい友情だな」とは思いましたよ…はい。


12話の感想はここ


9,10話の感想はここ


| 08春夏・RD 潜脳調査室 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS