<< Persona4 the ANIMATION #06「I'll beat you, and beat you good」 | main | 2012年冬アニメ情報一覧(1月開始の新規アニメ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
未来日記 4-6話
料理上手で容姿端麗、運動能力も高いし、とっさの判断も優れている…大好きな彼の母親とも難なく仲良くなれるし・・・と、益々高スペックぶりを見せつけてくる由乃。

これだけの女の子が一途に愛してくれてるんだし、雪輝もこれはもぅ、付き合うしかないじゃないか!!


でも、雪輝母にもし受け入れられてなければ、おそらく雪輝の母親を問答無用で殺してたんだろうな〜っていう、怖ろしいまでの病的なストーカーなんだけどね・・・( ̄ロ ̄lll)



■新興宗教を率いた「お目方様」春日野椿(6th)
椿は教祖として教団を率いていた…と同時に、事故で教祖だった両親が死んで以降は、信者たちからレイプされ続けていたんだね。。。

しかも、その行為を正当化する言葉として「共に罪を犯しなさい。罪を牢の中に吐き出し、身を清めるのです」などと謳って、牢の中の巫女である椿を陵辱し続けてたこのカルト教団…心底反吐が出るわ。

でもね、この屑な信者連中もそうなんだが・・・そもそも、自分の子に「千里眼」の能力があると偽って、巫女として祭り上げ、カルト教団を作り上げていた椿の両親にもすっごい嫌悪感が湧いて気分が悪かった。

いくら、その世界の中では自分の子を可愛がっていて、両親の生存中には子供が幸せだと感じていたとしても……選択の余地のない子供を利用し、その人生を歪め、結果として自由を奪って…狂わせたこの親が許せない。

そんな親なのに、亡くなって以降、信者たちに陵辱を受け続けるその苦しみを耐える為に、母親の形見である手毬を心の支えにしていた椿、それしか支えがなかった椿…そしてその支えさえ失ってしまった椿が凄く哀れだよ。

だから、今回のゲームにたまたま選ばれた時に、このゲームを何とか勝ち残って神になり「こんな世界なんて滅ぼす」と願った事も理解できる。

哀しくも虚しい痛々しい願い…だけどね。。。


■全身黒タイツの正義のヒーロー平坂黄泉(12th)
正義のヒーローに憧れる男・平坂!

いあ〜この人は、ちょっと他の人とは違うぶっ飛び方だったよね。

いきなり歌いだしたり、自分の首絞めてたり、戦隊物のヒーローそのままになりきっての動きがキレキレだったり(笑

まぁ、この人も歪んではいたんだけど、正義を語る理想主義という方向に歪んで極端になっていったというよりは・・・「正義とは勝利する事」とか言ってたし、出発点からして間違ってた気がするかな^^;

だからちょっと、この人の心の闇が何だったのかとかは…イマイチ分からなかったんだけど、重い背景の人ばかりだとさすがにキツイだろうし、変な魅力?もあったし、あの人はあれでありかも(笑


もしかすると、こんなゲームに選ばれたりしなければ、不審者扱いされたり、子供から石を投げつけられたりしながらも、明るい変態として楽しく生きられたのかも?!とか、思ったり(笑


■「お母さん…か」と呟く我妻由乃
何ともいえない満面の笑顔でグイグイ距離を詰めてくる由乃がヤバイ!

ふとした瞬間に、目を見開き狂気を迸らせる由乃が怖い!

一途に雪輝を愛し、頬を染めながら盲目的に雪輝を独占し守ろうとする由乃が可愛い!ぇ

戦闘能力が高く、平気で雪輝以外の人を何の躊躇いもなく殺す由乃が・・・。


なんていうか、あまりのぶっ飛び具合に笑ってしまう事もあるんだけどね。

でも笑ったり、引いたり、怖いと思う、それ以上に、由乃の病み具合異常具合が…時々痛々しくもなってくる…んだよなぁ。


だから、由乃が本当に両親を殺したのかどうかという事実以上に、由乃をあそこまで歪め、今のような病んだ精神状態に至らせる根本原因になったのであろう両親との関係、どんな過去があったのかがとにかく気になるわ。



6話最後に出てきた、豊穣礼佑(5th)との戦いも凄い事になりそうで、次回も待ち遠しいです。

 
3話の感想はここ



(キャスト)
天野雪輝(1st):富樫美鈴
我妻由乃(2nd):村田知沙
火山高夫(3rd):土門仁
来栖圭悟(4th):田中正彦
豊穣礼佑(5th):真田アサミ
春日野椿(6th):仙台エリ
戦場マルコ(7th):関智一
美神愛(7th):桑谷夏子
上下かまど(8th):今野宏美
雨流みねね(9th):相沢舞
月島狩人(10th):平松広和
ジョン・バックス(11th):土師孝也
平坂黄泉(12th):川原慶久
秋瀬或:石田彰
日野日向:松岡由貴
野々坂まお:ゆかな
高坂王子:白石稔
デウス・エクス・マキナ:若本規夫
ムルムル:本田愛美





| 11秋アニメ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/648
トラックバック
未来日記〜第6話「マナーモード」
 中学2年生の天野雪輝が携帯電話にかきつづけていた日記に未来のことがかかれるようになった。未来日記をもつメンバーとサバイバルを繰り広げる第6話 由乃が窓のかぎをわって雪...
| ピンポイントplus | 2011/11/18 1:14 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS