<< 未来日記 第1話 「サインアップ」 | main | 未来日記 第3話「初期不良」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
ギルティクラウン 第1話『発生:genesis』&第2話 「適者:survival of the fittest」
第1話『発生:genesis』第2話 「適者:survival of the fittest」


今期放送前の時点では、個人的に最も期待してたのがこの作品。



で、実際に見てみた印象は最後にまとめて書いてますが、とりあえずこの作品の世界観から。

■舞台
この世界は、2039年という近未来の日本。

10年前に突如発生したアポカリプスウイルスの蔓延によって日本が大混乱に陥り、結果として収束のために超国家間で組織されたGHQの武力介入を受け、その統治下に置かれてしまっているという設定らしい。(その発端となった日が、ロストクリスマスの惨劇と呼ばれてる感じ?!)

そして、日本を管理下に置いたGHQはかなりの強圧的な統治を行っている模様で、実際の感染者ではなくても独自に「感染者」と断定すれば、人権など完全に無視した形で浄化と称して虐殺を日常茶飯事に行っているみたい。

当然、そんな状態であれば「葬儀社」のようなレジスタンスの誕生やテロが起こるのは必然だし、実際「葬儀社」の目的もそんなGHQに反抗して『GHQから日本を開放するために戦う』というものらしい。

ただ、そもそものそのウイルス蔓延自体も、生物兵器とか陰謀とかの隠された事実がありそうな雰囲気だよね…というか、集の失われた記憶っぽいものからして、そもそもの発端から「ヴォイドゲノム」が関わってるのかな?!そして集自身も何か関係あり?!

それに「葬儀社」の表向きの目的は「開放」だとしても、リーダー・涯の目的には単なる日本の開放以上の何かがありそう。その他遺伝子兵器の実体等、色んな事実が明らかになっていくにつれて、どう進展していくのかが楽しみ。


■巻き込まれる形での変化
主人公の桜満 集は世間やクラスメイトに冷たい視線を向け周囲と距離を置き、自分の現状に不満を抱きながらも「何も出来ないでいる」少年。

この主人公は現状巻き込まれ型で…発言などを聞いてるとうじうじしてる部分も多く、ただただ流されてる感じの少年。でも、これは逆に成長や変化の幅が出来ると思うし、今のところこの主人公に魅力を感じたり感情移入したりできなくても、仕方ないかな。

集を取り巻く環境の変化の発端は、楪いのりが、涯の命令でGHQの施設からシリンダー(中身はヴォイドゲノム)を盗み出し、追われる途中で傷を負った為に、集のPCの置いている倉庫(公式サイトによれば、集の所属する映研の部室らしい)に逃げ込み、そこで集に出会う事で始まる。

彼女が追われ、傷を負い、主人公と出会うシーンまでの流れは映像的にも綺麗だし音楽も印象的で見応えがあったんだけど、ツッコミどころも多かったかな(汗

そもそも、あのレジスタンスメンバーには戦闘能力の高そうな男もいる訳で、何故とりわけ戦闘や潜入に向いてそうな感じのしない女の子を選んで武器も持たせずに(人型遠隔兵器のサポートがあったとはいえ)盗みに行かせたのかちょっと疑問…それに「ふゅーねる」という、いのりが連れているロボを通じて居場所の特定や通信が可能だったのに一晩かけてどうして救出できなかったのかも疑問^^;
(もちろん、集を巻き込む為の涯の画策だったのなら、納得なんだけどね・・・どうなんだろう)


上の点は色々推測も出来るからいいんだけど、あの時の一連の流れの中で一番ツッコミをいれてしまったのは…敵の黒人男がいのりだけを連行して集を見逃した事かな。少なくとも自分がテロリストを追っているGHQ側の人間なら、その場に居合わせたという理由だけで学生だろうがなんだろうが問答無用で一緒に連行して、何か受け取っていないか、何か聞いていないかどんな手を使ってでもとり合えず聞き出すと思うんだけどなぁ。。。ましてや、人権無視してかなり強圧的に統治してるという設定なんだからさ。

個人的には敵がしょぼ過ぎたり、お馬鹿過ぎると萎えるので、いくら序盤とはいえ、敵さんもうちょっとしっかりして欲しいなぁとは思ってしまった・・・。


勿論、アニメなんだから野暮なツッコミはなしで現実にはあり得ない事でも気にせずに楽しめる作品は多々あるんですよ。例えば、今期の未来日記ほどぶっ飛んだ設定なら細かいあり得ない事は全然気にならないし(笑)
だけど、この作品の場合は、世界観や設定自体はリアル志向な部分も多い気がするだけに(一番あり得なさそうな王の能力という異形の力にしても、遺伝子兵器的な事を絡める事で一応「あり得るかもしれない」という設定作りの努力はしてくれてるだけに)、細かい部分も色々気になってしまう感じかも。

2話のラストでは、いのりが転校してきたけど、ウェブで話題の歌姫の上、敵のデータに既に情報が載ってる筈のいのりが簡単に学校に編入できる事にも…引っかかってしまったし(汗


■力
シュウは1話のラストで、手にしていた「ヴォイドゲノム」の影響を受け、右手に力を宿すことになり、いのりの胸から引き出した剣で敵の人型遠隔操作兵器(エンドレイヴ)を破壊し危機を脱する。

この段階では、いのりと集のコンビが特別な感じになったのかと思ったんだけど、今週は、敵のダリル・ヤンからも武器を取り出して敵を一掃したんだよね。

てことは・・・あの力さえあれば色んな人の身体から固有の武器を取り出せるようになったって事か…。それは、色んな人との関わりや関係性が絡んできそうで楽しめるとは思うんだけど…問題はあれが出るともはや無双状態ってのは、気になる…ちょっと強すぎない?!^^;

勿論、今後対抗馬となり得る存在は出てくるんだろうけれど、ロボや他の近未来兵器同士の戦闘もクオリティが高いだけに、もしあの能力以外が無意味になってしまう程毎回「王の力」が圧倒的だとすれば勿体ないし、今後その辺のバランスがどうなっていくのかが楽しめるかどうかの、結構重要な要素になるかも。


ところで涯が、集が使った「ヴォイドゲノム」を「あれは本来俺が使う筈のものだった」と言ってたけど、本当のところどうなんだろう…。

涯はカリスマ性があるからこそ、レジスタンスのリーダー足り得てるんだろうとは思うし、実際、確信的な言動、大胆さ、決断力、統率力といったカリスマ性 を感じさせる片鱗は確かに垣間見える。けれど、 人によって対応をあえて変えてる気もするし、基本誰も信じない、周りの仲間も平然と己の目的のために道具として扱いそうな雰囲気も感じるし・・・この人の語る言葉は鵜呑みにしていいものかどうか。。。



■期待度
さて、なんか感想書いてると、不安点とかが多くなってしまった気がするけど、期待してるんですよかなり(汗)

1.2話を実際に見た印象は、色んなところで言われてる通り、確かに色んな要素が「どこかで見た」感じのモノが大量に詰め込まれてる感は拭えない。それに登場人物の言動や展開上のツッコミどころも多い気はするんですよね…それらが、この作品に今のところ完全にハマるのを邪魔してる・・・ という印象。

ただし、やっぱりこういう世界観自体は好みだし、映像や音楽は文句なしに高クオリティー。雰囲気自体は悪くない訳で、今後の展開次第では凄く面白くなりえる要素はたくさんあると思う。全22話(予定)の2クールだし少し長い目で期待して見続けたいと思ってます。

というか、このクオリティーの高さなんだし、話がもし盛り上がっていかなかったら勿体ないよね(汗



(キャスト)
桜満 集:梶裕貴
恙神 涯:中村悠一
楪 いのり:茅野愛衣
篠宮 綾瀬:花澤香菜
ツグミ:竹達彩奈
四分儀:子安武人
アルゴ:勝杏里
大雲:高口公介
校条 祭:嶋村侑
魂館 颯太:阪口大助
寒川 谷尋:水島大宙
草間 花音:寿美菜子
供奉院 亞里沙:遠藤綾
ダリル・ヤン:内山昂輝

| 11秋アニメ | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ギルティクラウン 第2話 「適者 survival of the fittest」
【アンチボディーズ】 ひっでえ組織だな。 特殊ウイルス災害対策局。通称アンチボディーズ。 独自に感染者を認定でき、その判断に基づいて感染者を処分する権限が与えられている。 どうにも軍律という...
| 世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ | 2011/10/24 6:31 AM |
◎ギルティクラウン第1話「発生:genesis」
イノリがロボットにおいかけまわされる。楪いのり(ゆずりはいのり)声-茅野愛衣/歌-chelly:メンマ電車で、シュウが女子に声かけられる。桜満集(おうましゅう)声-梶裕貴:オハナの...
| ぺろぺろキャンディー | 2012/03/05 2:08 AM |
◎ギルティクラウン第2話「適者:survivalofthefi...
シュウがイヤボーンしてロボット撃破。よくもセーンをといって攻撃してくる。ガンダムのよくもジーンをに似てる。あれがボイドの力ですかと子安の声。四分儀(しぶんぎ)声-子安武...
| ぺろぺろキャンディー | 2012/03/05 2:20 PM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS