<< あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」 | main | STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第7話「断層のダイバージェンス」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第6話「蝶翼のダイバージェンス」
第6話「蝶翼のダイバージェンス」


オカリンが活き活きしてるなぁ(厨二病的な意味で/笑)

でも、やっぱりちょっと今回の言動は迂闊過ぎるよねって感じの回かなw


SERNの危険な陰謀について知り、オカリンも漠然とした不安や危険を感じて、まゆりを巻き込むことへの迷いも感じたりしているのに、一方で窓を開け放ったままだったり、情報を簡単に漏えいしたり、漏えいしたからと言って安易にラボメンを増やしてしまうオカリンはどう考えても迂闊な気がするよね(汗

まぁ、陰謀論が好きだといっても、いざ実際に自分の身に危険が及ぶ可能性が出てくると、どこか現実のものとして受け止めれずに戸惑い、漠然とした危機感になってしまうというのはある意味普通なのかもしれないけどね^^;


■ラボメンナンバー005桐生萌郁は対人恐怖症?!
さてさて、そんな中鈴羽が相変わらず意味深で「紅莉栖の未来についての情報を知っていそう」ってのは、強調され過ぎなぐらいに描写されてるのでそれはもぅ今回は置いておくとして、登場人物の中で現在のところ露骨に怪しい二人目の人物がいよいよ本格的に物語に参入ですね。

冒頭の描写を見ていると、FBなる人物と頻繁にメールのやり取りをしている感じ。そして、取材されそうになって動揺し慌てて逃げた際に、FBからの着信を確認して若干表情を緩ませるあたりに、FBに対する桐生萌郁の感情が垣間見えてそう。

だけど、ラストでオカリンがもしかするとFBなのか?と勘違いしたことからすると、あれだけメールのやり取りをしていながら面識はなさそうで、FBの正体と萌郁との関係性が気になるね(汗

それにしても、IBN5100に固執する理由も不明。まともな対話も出来ないのにメールだと馴れ馴れしく、大量のメールを送りつけるような粘着気質も垣間見せる病んだ感じの萌郁・・・Dメールの存在を知られてしまったと言って、安易にラボメンナンバー005に認定して本当に大丈夫なのか…怪しそうなだけなのか、本当に怪しいのか不安ですねΣ( ̄ロ ̄lll)


■Dメール
ラボメンによるミーティングをするだけなのに、相変わらず一々ポーズを決めたり「円卓はラボメンの心の中にある」と宣言したり、過去へ送れるメールの検証以上に、名前に拘ったりと面倒くさすぎるオカリンw

ま、オカリンのノスタルジアドラ〜イブ♪(時を越えた郷愁への旅路)、ダルの時をかけるメール、紅莉栖の遡行メール、まゆりのデロリアンメール等各々の感性が現れてて楽しいけどね(笑


検証の方は、特定の時間帯[12:00頃-18:00頃?]にのみ放電現象が起き過去へメールを送信出来る事(なぜこの時間帯なのかは今のところ不明)や、タイマーの1秒が1時間に対応して過去にメールを送信できる事、送れるデータ量は全角6文字か半角12文字が最大3通に分けて送られ、それ以降の文字データは消失してしまう事などが判明。

要するに「電話レンジ(仮)」でもSERNと同じように何らかの原因で生成された極小のカー・ブラックホールに電子が注入され、微量のデータが通過できるリング特異点ができてるので、過去へのメールという現象が可能になってるみたいなんだけど、まだまだ具体的な検証や実験、改良等は必要ってところかな。


■イベント・ホライゾン(事象の地平線)
オカリンが実験の夜に見た夢は、意味深だけど難解だよね(汗

『イベント・ホライゾン(事象の地平線)とはブラックホールの中心にある特異点を取り囲む、輪のような境界面のことで、境界面の内部では超重力が働き、光と等速以下の物質は外に向かって運動できない。境界面の内部で起きる事象は外部から観測できないため、こう呼ばれる』と、解説されてたけど…うん、漠然とは理解できても難しい(苦笑

ただ・・・あの謎の言葉『移動なんてしていない、ここでは空間と時間が入れ替わっている・・・時間だけが延々と引き延ばされている。あんたの1秒は私には永遠・・・。振り返ってはいけない。永遠は無限ではない。永遠に向かって時間が引き延ばされようとも…終わりは存在する。前を向いて…辿り着いて』という言葉は、今後を暗示しているような妙な不安感を呼び起こすような、落ち着かなくさせる言葉だよ(汗


そして…現在2010年8月3日…そろそろ、日付も気になるかな。


7話の感想はここ


4&5話の感想はここ




(キャスト)
岡部倫太郎:宮野真守
牧瀬紅莉栖:今井麻美
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
阿万音鈴羽:田村ゆかり
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
漆原るか:小林ゆう
桐生萌郁:後藤沙緒里






| 11春夏・STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第6話「蝶翼のダイバージェンス」
円卓会議開始! 厨二会議はじまるよー(」・∀・)」<トゥットゥルー♪ ラボメンの心の中に円卓はある・・・!(キリッ 私の中にもあるといいなw 議題は、放電現象が起きたときに過去にメールを送れる現象に名前をつけようず! 「ノスタルジアドライヴッ!
| 空色きゃんでぃ | 2011/05/18 1:52 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS