<< STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第4&5話「空理彷徨のランデヴー」 「電荷衝突のランデヴー」 | main | STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 第6話「蝶翼のダイバージェンス」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」
第5話「トンネル」


複雑な想いが絡み合って、相変わらず、甘酸っぱく切ない。。。


■ゆきあつの膿
じんたんや、あなると同じように「自分がめんまを死なせた…自分のせいで」という思いにずっと囚われて苦しんできたゆきあつ。

一向に前に進めず『化けてでも、呪ってでも…俺の前に出てきて欲しい…そうであるべきだっ』て思い続けてたゆきあつの想いは切ないなぁ。それで、女装を…って流れはやっぱり凄い膿ではあるのだけど(汗

だけど、幼馴染たちの前で女装姿を見られて、今までの自分の発言の痛さ(ブーメラン的な意味で)がバレて、大泣きしたのも見られて・・・どうやって立ち直るのかと先週は心配したのだけど…ある意味上手く開き直ったよねゆきあつは!

それは『チャンスなのよ これ逃しちゃったらきっと・・・もぅ』と言って膿を出し切らせようとしたつるこ。そして、きっとゆきあつなら立ち直ってくれるという事に賭けて、バレるように仕向けて、気持ちを否が応でも吐露するように仕向けたつるこの「読み」が凄かったってことでもあると思うけどね。ただ、それが出来たのはきっと、ずっとユキアツを見続けてきたつるこだからこそで、そんなつるこがこんな決断をした際の胸の内や、ゆきあつに「満足か」と言われた時の胸の内を想うとこれまた切ないけど。。。

あと、ユキアツ的に今後前に進んで行く上では、すべてを曝け出したという側面以外にも、じんたんを通して聴いためんまの言葉「パッチンありがとう。ごめんね」って言葉もかなり大きかっただろうね。勿論今回だけで、ゆきあつの色んな想いが全て晴れた訳ではないだろうけど、あれで、じんたんには本当に見えてる事が確信できただろうし、少なくとも今後「めんまの願い」に関しては、協力してくれる方向に向かいそう。

それにしてもあの時受け取ってもらえず、自分で投げ捨てたヘアピンまで買い直してるゆきあつはやっぱり怖い(笑


■ゆきあつはつるこに甘え過ぎだと思うんだ。
ゆきあつの苦しみは確かに切ないけど、明らかにつるこには甘え過ぎだと思う。。。

つるこは、簡単に感情を表に見せないけれど、先回も書いたように、ゆきあつ絡みの事では本当に辛そうな表情を垣間見せるよね。

でも、そんな自分の本心を本で隠し、無表情で隠し、虚勢を張って弱さを見せずに『じゃ、どうして欲しい訳。女装男!とか罵って欲しい?自尊心のバランスとるために都合よく使わないでもらえる?』といった、一見すると冷たく見える言葉を言い放ちながら、それでもずっとユキアツの事を心配しながら見守ってる、そんなつるこを見てると・・・切なくなる。

一応今回ゆきあつは「お前のおかげで色々踏みとどまれたよ。ありがとな」とは言っていたけど、ずっと女物の服や小物を買うのを黙って付き合ってくれていた際に感じていたであろうつるこの気持ち、今回のゆきあつの女装がバレるように仕向けた際に、一体どんな想いでそうしたのか…というつるこの気持ちに、もう少し目を向けてあげて欲しいなぁ。。。

(あ、容易に弱さを見せれず虚勢を張ってしまうつるこも、周りが良く見えていて一見冷たく見えても的確な指摘をするつるこも好きなんだけど、拾っておいたゆきあつがめんまにあげたかった髪パッチンを自分に付けて見たり、授業中に女装姿のゆきあつを描いたりしてる時の姿もどこか茶目っ気があってイイw)

でも、ゆあきあつからしたらあなるに「女装男!」と言われたときに『やっぱりそう言ってもらえた方が楽だな』と言ったのが本音なんだろうなぁ。勿論あなるに「おれと付き合ってみるか?」と言ったのは本気ではないだろうけど、ゆきあつからすると…つるこの健気さや可愛さはあまり見えておらず、弱みを見せない強い姿がある種「しんどい」のかもしれない。。。うまくいかないね。

なんか、ゆきあつを一部責めるようにもみえる書き方をしたけど、今回街で見かけたあなるを気遣い、助け出したゆきあつはお手柄だったんだけどね!


■トンネルの出口はまだ見えない
めんまの事を忘れられず、取り残されてるゆきあつも、そんなゆきあつの傍にいるつるこもだけど…。

めんまの事を忘れられず色んな事から逃げてるじんたんも、自分が何故ここにいるか分からないめんまも、じんたんを忘れられないまま今の友達に影響されて、一向に楽しくないのに態度をハッキリさせられないあなるもトンネルの出口はまだまだ見えない。

あなるの危機は今回は一時的に回避されたけど、いよいよあれで本格的に学校ではハブられそうだしね。

ああいう状況になるまで、今まで流されてしまってたあなるにも問題はあるんだけど、見るのが辛い展開になりそうで相変わらず心配だわ。。

それにしても、3話の感想でぽっぽがちょっと鬱陶しいと書いたんだけど、今回ぽっぽが苦手な理由が分かったかも。

ぽっぽはいい奴だとは思うんだよ、だけど自分が良いと思う事を、自分のペースで凄い勢いで進めようとし過ぎるんだよな、しかも自分のノリで。勿論それが人の背中を押す事があったり、ぽっぽのノリが救いになったりするときもあるから長所でもあり欠点でもあるところだとは思うけどね。

ただ、人にはそれぞれ事情があって、人にはそれぞれペースがあるのに、その辺の空気の読み方がちょっと足らないかなぁ・・・今回は特に、めんま自身も「楽しいからってだけで深く考えないだけじゃダメなのかな・・・めんは何故ここにいるんだろう」って事を改めて考えようとしてた時だけに、あのノリはちょっときつかったよなぁ。。。


 
第4話の感想はここ



(キャスト)
じんたん(宿海仁太):入野自由
めんま(本間芽衣子):茅野愛衣
あなる(安城鳴子):戸松遥
ゆきあつ(松雪集):櫻井孝宏
つるこ(鶴見知利子):早見沙織
ぽっぽ(久川鉄道):近藤孝行

OP
「青い栞」: Galileo Galilei

ED
「secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)」:本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織)






 
| その他のアニメ感想 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/620
トラックバック
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」
『「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。その事実に戸惑いを隠せない「じんたん」たち。「じんたん」は倒れたまま動かない「ゆきあつ」に声を掛けるが…。』 女装して...
| Spare Time | 2011/05/15 4:38 AM |
(アニメ感想) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話 「トンネル」
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/06/29)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンか...
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2011/05/16 6:17 PM |
◎あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない...
ユキアツの女装がバレる。ユキアツが襲い掛かる。ポッポが止めようとするが、ツルコがこのままやらせろいう。俺メンマに見えるか、俺のせいでメンマが死んだんだいう。メンマは俺の...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/09/20 2:06 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS