<< 荒川アンダー ザ ブリッジ*2 第3話「3 BRIDGE×2」 | main | 薄桜鬼 碧血録 第16話「誠心は永遠に」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」
第15話「遠き面影」


今週も死や離脱といった、別れの多い哀しい展開に。


ただ、さすがに1期を見ていないと、千鶴の兄関連の話とか、鬼側の事情とかは分かり辛かった(汗

千鶴の兄の千鶴への感情とか背景って1期で詳しく描かれてたのだろうか…見ておきたかったなぁ。

あと、鬼たちって…新撰組と敵対してるってわけじゃないの?!凄く基本的な事なんだろうけど、色々分かってなくて…それなのに感想を書いて、ゴメンって感じだよ(汗)

とりあえず不知火や風間の日本の行く末を心配したり、綱道の行動を否定する発言を聞いてる限りでは、鬼としての強烈な自尊心は持っているけれど、決して人間を滅ぼしたいと思ってる訳ではないのねって感じかな。見続けてれば、2期だけ視聴の自分でも、風間たちの目指すものも理解していけるだろうか…。


そして…後半では遂に、江戸の試衛館以来の間柄である永倉新八と原田左之助が離脱

これまでも、試衛館時代からの仲間と死という形で別れる事はあったのだけど…それは、共に闘い同じ方向を見ていく中での別れが多かった訳で…今回の別れは意味合いが大きく異なるよね…より寂しいというか、一層終局を感じさせるというか。。。

しかも、それが徐々に見せ始めた近藤の増長とか、周りが見えていない感にも原因の一端があるところが、より哀しいし、寂しいよ。

そもそも、近藤がいたからこそ、これだけ個性的な面々がお互いに繋がっていられた(※勿論、それだけが理由じゃないけど)、そんな人としての魅力が当初の近藤には確かにあった筈なのに、その近藤が時と共に、何か大事なモノを忘れ、求心力を失っていく…その事自体にも、人としての愚かさとか、弱さとかを感じて…寂しいわ。


ただ、個人的にそんな人としての弱さや限界を見せていった近藤に色々思うところはあるものの…実は、永倉にも個人的に思うところがあるんだよねぇ…。

というか、個人的な好き嫌いの話なんだけど永倉新八って人に、ずっといいイメージを持ってなかったんです。<勿論アニメはフィクションで、この作品でここまで描かれてきた永倉像というのはまた違うのかもしれないのだけど(汗)>

でもこの人の場合、明治になって口述したものをまとめた『新選組顛末記』が残ってる訳だけど…それには、自分の印象としては結構近藤や、土方への悪口(言い方に語弊があるかもだけど)めいたものも書かれていて…感覚的に「うーん、これってどうよ」って気分が抜けなかったのです(汗)

だけど、今回の話を見ながら…心情的にはこの後の土方さんの生き様の方が好きなのは変わらないものの、永倉の選んだ道もそれはそれで、一つの頑なな生き様か…とは、思えたかも。

彼らは文字通り命を賭して戦ってる訳で、納得して戦い死んでいくならそこに意味はあると思うのだけど、納得のいかないまま、ただ流れに流されて自分で泳がずに死んでいくとしたら、それは…違うものね…。

だから、いたしかたないというか…避けられない別れだったんだろうな。。。



一方で、事ここに至っても、近藤を慕い続け、近藤の身を案じ続ける病床の沖田が哀しい…。本当なら、ずっと傍で戦い続けて居たかったであろう沖田…それが出来ない自分への怒りや、失望、哀しみを思うとね…。

同時に、傍にずっと居続けてこの頃の近藤自身の様子や、離れていく周りの者たちの様子を肌で感じなくて…きっとそれでも、沖田は変わらなかっただろうからこそ、余計に別の意味で苦しまなくて、それは、ある意味良かったんじゃないだろうか…という気持ちも働いて複雑…。


さて…いよいよ来週は、近藤さんの…あの話なのかな。。。


14話の感想はここ






(キャスト)
雪村千鶴:桑島法子
土方歳三:三木眞一郎
沖田総司:森久保祥太郎
斎藤一:鳥海浩輔
藤堂平助:吉野裕行
原田左之助:遊佐浩二
近藤勇:大川透
山南敬助:飛田展男
永倉新八:坪井智浩
井上源三郎:小林範雄
山崎烝:鈴木貴征
島田魁:大羽武士
松本良順:佐藤広太
千:石川綾乃
君菊:勝田晶子
風間千景:津田健次郎
天霧九寿:山口りゅう
不知火匡:吉田裕秋
南雲薫:伊藤葉純
雪村綱道:齋藤龍吾
榎本武揚:伊藤栄次
大鳥圭介:内匠靖明

(OP)
「舞風」:吉岡亜衣加
(ED)
「茜空に願ふ」:mao

| 10秋・薄桜鬼 碧血録(2期) | comments(0) | trackbacks(11) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」
別離。
| ミナモノカガミ | 2010/10/22 6:14 PM |
薄桜鬼 碧血録 第十五話 「遠き面影」
 いろいろと驚きの展開ですね。
| つれづれ | 2010/10/22 9:34 PM |
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」
交戦する左之さん達の前に現れた新型の羅刹―― 開発した綱道さんの目的は日の下で行動できる羅刹を使い雪村家再興を目指すこと そして近藤...
| Spare Time | 2010/10/22 10:23 PM |
薄桜鬼 碧血録 3話(15話)
第十五話 「遠き面影」 一時休戦 綱道が連れて来た羅刹隊と戦うため、不知火とは一時休戦。 敵として戦って来た原田さんと不知火ですが、...
| ワタクシノウラガワR | 2010/10/23 1:50 AM |
薄桜鬼碧血録 第15話「遠き面影」
薄桜鬼碧血録の第15話を見ました。第15話 遠き面影隊士達を撤退させようとする原田の前に綱道率いる羅刹隊が現れ危機に陥ってしまう。「何なんだ、こいつら!?不知火、どういうこった...
| MAGI☆の日記 | 2010/10/23 5:11 PM |
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」
日光の中でも動ける羅刹を作り上げた綱道。 綱道と組み、新たな羅刹隊で野望を目指す薫…。 兄だった薫と、父と思った人の裏切りに千鶴の心...
| SERA@らくblog | 2010/10/24 12:39 AM |
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」
「新たな鬼の時代の到来だ…」 羅刹を引きつれ現れた綱道さん! 目的は、雪村家再興! 悪役だったんですね〜(゚Д゚;) すごく悪い顔です...
| 空色きゃんでぃ | 2010/10/24 1:07 PM |
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」
茜空に願ふ アニメ「薄桜鬼」第二期EDテーマ(2010/10/06)mao商品詳細を見る  薫の退場が予想していたよりもあっけなかったです。1期の終盤で千鶴...
| 破滅の闇日記 | 2010/10/24 8:22 PM |
薄桜鬼 碧血録 第15話
「新たな鬼の時代の到来だ」綱道さんマジ、ラスボス。 近藤さんと千鶴の前に立ちふさ
| ACAデラックス | 2010/10/26 5:10 PM |
薄桜鬼 ー碧血録ー 第15話 遠き面影
(薄桜鬼シリーズ 16話目)
| しるばにあの日誌 | 2010/10/28 7:25 AM |
◎薄桜鬼碧血録第十五話「遠き面影」
サノスケと、シラヌイは、昼間でも動ける羅刹に襲われる。コウドウさんの仕業だった。シラヌイがコウドウという。この羅刹隊がいればユキムラ家再興も夢ではないという。そして、近...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/02/18 3:08 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS