<< シャングリ・ラ 第23話『崩壊序曲』 | main | 【ドラマ感想】救命病棟24時#5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
鋼の錬金術師FA 第22話「遠くの背中」
第22話「遠くの背中」


随分感想が遅くなってしまったけれど、統べるものの理想と現実、復讐が招く結果が分かりつつも止めれぬ憎悪、理不尽な両親の死の真相を知った者の深い哀しみと怒り、復讐を押しとどめる者の想い等…今週も内容が濃かった!


■切り捨てる事を拒否する者の戦い
『荷物になっているモノを捨てればキミ一人でも逃げ切れるだろうに』
と言われて怒りを顕わにするリン!
マスタング大佐の時もそうだけど…確かに、一人の部下も見捨てれず仮にそれが元で志半ばで散ってしまうとすれば上に立つ者としては、ある意味愚かで青臭い行為かもしれない…でも、やっぱ傍に居る者を大事にする姿や、理想を捨てない姿は惹かれるし、部下としてどんな事があろうともついていきたいと願うのはこういう人だよなぁ…。

ただマスタングが言うように『青臭い。真の王などこの世の何処にもおらん』という言葉は現実問題としては、凄くうなずいてしまうのが悲しいところ(苦笑)

それと、残念ながらリンの想いを本当に意味のあるものにするには…やっぱり実力が伴わないとダメで、ここで簡単に散れば、それまでその者に想いや願いや夢を託して散っていってしまった者たちの死さえも犬死にさせてしまう事にもなりかねないし……リンのランファンを背負ったままの戦いの結末が気になる。

今のところ戦いそのものは、ブラッドレイが幾ら“あの眼”を出さぬままの戦いだったとはいえ…ランファンを片腕で抱えたままという重いハンデを背負いながら、あのブラッドレイを相手に善戦だから実力自体は十分ありそうだけど…遂に目をさらしたブラッドレイ相手に、重い枷を負ったまま、どこまで戦い続けられるのか……。

それと、リンの部下への想いを目を開けて聞いてたランファンの方も、あのまま自分がリンの足枷となってる状態を甘んじたままでいるとは思えない気がするし……ランファンがリンの為に無茶な事をしなければいいなぁ…というのも心配…。


■憎しみの連鎖
憎しみの連鎖の話の前に…ニ―ナ殺害の話があったけれど…うん、あれは哀し過ぎた場面だったけど…殺す以外救いはなかったとは改めて思うなぁ。

さて…意識が戻った瞬間は怒りと錯乱状態にあったとはいえ、自分を治療してくれたウィンリィの両親まで殺した行為の方は確かに許し難い…。

だけど、復讐が招く憎しみの連鎖の虚しさや、それによる悲劇の増加は嫌というほど分かっていても…それでも復讐せずにはいられないだけの憎悪がある…何も報われないのは分かっていて、それでもせずにはいられない深い哀しみと憎しみのスカーの事情は……重いなぁ。

復讐の虚しさをどれだけ唱えても…もっと根本的な、誰かが誰かを傷つける行為がなくならない限り、やっぱり抑えきれない憎悪は生まれ続けるよね。

人間の歴史上、復讐行為が消えた事なんてないんだし…人間に感情がある以上、どれだけ文明が進んでもそれは完全にはなくならない…気がする。

でも、それでも…復讐をする間、突き動かされるものはあっても…本人は幸福や、本当の意味で満たされ何かがある訳でもないし…やっぱり痛々しい…。

それに…中には、どんな行為を受けても復讐を思いとどまれる人、憎しみを抑え込める人もいる訳で…何が違うんだろうね…どちらかというと、個人的には憎しみを抑えきれる人の心の内の方が計り知れないものがあったりするんだけど…その強さはどこから生まれるのだろう。

ウィンリィはでも…後者になれそう…。

■人を活かす手
敵味方わけ隔てなく治療し続けてた行為の果てに、治療した者に殺されたというどうにも理不尽で許し難い事実を知ってしまったウィンリィ……その哀しみと怒りの大きさ、憎悪の震えが…痛いほど伝わってくる場面で辛かった。

しかも、幼いころの別れの場面や、その後の寂しさ…ヒューズさんへの想いなども差し込まれていた分余計に…。

おまけに、両親を殺した事への憎しみに加えて、大切な存在であるエドやアルを今も殺そうとしてる相手だし…よく、本当に引き金を引かずに思いとどまったよ…。

だけど…うん、撃ってれば命はなかったかもしれないし、それ以上に別の心の傷を負っただろうし…撃たずにいてくれて本当に良かった。

『お前の手は人を殺す手じゃない、人を活かす手だから』と言って、一本ずつ硬直してるウィンリィの手を銃から精一杯の想いをこめて外し、しがみつくウィンリィを受け止めてあげたエドの姿、エドの心の中で感じていたであろう想いも胸を打つモノがあった…。

さて来週はリンの戦いの続きも気になりますね。


21話の感想はここ






鋼の錬金術師キャラクターガイド【セブンアンドワイ】

 
icon icon icon
| 09春-10春・鋼の錬金術師FA | comments(0) | trackbacks(8) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/455
トラックバック
22話 遠くの背中
ラストシーン、これだけでもう今まで半年分の鋼FAを堪能した気分です(意味不明)。すべてを凌駕する破壊力(笑)←私にとってだけ?そして堪能したのはそこだけでないこともポイントです。まあ、そこに至るまでに若干苦言もない訳じゃないですが、そんなものはもうどうで
| Shon'jir | 2009/09/08 6:05 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話「遠くの背中」
鬼強いブラッドレイ、さらにグラトニーまで相手ではリンたちは大苦戦。 エドたちはスカーと戦う。 その現場に駆けつけたウィンリィは、両親...
| SERA@らくblog 3.0 | 2009/09/08 10:39 PM |
(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第22話 「遠くの背中」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る ブラッドレイに斬られたランファン。すぐさまリンが助けに入るが、彼もまたブラッドレイやグラトニーに追い詰められてしまう。一方グレイシアと共にヒューズの墓参りに行ったウィンリィは、そ
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/09/09 4:20 AM |
鋼の錬金術師〜第22話「遠のく背中」
 ホムンクルスをおびき寄せようとしていたものの ブラッドレイ大総統に見つかり大ピンチのリン。王は民のためにあるもの。民なくして王はありえない。キングブラッドレイ。あなたはまことの王にはなれない。 この落ち着きはクールですね。 一方、あいかわらずスカー
| ピンポイントplus | 2009/09/10 12:02 AM |
鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第22話「遠くの背中」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 【DVD】(2009/09/30)朴叙ミ美釘宮理恵商品詳細を見る ブラッドレイ大総統の攻撃をまともに受けたかのように見えたラ...
| 破滅の闇日記 | 2009/09/10 10:41 PM |
鋼の錬金術師「両親の最期を知った娘」
はウィンリィが両親を殺したスカーと対面の展開だが 今回は&対スカー中にウィンリィ遭遇メインで スカーの過去に両親を殺されたウィンリィ打てなくて リン&ランファンとグラト&総統はリンが不利な状況なり &対スカーとリンVS総統の2バトル良かったし 次は&
| 別館ヒガシ日記 | 2009/09/12 2:56 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話「遠くの背中」
「この右腕が分解、左腕が再構築――」  なるほどなあ…。スカーの過去が判明した事
| 気ままに日日の糧 | 2009/09/13 2:58 AM |
今回は、まさかの子安さんの無駄使いにワロタ(≧▽≦)あと、色々と際どいモノも勢ぞろいしちゃってます! 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話『遠くの背中』
 エドとアルの計画どおり、見事におびき寄せられたスカー。  ホムンクルスらが来るまでの時間稼ぎで戦って行くも、それまでもつかどうかは...
| シュージローのマイルーム2号店 | 2009/10/10 2:52 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS