<< シャングリ・ラ 第14話「変貌都市」 | main | 【ドラマ感想】赤鼻のセンセイ/コールセンターの恋人(1話)救命病棟24時の情報 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
青い花 第1話「花物語」第2話「春の嵐」

第1話「花物語」


このアニメの情報を知った当初は見る予定になかったんですが、思ったよりも興味を示してるブログの方が多かった事と…内面の葛藤も結構繊細に描かれそうかなぁと思い見てみる事に…。

とりあえず1話の感想です。

まず印象的なのは独特の淡い色調ですが、これが大人しくて内向的で泣き虫、嫌とはハッキリ言えず人には話せない悩みを抱えた主人公の少女に合っているかも…それに、見るまでは声をあてる方が声優としての本職ではないのも少し不安に思っていたんですが、この主人公の性格なら割と違和感なくおさまりそう。

■傷
事前の情報で同性に惹かれる主人公という事は知っていましたが…どうやら、ふみは従姉妹の千津に恋してた様子…。


うんぅ、二人の会話や見つめ合う視線から察するに、お互いにもっと踏み込んだ関係かな。
この場合どこからが一線を越えた事に…なるのか、分からないけどそれは“越えてそうな”印象(汗)


でも千津さんの方はどうだったんだろうなぁ…申し訳なさそうな表情や『ごめんね』の一言、気遣う様子なんかも見えると同時に、ケーキに素直に喜んで見せたり、直前にはまだ手を握ったりと…その心の内が読みきれなかった…。

この人は結婚するようだし住んでる場所も離れるなら、もぅほとんど出てこないのかもしれないので、まぁストーリー的には考えなくてもいいのかもしれないけど…気になったよ(汗)


  • この人の場合は、性に興味が出てきた頃に、いたずら半分で仲のイイ可愛い妹のような従姉妹とフザケテるうちにエスカレートした程度だったんだろうか…勿論ふみを好きではあったにせよそれは愛ではなく、ゆえに深刻に自分の中の女性に惹かれる傾向について悩むとかではなく、単に好奇心を満たしたり刺激を楽しんで、同時に異性とも普通に恋して結婚に至ったのか…(´o`)??

    それとも、もっと深い葛藤があった上での結果
    なのか…。

うーん、自分…千津さんに喰いつき過ぎだな\(;゚∇゚)/


えと、ふみに話を戻すけど結果として…ふみには結構な傷が残ったよね…単なる憧れや仲の良さ以上の関係(あとから、あらすじ見たら“恋人”)だった様子だし、最後のシーンにあったように『従姉妹で…女で…当たり前だよね』という言葉から察するに、それまでも悩みや葛藤はあった筈で…なのに突然?!結婚ではね……。

■泣き虫
でもその一方で、新たな出会いというか…再会が!
幼いころ過ごした鎌倉に戻ったふみが再会したのは、子供時代いつもべったり一緒だった幼馴染の“あーちゃん”…こちらはふみとは対照的な性格で行動的で明るい感じの子^^

幼いころはいつも、あきらがふみを助け守ってた感じだけど、高校生になっても相変わらず基本的な性格は変わらない二人…。

「ふみちゃんはすぐ泣くんだから………」
幼い時と同じようにかけられた言葉が、二人の中でどんな影響を及ぼすのか…。

この二人の“関係”がメインなんだろうけど…今後どんなふうに描ききるんだろう…。

あと、シスコンっぽいあきらの兄とか、ふみの過保護な父親とかも問題に絡んでくるのかな…。

それに当然、お互い別の学校で共に女子高?みたいだし…それぞれの学校の友達との関係も、色々複雑な感じで絡んでくるのかも…。


とにかく“ふみ”と“あきら”を中心とした登場人物たちの複雑な心の内や葛藤…そんな中での友情や、同性に惹かれる気持…周りとの色んな難しい関係や心情を繊細に丁寧に描いてくれるなら見続けてみたいかな…。


〈キャスト〉
万城目ふみ:高部あい
奥平あきら:儀武ゆう子
杉本恭己:石松千恵美
井汲京子:堀江由衣
安田美沙子:井口裕香
本厚木洋子:矢作紗友里
茂木美和:豊崎愛生
花城千津:大浦冬華
奥平忍:川田紳司
澤乃井康:浅沼晋太郎
各務正則:浜田賢二
〈OP・ED〉
OP「青い花」:空気公団
ED「センティフォリア」:Ceui  


第2話「春の嵐」

登場人物たちの複雑な心の内や葛藤が繊細に丁寧に描かれるなら見続けてみたいと先週は書いたし、その通り丁寧に描かれそうだけど……。

同時に、やはり百合の花も咲き乱れそう…別に女の子を好きな女の子の感覚に、偏見は無いけれど、当然の事ながら共感出来る訳でもないから感想は書き辛い作品ですね^^;

■ホントに“あきら”と“ふみ”は対照的…。
冒頭のシーンもあきらは『行きも帰りも出会うなんて凄い偶然だね!』と、単純に喜んでるけど…ふみは、もしかしなくても待ってたよね?!(笑)


色々悩んでボーっとしてる事が多いから佇んでる間に、あきらが来ちゃっただけって可能性もゼロではないけど…どちらにしろ『うんぅ待ってた』とか『ほんと偶然!』などと、口にするわけでもなくただ微笑むだけで意思表示をハッキリしないところが又ふみって子らしい(汗)

互いの学校の話をしても、お嬢様学校に入学したばかりのあきらは浮かれて興奮気味に楽しく様子を話すのに対して…ふみは『普通の…学校かな…』って感じだし^^;

部活も、あきらは楽しそうな事!やりたい事!を見つけて活き活きしてるのに対して、ふみはトコトン流されてるし^^;

挙げていけば他にもキリがないくらい、今回だけでも性格の違いが随所に表れてたけど…この違いは、今後互いにイイ影響を及ぼし合ったり、補いあったり出来る方向に進むんだろうか…。


今のところはひたすら、ふみは泣くだけで…あきらの方が、ふみを庇ってあげたり、慰めてあげたり、励ましてあげたりと…一方的に助けてあげてる感じで…まるで子供の時のまんま!


恋に進むとしても、友人としても…このまんまでは、個人的にあまりイイ関係性には思えないんだけど^^;


話はちょっと逸れるけど…あきらが、従姉妹の結婚に取り乱したふみに違和感を感じたのは…多分、誰でも気付く気がするし、実際に同性に興味を惹かれる人の出す空気感って独特のものを感じたりはするから…井汲京子が想う相手が女性のような気がするってすぐにピンときたのも、それほど不思議なことではないけど…あきらって、そんなに敏感そうなキャラには見えなかったのでちょっと意外に感じた^^;



■報われない想い
千津さん、アンタはやっぱり分からねぇ( ̄ロ ̄;)
先週も書いたけど、ふみとの関係は単に性に対する好奇心を満たす気持ちが発端だっただけで、その後も単に性的な刺激を楽しんでただけって事ですかね……。

なんだろ、普通に遊びと結婚を分けれる奴ってのはいるけどさ…それにしても、やっぱ一線を越える関係に自分の方から引き摺り込んでおきながら、心に傷を負ってるのは明らかな筈のふみの家に…幾ら親戚とはいえ、何度も何度も明るく足を普通に運べる神経が理解できない…(´o`lll)


そりゃぁ…ふみとしては、結婚式には仮病を使ってでも出席したくないよね…無理に出席しても苦い気持ちを抱えながら二人を見つめ、座ってる事になるだけだろうし…。


まぁ、かといってこれ…出席しないでも、出席しなかったことへの苦さが残りそうなんだけどね(苦笑)
だから、あきらがタイミングよく誘ってくれて遊びに出かけれたのはかなり、助かっただろうと、思う^^;


まぁ…ただし、ふみってよく泣くし、間違いなく傷ついてはいるんだろうけど……でも、杉本恭己っていう3年生に既に惹かれるものを感じたりもしてる様な気がするんだけど?!(苦笑)
これを見てると、あんまり深刻にふみに同情する必要はないのかな…^^;

一方、その杉本って先輩の事をあきらの友達の井汲京子が、報われない感じの恋をしてるのでしょうか?!
でも、杉本恭己自体も独特の空気を出してるし……(汗)

なんだか、複雑な事になるような?!ううーーーん^^;

又…来週です。


3話の感想はここ


| 09夏・青い花 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/369
トラックバック
青い花 第2話 「春の嵐」
 ひょっとして出てくる子、出てくる子、みんな女の子が好きな女の子なのでしょうか?
| つれづれ | 2009/07/09 7:58 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS