<< PandoraHearts-パンドラハーツ- 第12話『鏡の国』 | main | 鋼の錬金術師FA 第12話『一は全、全は一』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
来期の気になるドラマ(2009・夏)

まず最初に一言…不定期に感想をあげてたアイシテルは、最後まで見ましたがやっぱり綺麗にまとめすぎたかな…被害者の母親が特に…結局8話以降は、書く言葉が見つかりませんでした、すみません。

で、多分来期も書けたとしても不定期になるんだろうなぁ…と、思いつつ性懲りもなく個人的に現時点で気になるかなぁーと思う作品のリスト!
(※上記の理由なので当然全てを挙げてません)

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 フジ(月)PM9:00−

プロバスケットチームに所属する、気弱で真っ直ぐな男と、気が強く前向きだけど素直になれない女の恋と友情を描く青春ラブストーリー。主人公はバスケも恋も本番に弱い男だとか…。

気になるというより1話はチェックしてみようかな…。

(キャスト)
上矢直輝:山下智久
白河莉子:北川景子
七海菜月:相武紗季(主人公の彼女で、大人の女で個性の強いキャラクター)
海老名麻衣:貫地谷しほり(ヒロインの親友で恋をかき回す役)
秦野秀治:溝端淳平(主人公の同僚役)
川崎智哉:伊藤英明(主人公の良き理解者、恋のライバル)
代々木廉:金子ノブアキ
宇都宮透:永井大
上矢真希子:真矢みき
守口修斗:青木崇高
春日部良夫:金田 哲(はんにゃ)
松山亮介:川島章良(はんにゃ)

脚本:大森美香
主題歌は、B’z「イチブトゼンブ」


救命病棟24時
救命病棟24時 フジ(火)PM9:00-

4年ぶりの第4シリーズ!医師と患者たちとの交流、家族愛なども人間性豊かに描いたヒューマンドラマで今回のテーマは、救命救急の崩壊。慢性的な人員不足による激務で心身ともに疲弊しきった救命医たちが次々に辞職するという事態が日本各地で起こっている現状をベースに、医師たちのドラマをリアリティをもって描くとか。

これは最も期待してる!

※追記
コメントでも頂いた江口さんの怪我の影響で放送開始が8月上旬に変更になったんだね、うん…イイよ、江口さんががっつり出てくれる方が遅くなってもいい!

(キャスト)
進藤一生:江口洋介(国際人道支援医師団の任務を終え帰国した天才外科医)
小島楓:松嶋菜々子(医療ミスで訴えられ、病院を追われて退職していた)
澤井悦司:ユースケ・サンタマリア(アメリカのER帰りで超現実主義。進藤と葛藤・対立)
山城紗江子:木村多江(救急看護認定看護師の資格を持つエキスパート)
鴨井千夏:北乃きい(新人看護師)

赤鼻のセンセイ
赤鼻のセンセイ 日テレ(水)PM10:00-

長期入院のために学校に通えない子どもたちに、教育の場を与えるために設けられた院内学級。主人公は間抜けで熱血漢な教師…子どもたちの心を癒すのに必要なのは笑いだ!という事で笑わせるためには何でもしてみせる。そして、そんな主人公とは対照的な女性教師の織り成す爽快なハートフルドラマだとか…。

うまくハマれば…。

(キャスト)
大泉 洋
香椎由宇
神木隆之介
須賀健太
尾美としのり
光石 研
平岩 紙
入山法子
高橋 努
工藤理紗
能世あんな
まえだまえだ
田島ゆみか
住谷念美
高良光莉
上川隆也
小林聡美

主題歌:原 由子

任侠ヘルパー
任侠ヘルパー フジ(木)PM10:00-

極道の世界に身を置く主人公が本家大幹部の突然の命令で老人介護施設『タイヨウ』のヘルパーの仕事に就くことになって…というお話。生きていくための大切なメッセージもたっ ぷりと込められ、心が温かくなり、気づけば涙している… そんな誰もが胸打たれるドラマ…とか。

草薙さんのドラマは結構好きなんですが…これは、イケメンヘルパーが勢ぞろい!というのを前面に出してもいるので…どうなるだろうねぇ。

(キャスト)
草剛(六本木地区をまとめる組長)
黒木メイサ(若き女組長)
山本裕典
薮 宏太(Hey!Say!JUMP)
五十嵐隼士
仲 里依紗
夕輝壽太
加藤清史郎
中別府 葵
安田美沙子
橘 ユキコ
山田親太朗
高木万平
高木心平
甲斐まり恵
三浦まゆ
松平健(隼会大幹部)
夏川結衣(介護事業組織のやり手女社長)
宇梶剛士(苦労人の組長)
大杉漣(介護施設のオーナー役)

脚本:古家和尚

コールセンターの恋人
コールセンターの恋人 ABC(金)PM9:00-

「テレビショッピング」のコールセンターの裏側、クレーム対応に奮闘する人々の姿をコミカル&シリアスに描くエンターテインメントドラマらしい。

脚本が『ハケンの品格』の中園ミホさん…。

(キャスト)
都倉渉:小泉孝太郎(クレーム対応班チーフ)
青山響子:ミムラ(契約社員でありながら“クレームの女王”の異名を持つ)
松重豊
名取裕子
安田顕
中島ひろ子
滝沢沙織
柴俊夫
若林豪

脚本:中園ミホ

とりあえず独断と偏見で候補として挙げた作品…この中から、見続ける&感想を書きたい作品が出れば…とか言いながら全く挙げなかったドラマを書いたりする可能性も大^^;

気まま度が増してる気もしますが…今後もお付き合いくださると嬉しいです。


| ドラマ感想 | comments(6) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
こんばんは。 救命病棟24時は私も期待大です。 最初のシリーズから見てます。 しかし主役の江口洋介がバイク事故で怪我したために、その影響が撮影スケジュールに出ているとか。 心配です。。。
| ベレッタ | 2009/06/21 12:36 AM |
ベレッタさんこんにちは!いつもありがとうございます^^ 最初の方はリアルタイムではなかったんですが、これは自分もかなりハマって全部見ました^^ 今回も楽しみですが、仰る通り事故の影響は心配ですよね…。
| テク(管理人) | 2009/06/21 2:45 PM |
事故の影響で、放送回数を短縮するとか松嶋菜々子を中心にストーリーを変更するとか言われていますが、やはり私は進藤先生に活躍してほしいです。 個人的には江口氏の全快を待って、放送開始が二か月くらい遅れても全然OKなんですが。
| ベレッタ | 2009/06/21 4:29 PM |
ベレッタさんありがとうございます。 うーん…。そうなんですか心配はしてたものの、そこまでとは…。 自分もこのドラマはやっぱり進藤先生がメインで活躍して居てこその作品だと思うので、是非なんとか頑張って欲しいですね…。 もし、その話の通りになってしまったらテンションが随分下がりそうorz
| テク(管理人) | 2009/06/21 4:58 PM |
アイシテル8話で名乗らずに投稿させていただいた者です。 アイシテルは、全ての母親に捧げる物語と謳っていましたが…実際にお子さんを亡くされた方の気持ちには添ってないと思いました; 加害者少年の心の傷、被害者の暴言…それらで殺人の理由付けをしていましたが、理由付けを通り越して正当化しているようにしか受け取れませんでした。。 ところで、被害者の母親の、加害者側に対しての感情ですが…実際の事件でも、被害者の遺族が加害者に対して極めて好意的な感情を持つことはあるようです。 遺族と加害者の歳が近ければ友人のように、歳が離れていれば息子のように。 第三者としては理解に苦しむのですが、大切な存在を失った喪失感がそうさせるのかなと…そうすることで、やるせなさを誤魔化すのかもしれません。 言い方は良くないですが、狂ってしまうくらい加害者を憎むこととは別の形で、それと同じくらい、正常ではない心的状態なのではないでしょうか。 ドラマでは綺麗な書き方をしていたので、そんな風にとる人はいないかもしれませんが…。 長々と持論をすみません。 こちらで白い春の感想を拝読して興味を持ち、再放送から最終話まで観ることができました。 どうもありがとうございました。
| 陽 | 2009/06/26 10:05 AM |
陽さんこんにちは^^結局あれ以降感想を書けなかったのに、再度コメントを下さりありがとうございます! 作り手のメッセージが感じられる話自体が嫌いという訳ではないですし、自分とは違う感じ方考え方を知るのも必ずしもイヤではないんですが…これは最終的にその内容が、あくまでも自分の考え方からすると違和感が大きすぎて…結局最後は文章を書けませんでした; >正当化しているようにしか受け取れませんでした。。 そうですよね…あくまでも普通の少年、普通の家庭に起こりえる!という形にしようとしたんでしょうが…例えそうであっても、少年の心の問題の掘り下げが薄かった気がしますし…。 それと、私が納得できなかった点の一つ、被害者の母親の感情についての興味深い補足のコメントを下さり有難うございますm(_ _)m なるほど…実際にもあぁいう感情の動きはあるんですね…。 そして、その感情の動き方に対する陽さんの感じ方の説明に納得です…。 ドラマだけでは、そんな風には感じ取れなくてスッキリしなかったので助かりました^^ このブログはかなり雑多なので、ドラマ感想も不定期だったりするのによく見つけて下さったというか、白い春まで読んで頂いてこちらこそありがとうございます、もし機会があれば今後もよろしくお願いしますm(_ _)m
| テク(管理人) | 2009/06/26 6:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
原坊 桑田書き下ろし曲でソロ活動スタート
サザンオールスターズの原由子(52)がソロ活動をスタートさせる。桑田佳祐(53)が作詞、作曲した曲(タイトル未定)を来月8日に着うたで配信。シングルCDでも発売される。ソロ名義のオリジナル曲は12年ぶりとなる。 妻のソロ始動を夫が完全バックアップした。
| 徒然ニュース | 2009/06/25 4:46 PM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS