<< Phantom〜Requiem for the Phantom〜第10話「終幕」 | main | PandoraHearts-パンドラハーツ- 第10話『重なる影』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
東のエデン 第9話『ハカナ過ギタ男』

第9話『ハカナ過ギタ男』



パンツくん…確かに……儚過ぎだ…。

多分パンツくんは、何かに挫折して、もがいてようやく這い上がろうとしてる最中に…滝沢に出会って、その魅力に惹かれて…自分に出来る事を見つけて…明るく嬉しそうな表情を見せた直後だったのになぁ(汗)

えと…でも、引きこもると…あんなに太るのかな…^^;
哀れで悲しい結末を迎えたので…何か申し訳ないけど…パンツ姿だから余計に太さとか色々強調されて……(汗)

しかも…咲たちが買ってきてジャージのパンツが…いっくらなんでも…小さすぎだろっヽ( ̄ロ ̄;)/
みっちょんからは最後まで毛嫌いされたまんまだったし…ドブの中で最期だし…悲願のカー○の優勝も見届けられず…扱いが哀れ過ぎ…(汗)



■真の英雄と…英雄を助ける儚過ぎるミニ英雄の違い…。
滝沢くんの魅力は自分的には文句なしなんだが…無防備過ぎるところはあるよねぇ…今回も色々警戒しなさ過ぎだし^^;

ただ、それさえも名を残す豪傑とか英雄にありがちな『もし銃があたっちまったらそれはもぅ仕方がないさ!』的な…感じで…一つの魅力でもあったりするんだよなぁ……^^;

だから、滝沢本人に関しては(決して運命論者じゃないけど…言葉的に言うと…)いわゆる天運が尽きる『その時』までは…例え、銃弾を何発浴びようが決して死なない…。

でも…彼に関るものは違うからねー。
特にパンツくんなんて…滝沢と比較して、見るからに運がなさそうだし…(汗)

おまけに、先週は自分こそが一番!的な、かなり嫌な奴かと思ったら…。
滝沢の魅力に飲まれたというか…その魅力にハマってしまって…滝沢に対しては『謙虚』さや『律儀』さまで見せて…実は“いい奴”オーラまで出してしまったもんだから…もはや『知りすぎた』パンツくんに…生き延びる道など一つも残されてなかったって感じの状態に…(-_-;)


うーん…それにしても…毎回言ってる気がするけど、やっぱり滝沢はカリスマ性が強いよなぁ。
今回も、長々と説明してもあれだけど全身から漂う空気感…と…真っ直ぐな目で……ほんの短い時間に完全にパンツくんを落としたもんね^^;

(ただし、ニートが一人ひとり自発的に始めたテロ行為…っての激しく何かを誤解してそうだけど/笑)


まぁ、とにかくこの二人を見てると、スキル的にはパンツくんのほうが上の筈なのに……上手く言葉では説明できないけど…後に英雄といわれて名を残す者と…かつては神童と呼ばれはしたものの、落ちぶれた凄腕パンツくんとの決定的な違いが表れてるようで…ますますパンツくんが…儚い気がしてくる……(苦笑)

うー…パンツくん成仏してくだされ…(-人-;)

まぁ自身の予測プログラムに出てた…『20年後もニートのまま』で終わるんじゃなく…『英雄を助けた、英雄の一人』として死ねたから本人としては、その方が良かった筈……多分…;

無駄死になるかならないかは…最後の送信データがどうなるか…と、滝沢が今後どう行動するかにかかってるけど…。



■No-10とNo-01…おまけで…No-3,No-8
えーと、履歴でかなり多くのことが分かるかと思ったら…それ程でもなかったかな…。
今回履歴を見ながら話してた、洗脳プログラムで記憶を消した話とか、セレソンの組織が国家権力に近いだろうとか……ニート失踪の真相の話なんかは、今更という感じで…既にほぼ分かってた事だったし…。


民意の誘導の話は…普通に考えてセレソンの中の一人は独自に、それを狙う人もいるんじゃないかとは思うから…日本を救う可能性の一つとして組織自体も、それも選択肢の一つとしてアリかもしれない…とは考えてるかも知れないけど。

でも…今回で間違いなくハッキリ判明したのは10番の動向ですね!
“迂闊な月曜日”
の時に、ミサイルを撃ち込んだのはNo-10結城だった。

しかも、被害者が出なかったのは…10番がそれを意図したわけではなく…大量虐殺を狙ったのに、その計画に気付いた9番である滝沢が必死に住民を事前に避難させ阻止したから結果として被害者ゼロだったんだ…。

という事で、邪魔された10番はまだ…今でも大量虐殺を狙ってて、既に新たな手段を講じており…それを今度こそ邪魔されたくないという点においては、1番と利害が一致してるという事か…。

でも、今回の様子を見てる限り…この二人は共闘してるというよりは明らかに、1番の物部に10番は利用されて使い捨てにされそうなのが目に見えるような気が…(汗)
10番は日本を焼け野原にして…戦後をやり直すという荒治療で救おうとしてるんだろうけど…1番は、どうやらその途中か、その先に介入して何かを計画してる感じ?

とにかく、10番と1番では器が違いすぎるよ(汗)

物部はパンツくんを轢き殺しても顔色一つ変えないばかりか、死に際の人間を問い詰めてるし…。

10番に対しても『これから、何十万、何百万と人間を消滅させようとしている英雄が…人、一人轢いたくらいでビビッてるんじゃないよ』と焚き付けてるし…。

しかも、この1番の物部は、全くノブレス携帯の無駄使いをしてないんだよなぁ…。

滝沢の居場所を探るのも携帯を使っていないし…パンツくんを殺すのも、ジュイスに頼まないし……車の処理も、10番に頼んどけよと言ってるだけで…自分のは使わないし……徹底してる(汗)

滝沢は隙がありまくりだけど、カリスマ性と天運でのりきり、感情で動くタイプなのに対して…1番は一切隙を見せない徹底したリアリスト…うーん、この男との今後の対決が楽しみ!

それにしても、以前にもチラッと書いた気がするけど…自分達は安全な所にいて、セレソンに日本を救わせようなどと考えるような…権力の中枢にいる連中こそが、日本を駄目にしてきた元凶で…それを潰す事こそが結果的に、あくまでもこの話的には日本を救う事に繋がる…つまり、それこそがこのゲームのゴールする方法のような気がするなぁ…。

ところで履歴を調べてた時に出てたけど…3番はどうやら地道に公園のゴミをひらったリ、赤い羽根基金やら、派遣村に差し入れなんかをして善良そう(苦笑)
で、8番はサッカーの日本代表を強化してる感じだけど…国威高揚を狙ってる?(苦笑)

ま、いずれにしてもこの二人は…やってる事が小さくて…小物臭いかな…まぁ目立たぬようにしてる行為で実はサポーターという線も考えられなくは無いけど…それ以外のまだ出て来ていない番号の人間の方が可能性が高いかな……。



■咲と…大杉…。
まず咲は…その行動の全てが…もはや滝沢に惹かれてるが故に、その身を心配し、言い知れぬ不安を感じてる為に『真実を知りたい』んだろうなぁ…という印象…。

問題は、その咲の行動が…滝沢に今後どう関っていくか…。
咲がいる事で、咲の事を滝沢が守ろうとして結果的に邪魔になってしまうのか…それとも突っ走る滝沢を最終的に咲が救えるのか…どちらかかな…て、感じもするけど…。


『知らない方がいい事もある』とパンツくんが忠告してたけど…もぅその忠告は逆効果というか…耳に入らないよね…。

で、大杉くんは…どうあっても滝沢は危険な奴!悪い奴!と知らせたそうだけど…うーーーん。

今後、どう絡んでくるんだろうねぇ…でも、もぅいい加減に咲への恋心だけは、諦めて咲へのメールはやめたほうがいいよ…と、思ってしまうんだけど…(苦笑)

今回も完全にメールを無視されてたし…さ…。

誰かまた大杉くんを…2話分ぐらい飲みに連れてってあげて!(笑)

来週も楽しみです。


10話の感想はここ


8話の感想はここ


| 09春・東のエデン | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
東のエデン 第9話「ハカナ過ギタ男」
「さらばじゃ、ズボン!!」ってマジでパンツがひらひら飛んでってるし(><)しかもジャージ・・・それ1枚しか持ってなかったんかいパンツくん!!まぁ神童と呼ばれた板津が開発した世間コンピューターで、自分の未来を予測したところ・・・30代まで「ニート」という....
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/06/05 8:05 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS