<< 09年夏アニメ・7月からの新規アニメ情報一覧と感想予定 | main | Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話『大火』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
東のエデン 第5話『今そんなこと考えてる場合じゃないのに』

第5話『今そんなこと考えてる場合じゃないのに』



段々と作り手の訴えたいメッセージ性が強く香り過ぎてきてる気はするものの…それでもやっぱり今週も色々想像を超えてて…ホント面白い(笑)



■ニートの行方。
先週書いたようにやはり滝沢はニートを海外に送り込んでいたようで……その意図は、彼らを騙して無理矢理にでも働かざるを得ない環境に送り込む』事で、社会復帰させる事が狙いだったという事でしょうか…。
噛み付いてきた男の場合は見事それがハマり仕事も妻も手に入れたみたい^^;

でも…この行為自体にそれなりの意義はあるだろうけどさ…もしも2万人全員に労働意欲を与えさせる事に成功したんだと仮定しても、それくらいで『日本を救った救世主』とまではいかないのは明らかのはずだし…滝沢の真意がどこまで考えての行為だったのかはまだまだ謎ですね…。


しかもこのかつてのニートくんの『もしかして記憶を…もうイイや』という反応から察するに…どうやら滝沢が記憶を消すであろう事は予期してたっぽくないですか…?!
『滝沢が何を考えて自分たちを騙して海外に送り込んだかは分からないものの…ホントに記憶を消したのかよ!…滝沢が本当にそこまで覚悟してやってることなら…いいや許すよ』みたいな…反応にも見えたんだけど…。


うーーん。それにしても、記憶を消した目的が…気になって仕方ない^^;



■出口を見つけられず悩める咲と…行き着いてしまった?!大杉
一度すっぽかしてしまった面談に臨もうとしてる咲に、義兄は「無理しなくていい…本当にやりたいことが見つかるまで面倒を見てやる」と優しい言葉をかけるんだけど…咲にとってずっと好きだった相手が『家族としての…兄としての優しさ』を示してくれるのは…『痛くてただ辛いだけ』……うん、これはそうだよねぇ…。

そして、就職にノリ気になれてないけれど「これ以上迷惑はかけられない」という兄や姉への複雑な想いゆえに面談に望む咲ですが…うーん。
咲の言動は分からなくもないんだけどさ…あまりに出口を見失い思うままのハッキリとした行動が出来ない状態は本人も辛いけど、見てるこちらもストレスが溜まる辛い状態ですね…(汗)


面談の結果の方も…あまり語りたくない酷すぎる結果に終わるし…。

あと…新作らしき自分の似顔絵をかたどった義兄のパンに『もうほっといて』という命名をする咲の行為も…直接口に出来ない咲の複雑な想いと、状態を良く表してる感じですが…そんなネームを見てもパンが売り切れた事に注目して、そのネーミングセンスを褒めてる姉さんは咲の感情に何も気付いてないんだろうか…(汗)

で、大杉君だけど…やっぱり…ちとウザイ…そして…空気読めないよね……(-_-;)

咲と夕食の約束を取り付けて一人嬉しがってるけど…咲の“心ここにあらず”の反応や…浮かない表情を見ようよ…(苦笑)


しかも、ちゃんとその様子に気付いて咲を気遣ってあげれれば、変化も引き出せるかも知れないのに…逆に就活や友人の考え方に関する批判までして正論らしきものを語りだし『大杉くんの言ってる事は正しいと思う』なんて言わせてしまってるし…ダメだこりゃ( ̄ヘ ̄;)

案の定…目の前で滝沢に攫われて…自棄酒コースに…。
まぁ…忘れてしまうような約束を上の空で受けてしまう咲も…大杉くんに対して酷ではあるけど^^;



■新たなセレソンは連続殺人鬼!
白鳥・D・黒羽…どうやらこの女性は二面性がありそう…昼間の顔(普段の)のこの女性の語り口や雰囲気を見る限りではお馬鹿で快楽殺人的な気もするけど…。

ベッドで目覚めた後の反応を見る限り、殺人を実際に犯してる場面の記憶自体はなさそうですよね…という事は多重人格の傾向もあり?!


もしそうならば…あくまでも殺す瞬間のこの人の人格は…人間の屑を一人でも多く殺す事で世の中を良くしようという想いもあるのでセレソンに選ばれた…という事だろうか。

まぁ、仮にそうだとしても到底それで…『救世主』として合格するとは思えないけど(汗)

でも、この『救世主候補』の仕組みを考えれば…連続殺人鬼的な候補者(セレソン)は必ず現れそうですよね…。

世の中『死んだ方がいい奴は、いっぱいいる』という考え方は正しいかどうかは別として、一つの考え方として絶対あると思うしね…。

一方ミサイルを撃ち込んだセレソンはまだ誰なのか断定できる状況じゃないけど…あれは大量殺人というよりは『平和ボケ』をして『何も考えない』連中の目を覚まさせてやろうとする事で、この国を正しい方向へと考えた行為の可能性が高いかな…と思ってるので…この白鳥とは『救い方』としての思考傾向が全く異なるタイプの人物ではないかと思ってるんだけど……。



■リアリスト…。
白鳥の独り言からすると…セレソンNo.1がどうやら『リアリスト』で、ロマンチストは滝沢のようだけど…。

普通に考えたら、そのNo.1というのは滝沢の携帯の使い方に苛立った様子を見せてジュイスに何か指示を出した男がいかにも『リアリスト』っぽいですよね…そしてこの男の指輪は…1話で全裸くんを見張ってた謎の男(今回で名前は物部と分かったけど)の付けてたものと同じで同一人物!


そうなってくると、この物部こそがセレソンNo.1で…今判明してるなかではサポーターの可能性が最も高そうな気はしますけど……。
物部という姓が又意味深に感じるのは勘ぐり過ぎだろうか(苦笑)

ただ…大杉もウザイけど自分なりの正義は持ってそうだし(彼の携帯は普通だったけど)…その友人の一人で起業を狙ってるという平澤とか…他の咲の友人たちの中にもセレソンが紛れてる可能性もありそうだから誰がサポーターなのかは…まだ断定できないですけどね…。

いずれにしても…当面はこの物部が復活後変化したらしい滝沢の携帯の使い方にどんな反応を見せるのかが…見ものですね。



■やるべき事…。
100億をチャージした携帯を12人にも配れるMr.OUTSIDEは総理大臣のような…とにかく世の中のトップクラスに位置してる存在だろうという事で…そんな奴を『ぎゃふん』と言わせる事も出来るのかと軽く話してたらジュイスに勝手に受理されて…。


おまけに単に60円で国会で総理に『ぎゃふん』と言わるだけって…Σ( ̄ロ ̄lll)
吹き出したけど…やっぱこれで…このゲームを主催してるMr.OUTSIDEは底が見えないほど金も力も持ってる事…少なくともボケた(迂闊な)発言を繰り返す総理以上の実力の持ち主なのは間違いなさそうのは確認できたかな(苦笑)

そして…それだけ権力も金も持ってそうな男(あるいは組織か国家)がさぁ…自分の手で日本を何とかしようとせずに…ふざけたゲームを考え出してセレソンの誰かに世の中を変化させようとしてる…咲のように(甘さもあるとはいえ)出口が見えず悩みを抱えて立ち尽くしてる人がいっぱい居るのに…何もせずに手をこまねいて…今回はそんな現実に『矛盾というか苛立ち』を感じた滝沢って感じでしょうか…。


で…会社の話や、進みたいと思っていた道に感じた迷いや『りょうすけさんが…大好きだから辛い』と泣きながら訴えた咲に…いきなりキスして『全部背負い込んでやるから』と、全てを受け止める発言でいい男ぶりを発揮した滝沢(笑)

いきなりのキスが心に響くかどうかは…人によっても、そしてタイミングによっても違うだろうけど…黙って全部聞いてあげた後に、全て受け止める態度を見せる滝沢ってやっぱ大杉とは対照的だよなぁ…^^;

そして『咲の話で俺が何すりゃいいのかも分かった!…この国はどのみち一端は誰かが何とかしないとならない程おかしな事になってんだからさ…100億やるからこの国を救え…いい加減にも程がある…いずれ困るのはアイツラだ…』と『やるべき事』の方向性が滝沢の中で決まったみたいですね…。

それにしても…この発言だけ聞いてたら……この国をおかしくした責任を最も負うべき存在=権力持つ連中を敵に回しそうな勢いで…それはすなわちMr.OUTSIDEを敵にしそうな気がするんだけど…。


もしかしたらさぁ…その敵(この国を腐らせてる権力を持つ連中)を倒す事こそがこの国を正しい方向へ導く正解で(私自身はそれで本当に世の中変わるとも思えないけど)…だからそこに行き着いた人(ゴールした人)は自動的にMr.OUTSIDEに出会うんじゃないのかな?!


ただし1話を見る限り…それは生贄的行為でもありそうだし…どうなる事か…うーん。でもホント毎回続きが早く見たいと思えるアニメです。


6話の感想はここ


4話の感想はここ


| 09春・東のエデン | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
「物部」とは古代日本で軍事を司った一族。その姓を冠したキャラが自衛官であるらしいのは、偶然ではありえないですよね。そして古今東西、極限のリアリストと言えば、それは軍人。それがナンバーワン?どういう発想の序列でしょうか… 滝沢のあの「事業」は、記憶を捨てる前の彼も実質的に失敗だと思ったのではないかと勝手に予想していますが、どうなりますでしょうか。「日本を救う」にはこれはちょっと…と思って、「何か」を思いついて記憶を消したのかもとも思いますが、何かって何だというのが、ご示唆の通りやはり大きな謎ですね 最後に、咲の面談シーンは本当に正視に堪えない感じだったですね。でも、あの部長は今の大人のよくない面を象徴していると示唆する見方も目にしました。初っ端の近藤刑事に象徴される警察の一部の腐敗、前回の火浦医師の高齢者問題、今回の白鳥のモラルの崩壊など、さすが社会派の神山監督です。確かにちょっとストレート過ぎて鼻につくところもありますが、ほどほどならこんなのもたまにはよいのではないでしょうか(笑) それでは失礼します
| westernblack | 2009/05/08 9:18 AM |
westernblackさんこんばんは。コメントありがとうございます。 言いたいけれど迷った挙句ぼやかした所にコメント下った感じでありがとうございます。「物部」については、そんな風に色々考えたくなりますよね^^ それに物部には通説以外にも多数の説がありますし色々考えようと思えば妄想は膨らむんですが…取りあえずは暴走しないように止めておきます(笑) 失敗だと思い、別の手を考えた為に記憶を消した…この可能性は確かに高いですよね…でも、仰るとおりじゃぁどんな手を考えたのか?という部分が謎なので興味が尽きないんですよね。 それからメッセージ性については、言葉が足らなかったですが、この後…強すぎて是非押し付けがましくはならないで欲しいなぁと思ってはいるものの…私自身メッセージ性のない作品より、メッセージ性がしっかりとある作品の方が好みなので、これからも楽しみにしてます^^
| テク(管理人) | 2009/05/08 7:01 PM |
テクさんこんばんは♪ スッカリ遅くなりましたが失礼します! 先日は 4周年のお祝いコメント頂き ありがとうございました! 今後も宜しくお願いします!! 毎回 どうなるのかサッパリ先が読めない感じで楽しく見てるのですが 記憶を消す前に滝沢がやろうとしていた事が 大きな鍵になって来るんですかね? 火浦さんも言ってましたが何かをする為に記憶を消したんでしょうし… 今回話しかけてきたニートだった人も それが分かってるような口ぶりだったのが気になる所です! 察しの良い人は もう色々分かってたりするんでしょうね(苦笑) №1らしき物部さんや、ヤバそうな白鳥と言ったセレソンが今後どう動いてくるのか… 咲も巻き込まれていくんでしょうし、今後の展開がとても楽しみです! ではでは、失礼しました!
| 流架 | 2009/05/09 9:28 PM |
流架さんこんばんは! わざわざこちらにコメントありがとうございます。こちらこそ今後もよろしくお願いします^^ このアニメは本当に続きが気になるアニメですよね! 気になる事も沢山あって頭が混乱してきそうなんですけど…謎の投げ掛け方が飽きさせないので投げ出したくなるような感じではないですし、謎解きだけではない色んな要素が含まれてるのでホント楽しいですよね^^ 記憶を消す前にやろうとしていた事は大きな鍵になると思うんですが…それは失敗で新たなアプローチをとろうとしているという考え方もあるようですよね…。 私個人としては…ニートの人も記憶を消す事を知ってた事を考えると…ニート絡みの行動も、記憶を消す事も、記憶がないまま行動してる今も全て当初からの周到な計算のうちに入っているのではないだろうか…と、思ったりもしてるんですが…どうでしょう…分かりません^^; それから仰るとおり、物部や、白鳥など次々に出てくるセレソンが個性的でそれぞれ別個の行動理念がありますし、今後どう動くのか…咲がどう巻き込まれていくのか…次回以降も楽しみですね! 次もよろしくお願いしますm(_ _)m
| テク(管理人) | 2009/05/10 1:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS