<< ドラマ感想【3話】アイシテル−海容(かいよう)− | main | シャングリ・ラ 第5話『乱心嵐舞』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
最強の敵になりうるウイルス…。

未知のウイルスの恐怖…もしも驚異的な致死率の強毒性ウイルスが私達を襲い、治療法もないままパンデミックになったら…当然未曾有のパニックになるはず…。


時期が時期だけに最初に言っておきます…『感染列島』というフィクションの話です(汗)


映画も気になってたんですが、少々女優を綺麗に描き過ぎててリアル感が薄れてるのでは?!って声を聞いて…あくまでも好みでしょうが、文章で読んだ方が自分は楽しめるかなと思ってノベライズ版の方を読んでみました。


感染列島 映画ノベライズ版平野隆/原作 下田淳行/原作 瀬々敬久/映画脚本 映画「感染列島」製作委員会/監修 涌井学/著【セブンアンドワイ】

突如東京を襲う未知の感染症、丁度都内の養鶏場では鶏が大量死する鳥インフルエンザが発生していた…長らく予想された新型インフルエンザなのか…?!

WHOからもスタッフが派遣され、今まさにリアルでも話題になっているPhaseが引き上げられ事態があっという間に深刻化していく…治療法もウイルスも特定されないまま拡大していく未知なるウイルスの感染爆発…驚異的な致死率…最強の敵を前に無力さを痛感する医師たち…。


人々はパニックに陥り、人としての醜さを露呈していく…同時に人として生きるための懸命の戦いや、友情と恋を命懸けで表現していく…。

最初にフィクションと書いたとおり、これだけの強毒性の未知のウイルスの割には少し都合が良すぎる展開かなと思ってしまう箇所もあります。
それに、人間ドラマが織り込まれ過ぎてて綺麗に作りすぎてるかな…という側面も…。


ただ…人類が経験したことのない強毒性を持つウイルスが、突如ウイルスの変異によって誕生する…あるいは、人類がまだ触れていないだけで間違いなく存在している未知のウイルスに偶然接触する事でエボラのように突如人類の前に姿を現す…その結果人類を襲う最強の敵との未曾有の危機がある日突然襲い始める…そんな可能性自体は否定できないですよね。


折りしも時期が時期だけに、最悪のシナリオが進行した時にどういう事態が可能性として考えられるのか…強毒性のウイルスの怖さ自体は大袈裟過ぎる話ではないよなぁ…と感じれる点でも一読の価値はあるかな。


管理人の個人的な好み
★★★★★★★☆☆☆(10点満点中7点)



| 小説紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS