<< シャングリ・ラ 第3話『天地層造』 | main | お知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
自ら命を絶つのはいけないことですか…殺すのは悪ですか

東野圭吾さんの『パラドックス13』の紹介です。

「世界が変われば善悪も変わる。 人殺しが善になることもある」そんな著者の言葉に興味を覚えて読んで見た作品です。これは読んだ小説の中で久々にかなり面白かったです!

「パラドックス13」東野圭吾/著【セブンアンドワイ】

  • 《宇宙科学研究本部−高エネルギー天文学研究所から首相にとある宇宙的な現象が間もなく起こるであろう事が報告されるところから話は始まります。しかしその現象が起きたときに実際に何が変わるのかを論理数学的に把握する事は不可能だと言う。そして運命の日3月13日13時13分13秒…想像を絶する過酷な世界が出現する、陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。その後も頻発する大地震、洪水…。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13
    現象”とは一体何なのか…》

読み始めた冒頭は「論理数学的に…」などと言った言葉が出てきたために、謎自体が凄く難解なのかなと思いきや…意外とその現象が起きた直後に生き残った人々の共通点はすぐに分かり、一体どういう状況なのかすぐに掴めました。

しかしその後の話の展開は上記の紹介でも分かるように、パニック映画さながらの展開で進んでいきワクワクさせられます。その手の話が好きな方はそれだけでも十分楽しめるはずです。

しかし、単にそれだけでは留まらない生き残ろうとする人々の間で繰り広げられる極限状態での人間関係が本当に重厚で読み応えがあります。しかも、それらの人々の言動を通して…生きる目的とは何なのか…自ら命を絶つのは本当にいけない事なのか…人を殺す事はどんな時も悪なのか…社会の枠組みの中で尊重すべき事とされてる事を守るべき理由は何なのか…といった既存の概念や、倫理感、人生観についても考えさせられます…。

勿論、話の展開への興味を抱かせつつそうした考えさせられる点が巧みに織り込まれているために、妙な説教臭い話にはなっていません。

とにかく読み始めたら止まらず、一気にあっという間に読んでしまいました。ラストは…こういう結末になって欲しくはなかったな…という個人的な好みの問題で残念でしたが…それは単に好みの問題で最後まで楽しむことが出来ました。うん、久々にこれは個人的にかなりお勧めです。


管理人の個人的な好み
★★★★★★★★★☆(10点満点中9点)





| 小説紹介 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。 私も 「世界が変われば善悪も変わる。 人殺しが善になることもある」 の言葉が目を引いて気になっている作品でした。 この方の作品では、探偵ガリレオシリーズしか読んだ事がなくてちょっと迷っていた所、テクさんの感想が。ラッキ〜♪ テクさんの感想を見るとおススメなようですね。購入を検討してみます。
| くみ | 2009/04/21 3:24 PM |
くみさんこんにちは。コメントありがとうございます^^ くみさんも気になってたんですか! 私も実はこの方のがドラマになったものは殆ど見てますが小説はそんなに読んでなかったんですけど、ネタバレしたら申し訳ないので書けないですが、色々語りたくなるくらい楽しかったですよ(笑) 勿論、こういうのは人によって随分感じ方が異なったりはしますけど^^; それとまだ単行本なので、高いのがネックですけどね(苦笑)
| テク(管理人) | 2009/04/21 7:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS