<< 機動戦士ガンダム00(2nd) (最終回)第25話『再生』 | main | 続 夏目友人帳 (最終回)第13話「人と妖」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
RIDEBACK-ライドバック- (最終回)第12話『光の舞台へ』

第12話『光の舞台へ』


いよいよRIDEBACKも最終回!

岡倉が呟いた『なんて奴だ』が色んな意味でぴったりではないかと思った最終回です。

何度も書いてきましたが、ライドバックに乗って舞い踊る時の、背景などを含めたその映像美、なんといっても意志が定まった時の”あの強烈な目”…そんな姿を見せている時の琳は…理屈を抜きにして最後まで自分には本当に魅力的に映りました。


もぅそれはしょう子が呟いていた…全身で群集の目を捉えてやまない…そんな光を燦然と放つ圧倒的な存在感を示す姿…。

そうはいっても、ここまで琳の魅力を感じ続けた自分でさえ…今回の琳を見ていて途中までは、琳はいったい何処へ行き着きたいのだろうか…と、思わずにはいられませんでした(笑)

《でも途中から気付いた…というか思ったんですが…これはもぅ別次元なんだと…頭だけで考えようとしたら絶対にこれは駄目で、琳の心の中に眠る光はあくまでも、普通の人の基準では測りきれないもの!》

圧倒的なまでの、絶対的光を放てるものを心に宿す孤高の存在で…琳はその抑えきれないほどの量の光を放てる舞台を失い…光の放ち方を見失い惑っていた…。そしてそれを遂に解き放ち完全に光を輝かせる瞬間が今回なんだ。


■見守るしかない
だから…これはもぅ普通の周りの人がどうにか出来るものではない…。


それは敵から『化け物』と評されるような岡倉とて同様で…最後はもぅただ『なんて奴だ』と唖然と見届けるしかなかった…。
ライドバックの操縦面での飛びぬけた才能は持ち合わせていたはずの珠代も、もちろん同様…。

琳の中に眠る光はとにかく次元が違うものできっとそれは歴史を通じてもホンの一握りの人だけが持ちうるもっと根本的な光で、どのジャンルに進んでも圧倒的なカリスマ性を宿す絶対的な存在になりうる…そんな類の光ではないだろうか…と…。

それがまだ完全には目覚めてはいない…この作品中では、そんな状態だったのではないでしょうか…あくまでも自分の感じ方ですが(汗)

だから、最後に目覚めようとするその瞬間を…ある者はただ釘付けになり、ある者はただ呆れ、ある者はただ感動しながら…。そんな風にして…ただただ言い様のない魅力を感じつつ見守るしか出来なかった…。

もちろんそんな一人の天才に随分と振り回されてしまった感はもちろんあるものの…これはもぅ致し方ないのではないでしょうか。例えば、歴史に名を残すような英雄の周りにいる人たちは大抵色んな意味で翻弄され巻き込まれ…それでもその魅力に惹きつけられて止まない…。ちょっと褒めすぎ?魅力に取り付かれすぎ?!(笑)

でも、琳がそんな種類の存在であれば、色んなことに凄く納得が行く様な気がするんですよね…。


■目覚めた琳
自分が求めた光ではない、と感じながらも『心に光がある限り、それを紡ぎ踊る事ができる!舞台はそれを待っている』という言葉を胸に、フェーゴに乗り何度目かの転倒や停止を繰り返した後に、遂に完全に見るものを圧倒する踊り…光を放ちきった琳!


それまで琳がただ自分の中で感じていた…特定の舞台(バレエ)でしか放てないと自分で限界を設定し、未練を抱いていた感覚全てをフッきり…どんな舞台においても輝ける光の放ち方を掴んだ瞬間のように感じました…。

そしてその琳の光に応え限界以上の力を出し切って、それを掴ませてくれたフェーゴは煙を放ち完全に停止するけれど…そんなフェーゴに向かって『ありがとう』と呟くその表情も、少しの間捕まっていたであろうその後…桜咲く中、戻ってきて『ただいま』と答えたその表情も…実に穏やかで、満足していて……。

琳はバレヤやフェーゴに乗って輝きを放つ事は終わったかもしれないけれど、きっとどの分野に進んでも…これから先も圧倒的な光を周囲に放ち続けていくだろうと思わせる終わり方でした…。

確かに途中ハードな世界観を見せていたわりには意外なまでのあっさりした決着を迎え…正直言うと…この回だけでも色々細かい不満点はあったりします…^^;

でも、それを上回る魅力があったんですよね…。
それに、こうやって見てみると…とにかく一人の圧倒的な光を宿す者(琳)の迷いと成長の物語をメインにしていたのかな…と最後に来て自分には思えて…。そうであれば、確かにこの終わり方は、これで良かったと自分の中で凄く納得できたので、他の要素は今回殆ど省いて感想を書きました。


とにかく…琳個人のそんな常識では測りきれない魅力を味わえて、自分の中ではその点だけでも、この作品に満足しています。魅力的だったし楽しかった。

OPもEDも好きでしたし…冒頭でも書いたようにその琳の魅力を助ける映像がとにかく綺麗で惹きつけられましたしね^^このアニメに関ってくださった全てのスタッフに感謝です。
そして、かなり思い込みが激しいかもしれませんが…感じたままに書く感想を最後まで読んでくださった方や、TBやコメントでお付き合いくださった方にも本当に感謝です。またよろしければ別の作品でもよろしくお願いしますm(_ _)m


11話の感想はここ






| 09冬・RIDEBACK | comments(12) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
最終回感想、謝謝! 自分はただ琳の燦然な光に圧倒され、その感動をうまく整理できないままネットをさまよい、このブログに到達した。 あなたの感想、その感性は見事! 自分の言葉にならない感動をぴったり文章で表現しました! 礼を言う! 以後もよろしくお願いします。
| Zarathustra | 2009/03/30 4:08 PM |
Zarathustraさんはじめまして!コメントありがとうございます。 琳の魅力は本当に惹きつけられる圧倒的な光を放ってましたよね。 感じ方は人それぞれだと思いますが、共感してもらえて嬉しいです。 こちらこそ今後ともよろしくおねがいしますm(_ _)m
| テク(管理人) | 2009/03/30 7:14 PM |
自分にとって琳の魅力はその天才的なカリスマ性だけでなく、天才なのに自分のエゴに捕われない点です。 望めば飛べたのに簡単には飛ばない。常に自分の行動を思い返し、その意味と結果を考え、決して自分の欲望だけで才能を使わない。 その行動原理は常に"大切な人たちのため" MELLのOP、RIDEBACK 日語 Ver.最後の歌詞: "イコンよトーシューズを...と" "イコン"は聖母画像 "トーシューズ"はバレエの舞踊靴 琳は聖母の自己犠牲性を持ち、大切な人たちのためなら自分の天才的才能をも葬る。 もし琳が、 "すずりを死なせ、このまま自分だけ安全な場所に守られて、黙って戦わずに逃げるなんて事は、きっと自分自身が許せなくなり「戦う」決意をする" なら、 それは普通の人のエゴです。このままの自分自身が許せないだけです。そもそも琳に「戦う」は違う。普通の人、普通のアニメなら「感情の決着」とかでもう戦ったけど、琳は"戦って自分が傷つけたらみんな悲しむ"と考える人。 そして大切な人たちを考え続け、 すずりの最期の言葉『琳さんの踊る姿をまた見たい』や…、 しょう子の『私は嬉しいんだよ琳が夢中になってくれるものが出来て』や…、 母親の『心の赴くままひたむきに舞えばいいの、舞台は応えてくれる』という言葉が再びRIDEBACKに乗る理由となる。 一見弱い理由だが、それこそ創造的で意味ある決意。だって… 母の光が自分を導き、 しょう子の光が自分を治し、 琳の光がすずりを照らしていたから、すずりが琳をあそこまで慕ってくれた。 光は紡ぐもの。すずりは光を放てる琳が好き。 そう思えるならすずりの最期もただ凄惨なだけではない。だってすずりはRIDEBACKで飛べた、あそこまで慕う琳と同じ舞台に舞えた (だから最期にあのBGM...) すずりの心に答えるため、その舞台に死んた命を光に変えるために...それこそ"聖母"にとってみんなを心配させてまで、再び"トーシューズ"を着るに値する理由! 以上の事を琳は言葉にする事なく抽象的に感じ、才能に酔う事なく大切な人たちを考え続け、 エゴに捕われる事なく自分の光の放ち方を掴む。 そのすべてが琳のカリスマ性の正体。 その思考と感性の柔軟性を考えると、キーファの『お前は自由だ』も納得。 真剣な話... 琳は、本物のNewtypeだ!!
| Zarathustra | 2009/03/30 8:59 PM |
Zarathustraさん再度コメントありがとうございます。 Zarathustraさんの考察も興味深く読ませて頂きました。 琳の魅力は確かに語り始めると、たくさん出てきますよね^^ そしておそらく、その感じ方は人によって多少異なる感じ方がでてきて当然だと思うんですよね。 だから全て同意見ではないんですが…指摘していただいた先週までの自分の感じてた… "すずりを死なせ、このまま自分だけ安全な場所に守られて、黙って戦わずに逃げるなんて事は、きっと自分自身が許せなくなり「戦う」決意をする" は確かに”普通の人”の感じ方でしたね。今となってそう思います(苦笑) 私自身、琳に魅力を感じていたものの…ここまで突き抜けていると感じれたのは、今回になってからだったので…。 そのためにこのアニメに関しては…ここまで色々と細かい点に目が行き、頭で考えようとし過ぎてたのは失敗でした(汗) とにかく今回感じたように…もっと純粋に琳を見て、感覚でもっと感じればよかったんだ…と。
| テク(管理人) | 2009/03/31 12:09 AM |
どうもです >頭で考えようとし過ぎてたのは失敗でした いや決して失敗ではないです "反射速度が自動補正を上回っているか、自動補正とは違う補正を瞬時に生み出している" 第3話のこの描写はRidebackだけではなく琳の思考回路にも適している 私の感覚は結果論です そもそも琳は頭で考える人だし、実際作中は管理人さんの感覚で思考し悩む ただ、琳は極端に、エゴにならないように、あらゆる感覚を常に制限している "自動補正とは違う補正を瞬時に生み出している" のように、無意識に理屈の矛盾を内包しては抽象的にバランスをとり、言葉にならない答えに反応して体は自然に行動して突破口を開く その時の"あの強烈な目"、直感的に正しい行動を理解したからこそ意志が強固に定まる (以上の特質は正にNewtypeだ) だからこそ琳は(自身の)理屈をも越えた行動を突然にやってのける 例えば今回、 転倒して意識を失った時、すずりの幻に"自分はできない"と言って、母の言葉に"光とは"の答えをもう少して理解する所、目覚め 無意識モードから理屈モードに その後琳が頭で考え、"未練"、"未練"って未練がましく[E:confident]言ってるけど、"琳が国立第三劇場を通過して、第三劇場を背景にすずりの公園へ"のシーン 未練なら最後の舞台を第三劇場にするのに、通過して公園を選ぶ フェーゴがFatal Errorの時、"そのままでは何も変わらない"って言ってるけど、"心に光がある限り"、つまり初めから光を失っていないし、未練も本当は成立しないし、何も変わる必要ない すずりのために舞う時点で自分の行動と無意識は、もう未練も何もないのに、頭がまだ理屈モードのまま、琳は自分に強情です(≧∇≦) 後、ロマノフのキーファへのひたむきの殺意は、琳のすずりのためのひたむきの舞いと比較する事に意味がある ひたむきは力 芸術家はみんなひたむきでエゴになりやすい 電光石火ライドの行動のように一部の視聴者が理解しないかも でも、同じひたむきでも、琳は思考と感性に柔軟性がある 後後、最後の『ただいま』、トーシューズが背景だから少なくともバレエは続く!?
| Zarathustra | 2009/03/31 3:27 AM |
申し訳ございません 関係のない記事をトラックバックで送ってしまいました ご手数ですが削除お願いします
| jomoshi | 2009/04/01 8:04 AM |
Zarathustraさん返信遅くなってすみません。 Zarathustraさんの仰るとおり、琳は確かに思考し悩む人でもありますよね…この作品は、その悩みの過程も随分時間をかけて詳細に描いてもくれていたために…こんなふうに色々と感じ考え推測する楽しみもあったという事でしょうね。 そして…だからこそ、その後に訪れる「あの目」に変化した際の琳が、より強烈な印象を見ている側に与えてくれたんでしょうね。 「ひたむきさ」や「エゴ」の捉え方も興味深く読ませていただきました。 それから最後の『ただいま』の後の…トーシューズの捉え方も、そういう感じ方も確かに出来そうですね^^ 私はあの時、少し違って卒業というか乗り越え次にステップアップした琳を際立たせる為に、あえて映したんだと感じたんですが…その辺はもぅそれぞれが感じたままでいいと思います^^
| テク(管理人) | 2009/04/01 6:39 PM |
jomoshiさんご丁寧にありがとうございます。 TBは了解です!
| テク(管理人) | 2009/04/01 8:32 PM |
最終回なので、この作品にもちょっとだけコメントさせて下さい。私の場合はあまり難しい事は書けないですが…(滝汗 >この回だけでも色々細かい不満点はあったりします… テクさんの不満点がどんなものかはよくわからないですが、私の不満は『琳の一個人の行動が戦局を大きく動かさなかった』という点で、今まで苦しい展開ばかりだったのでカタルシスが弱かったかなって感じました。 でも、フェーゴに乗った琳の魅力は凄いし、彼女の心の迷いと成長をしっかり描いてた点は私も満足できました。 1クールじゃ短いなぁ…できればもう1クールやってほしかったです。
| さと | 2009/04/02 3:32 AM |
さとさんもこの作品も見ておられたんですね^^ コメントありがとうございます! ただただ自分が感じた事を書いてるだけですので、私もそんなに難しい事は分からないですよ(汗) 私の細かな不満点は書くのは、やめておきますが…(汗)さとさんの感じた不満も実は、私の不満点の一つに含まれてます^^; もっと話的にもスケールの大きな展開になる事を期待していましたし…。 だからこの作品は、ことごとく途中で書いた展開の予想も外れましたしね(汗) でも、やっぱりさとさんが言われてるように1クールでは、そういう決着をするには限界があったんでしょうね…。 でも良くも悪くも、とにかく「琳の話」だったんだと考えると、あの爽快感だけで満足もしてるんです^^
| テク(管理人) | 2009/04/02 8:00 AM |
『ライドバック』監督インタビュー http://news.dengeki.com/elem/000/000/144/144868/index-2.html 「RIDEBACK00 〜アリゾナ戦役」 RIDEBACK Blu-ray&DVD 初回限定のブックレットにてノベライズ http://rideback.jugem.jp/
| Zarathustra | 2009/04/10 12:39 AM |
Zarathustraさんいつも情報ありがとうございますm(_ _)m
| テク(管理人) | 2009/04/10 10:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/281
トラックバック
「RIDEBACK-ライドバック-」第12話(終)
12「光の舞台へ」(終)ある思惑のもと、琳にライドバック部隊を差し向けるGGP。迫り来る敵を振り切りながら、どこかへ走り去る琳の姿を、仲間たちはただ見守っていた。そんな中、琳は愛機、フェーゴの本当の魅力の引き出し方を理解しはじめる。そしてついに、彼女の...
| 日々“是”精進! | 2009/03/30 6:39 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS