<< ミチコとハッチン 第21話『狂い咲きラストワルツ』 | main | ミチコとハッチン(最終回) 第22話『ありのままで走れ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
テイルズ オブ ジ アビス 第25話『存在を賭けて』

第25話『存在を賭けて』


うー…泣ける…。この作品は当初から個人的な思い入れが強いせいもあるんだろうけれど…やっぱり敵も含めた殆どの消え逝く者、そして残された者に色んな感情移入をしてしまい哀しくて…力が要りますね(汗)


今回まずはそれぞれの対決ごとに感想です。

■シンクVSアニス
イオンと同じ顔を持つシンクとの戦いはイオンがあんな形で亡くなった今…当然、他のどのメンバーよりもアニスには辛い思いを引き起こす、苦しい対決…それなのに、その上さらに…。


『悪いねイオン様が死んで 出来損ないのレプリカが生き残って』
『せめてイオン様と同じ顔に倒されれば嬉しいだろ ”お前がイオンを殺した”んだから』

と、敢えてアニスの感情を逆なでするかのように痛いところを突いてくるシンク…。


『そうだよ…私だよ…私がイオン様を…だからイオン様が願ったスコアに頼らない、レプリカも安心して暮らせる世界を”私が作る!”』
と、涙を浮かべながらも、自分の心の痛みを押し殺して…それでも前を向き逝ってしまったイオンの為にも力強く言い放つアニス…でも、その痛みをこらえて戦う様子が切なくてさっそく涙腺が緩みそうに…(さすがに早いよ自分…と思いつつ/汗)



でもね…この戦いも一方的にアニスに肩入れ出来る状況じゃないんだよね…。



そのあともシンクは常にシニカルな物言いを続けて…。


『七番目のイオンは甘ちゃんだった。スコアは未来の選択肢の一つに過ぎないと信じて(たけど)結局は星の記憶に抗えなかった。”導師イオンは死ぬ”その星の記憶どおりに死んで逝き…ただの”犬死だった”』
と、イオンを貶す酷い言い方をするんだけどさ…憎たらしくないんだよ…それよりもそれを言い放つシンクが痛々しくて仕方がない…。



しかもスコアが憎いのは
『生かされたから…スコアなんて物がなければボクは愚かしい生を受けずにすんだ』
生まれてきて何一つ得たものはなく…『僕の中は空っぽさ』と言い切るシンク…。

《現実の社会では、実は恵まれてる部分がたくさんあるにも拘らず、そこには目を向けずにただただ全てを境遇のせいにして、恨みごとを言うケースもあると思うけど…シンクの場合は、それとは違うと思うんですよね…》

シンクの場合は…本当に酷い状態で、ある意味…『造られた目的』からすると言い方は悪いけど”出来損ない”だった事は事実なんですよね、そしてその為にゴミのように廃棄された事も事実だからね……。


そんなシンクが、あくまでも自分の存在意義を全く見出せないまま、ここに至るまできてしまい、スコアやこの世界全てに憎しみを向けてしまうとしても…これは、やっぱり責めれないし憎めないよ…それよりも哀しくて仕方がない……。


そして最期の瞬間がまた…
『これでやっと終わる…このくだらない世界から解放されるんだ…』
と言いながら…。

安らぎとは程遠い深い哀しみを湛えたままの笑い声を上げながら今度こそ本当に逝ってしまったシンクが…やはりどこまでも哀しすぎる(ノ_-。)

しかもこの時のアニスの動きが…。
消え去るシンクに駆け寄り、まるで何とか最後に抱きしめてあげようとでもしたかのようなアニスの腕が…空を切ってしまうその様が、どこまでも救いのなかったシンクを象徴するかのようで切なさを増す……。

おまけに僅かなフォニムを手にすくいあげて『本当にアンタには何もなかったの…』と呟く、そのアニスの言葉がまた…深く突き刺さるし…。


■リグレットVSティア
リグレットが
『私は私の感情が星の記憶に踊らされてるなど、絶対に認めない。人の意志は人に委ねられるべきだ』と言いつつも『”閣下が望むなら”世界が滅びる事も厭わない』と語った事に、ティアが反発する。

『それが教官の本心なら私は教官を軽蔑します。人の意志を謳っておきながら、教官には自分の意志がない!』と。

でも逝く間際にリグレットは…。
『ティア!お前は一つだけ間違っている 人は誰かのためでなくては命を賭けられない 少なくとも私はそう思う…私はあの人と、その理想を愛し、そのために死のうと思った…それが私の意志…』と語る。

うーん、これは…好みの問題で語ってしまうとリグレットのようなタイプの考え方をする女性よりも、ティア的な独立した意志を持つ女性の方が個人的には好ましいけど…(汗)


でも、リグレットの言うように『ヴァンと、その理想を愛し…その為に命を賭ける』というのも、間違いなく『意志』がないわけじゃなくて…確かな『意志』には違いないですし、それ自体は一つの生き方ですよね…。

ただ、その愛したヴァンの理想は良いとしても、それを叶える為の方法が歪んでいた為に…リグレットの命を散らす行為が儚くも感じてしまう…。

《はぁ…でも、蛇足かもしれないけど…確か、この人も肉親をスコアどおりの形で亡くしてる為に歪んだ世界を変えたいという理想を持っていたんですよね…》


■アッシュVSルーク(存在を賭け、それぞれの思いをぶつけ合う二人)
アッシュは…居場所も名前も全てを奪われ、ただ懸命に生きるしかなかった…唯一あのナタリアとの約束を心の支えに…。

でも、あの約束を思い出すと今のアッシュの状態を考えると余計に切なさが増すんですけどね(ノ_-。)


《いつか俺たちが大人になったらこの国を変えよう。貴族以外の人間も貧しい思いをしないように、戦争が起こらないように、死ぬまで”一緒に居て”この国を変えよう


一方のルークも…自分が誰なのか分からないまま、閉じ込められ小さな世界で生きてきた…。

でも、今は…支えてくれる仲間と共に積み重ねてきた記憶がある。

だからこそ『もぅ別の存在って事なんだよ』
と言い放つルークに、ハッとするアッシュ…。

アッシュはきっと…自分の全てを奪ったルークには劣ったレプリカとしてではなく、自分と同じほどに強い想いや、自分のやり遂げたかった事の全てを果たせる同等の強さを持つ存在にまで到達して欲しい…そうでなければ自分が奪われたまま消えていくのはあまりに惨め過ぎると…思っていたんだろうね…。

だけど、そうである必要はない…別の存在としてだけど、間違いなく信頼して後を任せられる、自分の願いや想いを託す事のできる存在にまでコイツは成長してる…と気付けた…。


そんなふうにして遂に…ルークを認めたアッシュは…剣をルークに渡しローレライを解放する役目を委ねて、自分は敵兵の足止め役を引き受ける…。

でも
『約束しろ必ず生き残るって!でないと、ナタリアも俺も悲しむからな』というルークの言葉には、声を出せずに『(その約束はできねぇんだよ…)』と心で呟くアッシュが…どうしようもない現実だけに…。

そして全てを受け入れ覚悟し、苛立ちも消えた最後に
『お前らの相手はこのアッシュ…いや”ルーク・フォン・ファブレ”だ!』
と、奪われたかつての本名を名乗るアッシュが最期の輝きのようでホント眩しく感じた……。


■アッシュの最期
そして一人になってから、ようやくここまで引っ張り続けたアッシュの身体の異変の内容が明らかになりましたけど…それは自分自身の生体レプリカ(ルーク)が造られてしまったことの弊害でした…。


  • オリジナルとレプリカの間で、超振動に似たフォニムの干渉が起き、いずれフォニムが爆発し霧散し残った方へと流れ込むという現象のようで…。

    それが起きるまでの時間がもぅ…僅かしか残されていない事による痛みや、苦しみや恐怖にアッシュは一人で耐えていた。

    しかも、結局誰にもそれを告げずに耐え続けてたんだからなぁ…。


ルークに単に物理的な居場所を奪われただけでなく、そのレプリカが作られた事が原因で自分が肉体的にも消えなくてはならない事を知っていた…という、そのアッシュの秘めていた事情を考えると…ホントこれまでのアッシュの苛立ちやルークへの憎しみの全てが…痛々しくて哀しすぎて、あの態度も見ているのが辛くて仕方なくなるような言動だったんですよ……。


でもここにきて幾ら、託せる!とルークを認めれたとはいえ…。
『今なぜか気分はいい…俺には残せるものがある』
と言えるアッシュが凄いよ…。

いや…もぅ、そういう心境に至るまでトコトン苦しみぬいた事の証なのかも知れないけど…。

でも、アッシュの命は爆発が来るよりも前に尽きてしまう。再びアッシュに痛みが襲った…その隙をつかれて…串刺しになる事で…。

『聞こえるかレプリカ…後はたの…(む)』と言い残して息絶えるアッシュの姿が…。

いやもぅ…なんかね…ここはもぅたまらない…。



■残された者に出来る事
そしてその瞬間、アッシュの最期の声が聞こえただけでなく、アッシュのフォニムが流れ込みアッシュの存在を感じたルークは…アッシュが逝ったことを知る。

ここはルークもだけど…やっぱり、ナタリアの悲しみが辛く哀しい…ですよね…。
結局、お互いがお互いを想い続けていたのに、一緒にいられた時間はほんの僅かで…。

ここ最近も心配し続け…不安に想い続けていたのに…ナタリアにしたら何も出来ないまま…。

それでも、そんな時だからこそジェイドの言葉が重いです…。

『立ちなさい!ナタリア!ここで座り込んで世界が滅亡するのをただ黙って見ているつもりですか!それがアッシュの望みだと!』

うん…厳しいけど…あの『約束』を守る為にも、ここは立ち上がるしかないですからね…。

泣き崩れながらも、その一言で立ち上がり…最後まで戦おうとするナタリアもまた見事だよ。

アッシュの心…アッシュの想いと共に…負けられない最後の戦い!

来週はいよいよラストです…。


26話の感想はここ


24話の感想はここ


| 08秋冬・テイルズオブジアビス | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
あの… あたしの所の地区でわ 日曜の深夜2:45〜 なんで結局 テイルズわ 終わってしまったのでしょうか…?[E:sweat01]
| 林檎 | 2009/03/22 1:52 AM |
林檎さんスミマセン(汗) もう1話あります!26話まででした^^;
| テク(管理人) | 2009/03/22 2:44 AM |
こんにちはっ …案の定見られませんでした…orz 実は、私も普段林檎様と同じ時間に(事情あってワンセグで)録画しているのですが、今日は諸事情で他県に居て、上手く録画出来なかったんです…(泣) 色々な手段は尽くしてみたのですが…駄目でした(T_T) しかも、前回の予告からシンクが出ること、テク様のお返事から必見の回だと分かっていただけに…(ノ△T) 重要人物が三人も一気に亡くなってしまうなんて…。 しかも、何故かシンクがメインで出る回(今回はメインはきっとアッシュなのでサブに近いですが;)は毎回見逃すんですよね…orz せめて最期は見届けたかったです…(ρ_;) でも、テク様の感想を拝見して、大まかな流れはつかめたように思います…+ さらに見てみたくなりました^^; バンダイチャンネル(?)で火曜日から一週間無料配信しているんですよね+ …でも、どうすれば受信出来るのか分からなくて(>_<) もしご存知でしたら、教えて頂けると嬉しいです…v では、長文・乱文失礼致しましたっ
| Waltz | 2009/03/22 1:38 PM |
Waltzさんコメントありがとうございます。 そか…見れなかったんですね、うーん残念でしたね>< そうなんですよね…終盤はもぅ毎週誰かが亡くなってるんですが、今週は一気に魅力的なキャラたちが…orz シンクの最期のシーンもそうですが…シンクが好きならきっと今回のシンクの戦闘も美しく感じられると思いますよ! バンダイチャンネルで見るなら多分何週か遅れた形にはなるんですよねぇ…無料では確かに見れますが! 受信の方法はサイトに繋げれば、方法がわりと丁寧に説明されてますよ^^ パソコンからならhttp://www.b-ch.com/ 携帯からならhttp://m.b-ch.comです。 他にも…方法はあるんですが、お勧めはできないですし^^;
| テク(管理人) | 2009/03/22 10:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/271
トラックバック
テイルズオブジアビス 第25話「存在を賭けて」
対六神将。世界はどちらの想いを取るのか。時間短縮のため、リグレットとシンクはセットで登場。そりゃないよ・・・。けど、それぞれ縁のある者同士のサシの勝負は戦いの精神として則って良かったです。戦闘後半は、全員乱戦したので戦いの精神崩壊\(^o^)/■ティア対リ....
| Boundaryline | 2009/03/21 9:49 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS