<< 続 夏目友人帳 第11話「呪術師の会」 | main | 黒執事 第23話「その執事、炎上」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
VIPER'S CREEDヴァイパーズ・クリード 第11話「真実-truth-」

第11話「真実-truth-」


まさに死のバトン…あの陰謀の証拠を収めたディスクを受け取り引き継ぐたびに、手に取ったブレードマンは確実に死んでいく(汗)
しかも、皆一様に死を覚悟し、仲間を逃すための時間稼ぎのような形で一人留まり最期を迎えてしまう…。

それだけ敵が大きすぎて絶体絶命の状況ともいえますが…実はそういう状況よりも、印象に残るのはそれぞれが見せる死に際の笑顔かな…。

きっとブレードマン自体が戦いの連続の人生を過ごすうちに、心の中のどこかに「死に場所」を探して生きてきた部分があるんでしょうね。
だから、今回の状況の中で『仲間の為に死ねる』そんな状況を見出し、あっさりと生に執着する事無く笑顔で死を選び…去っていく。そんな死に方です。

…特にルドラなんてのはその最たる例でしたしね。

反撃自体はきっとサイキが電話をしていた軟禁中のハルキの父の協力で、何とか達成されるのではないかと思いますが、この流れでサイキだけが助かるとは到底思えず…サクラコは生き残るとしてもユニット・ヴァイパーのブレードマンは全滅するのは間違いない気が…します…。



■陰謀の全貌
今回のタイトルになってる明らかになった真実の方は、陰謀の全貌でした。
テレジア監査官は計画の発案者ではあったようですが、独断ではなく本社や軍も了承した上で進められていた大掛かりな計画でした。
しかも、予想以上に長期的な陰謀…。


  • その内容も…
    アゲハによってコントロール出来るようになった無人兵器で街を襲わせ、市民の間に『恐怖』を植え込み、不安を取り除いてくれる存在が必要だと思い込ませるための自作自演を当初から続けていた模様。

    それなのに…市民がやっぱり軍が必要だと思わせる以前に暫定的な役割を持たせようとしたブレードマンたちの中の、ヴァイパーチームが彼らが当初目論んだ予想以上に、ことごとく処理したために、無人兵器への怖れや不安を拡大させる事が出来なかった。

    そこで、今回の大芝居を打って邪魔になったユニット・ヴァイパーをスケープゴートに仕立て上げたという…まぁなんとも汚い計画でした。


だけど、これだけ長期的な企みを立て、容赦ない計画の遂行を実施している割には…支社長を即座に殺さず、しかも外部との連絡を取れる手段を取り上げずに軟禁しているだけとは何たるツメの甘さ…とも思ってしまいますけどね(苦笑)

さて予告でどうやらユニット・ヴァイパーたちがこの街の「伝説」になると語られていた、その結末をしっかり見届けたいと思いますが…この感じだと来週で終わりなんでしょうか?それとも、もぅ少しあるんでしょうか…。

まだ…分からない点も残されてますよね。
テレジアの様子にはウラを見る目に、異性を意識する様子が窺えますが…ウラの方がどんな過去を抱えていて、何故テレジアと組むことになったのか…アゲハとの関係は一体何なのか…それらは、まだはっきり見えてこないです…。

それに未だにアゲハ自身の事も、よく見えてこないので…どうにも自分はアゲハの事が理解できなくて…今回ショックで言葉を失ってると言われてもイマイチ感情移入しにくいんですよねぇ…。

でも、こうした点はもし次で終わりなら…それほど深く掘り下げて描かれるのは期待できないのかな…。


12話の感想はここ


10話の感想はここ


| 09冬・VIPER'S CREED | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
こんばんはです。 どこかで情報を見たような気がするので全12話だと思うのですけど(違う可能性もアリ/汗)、前半が微妙だと思ってしまった自分にとっては、ここのところの面白い展開は嬉しい限りです。 >深く掘り下げて描かれるのは期待できない これは確かにそうかもしれませんね(´-`;) ある程度脳内で補完という形が濃厚です。 もうあとは、それなりに納得の出来る結末を迎えてくれるかどうかだと思いました。 >全滅 どう考えてもしそうですね(;´Д`) はたしてこの予想を裏切ってくれるのか、どう落としてくれるのか、次回がかなり気になってます。 ではでは。
| Chel | 2009/03/18 7:00 PM |
Chelさんコメントありがとうございます。 情報ありがとうございます^^予告の感じからすると次で終わりそうでしたが、全く情報を知らなかったので。 後半は確かに見応えのある部分も出てて、Chelさんが書かれていたように以前に出て来てたエピソードやキャラが活かされてますよね。 ただやはり、個人的にはあと一歩感情移入しきれない部分も残ってしまってるのが残念なんですが(汗) 結末はそうですね。どんな落としどころになるのか楽しみにしたいと思います。
| テク(管理人) | 2009/03/19 12:13 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/266
トラックバック
VIPER'S CREED ヴァイパーズ・クリード 第11話 「真実 -truth-」 感想
 今回も面白かったです。 それにしてもこうも次々と逝きますか。ちょっとハードちっくな雰囲気はキャラデザインだけではなかったのでした。
| Little Colors | 2009/03/18 6:44 PM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS