<< VIPER'S CREEDヴァイパーズ・クリード 第7話「騒乱-riot-」 | main | RIDEBACK-ライドバック- 第7話『罪と×(バツ)』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
テイルズ オブ ジ アビス 第21話「古の塔」

第21話「古の塔」



アッシュが…ルークが…。見ているのが辛くなる不吉な空気が全体的に流れてる回でしたね。というか、ここ最近終盤に入ってからは…ずっと見ているのが辛くなるような回の連続ですが…。


さっそく詳細感想です。
■アバン
障気が漏れ出し、草木や動物が死に絶え始めてる様子の世界…かなりヤバそうです。

アリエッタの死を侮辱するディストに対して『自分の心に正直に生き、死んだ者に対する侮辱は許さん』と怒りを向けるラルゴ…。
先週アリエッタに感情移入して見た者としても、このラルゴの発言には同意…ディストも嫌いではないんだが…死んだアリエッタに向けるあの言葉は駄目過ぎる(-_- )


ところで…あれ?…シンク生きてた?!
(細かい部分はかなり忘れてるのは自覚してたけど、こんな大きな事を忘れてたとは/汗)
でも生きてたからといって…あの時書いたあまりに哀しい人生というのは変わらないんだけど…ね。

そのシンクに『今更…決心が鈍っていないだろうね』と言われたラルゴは、胸のペンダントを失くした事に気付きショックを受けたかのような場面も…。

このあたりの話はまぁ誰が見ても多分結果はバレバレなんですけど…双方の感情の動きは注目すべき哀しいものがあるからねぇ、回収されそうな再来週の描かれ方が期待です。



さて今回はなんといっても…アッシュとルークですが…。
■まずはルークの側から…。
わざわざアッシュを屋敷に来るように呼び寄せ、両親と再会させるように取り計らうルークは「ここはお前(アッシュ)の家で…ここに居るべきなのは…」と語り…どこか、居場所を譲ろうとするかのようなルーク…。


ジェイドが心配しているようにルークにとっては『自分の居場所が無くなる事をとても怖れ…自分の存在意義を見つける事は…切実な問題』
そんな中で、アッシュを気遣い両親と会えるように取り計らったこの行為はルークにとっては辛い選択だっただろうけど、良くやったと思う。
勿論、後で書きますが複雑な思いを抱えるアッシュからすると、ありがた迷惑的な気遣いの方法でもあったとは思うけど「時間がない」としきりに繰り返すアッシュにとって結果的に両親に会えて、話せて…良かったと思いたい…かな。

それから、別れ際に両親が語った『二人無事に帰ってきてください。待っていますよ』と語った母親…二人のルークをここにきて完全に受け止めている両親やルークの胸の内を思うと、そうなれば本当にいいんですが………。

ところでジェイドが言うように「その他の多くのレプリカも…闇雲にモースや六神将に従うのはそうする事でしか自分の存在の価値を見出す事が出来ないからでしょう」というのも重い言葉ですね。
ルークも他のレプリカも果たして、自分の価値を見出すためにどんな選択をこの後するのか……。



■一方のアッシュ…。
アッシュとしては、譲ろうとするかのようなルークの気持ちは理解できても…彼の抱えてる問題を思うと…逆にその気遣いこそが余計にどうしようもなく辛くなってしまったり、苛立たしくなってしまう部分もあるんだと思うんですよね…。


今の状況下で『ここに居るべきなのは…』なんて言われても遅いというか…。
だからこそ、真実が両親に知られてからも自宅に近寄ろうとはしなかったんだろうと思うし…そのアッシュの心中の決意というか…哀しみは複雑で…見ていて辛いです。

ずっと引っ張り続けてきた伏線もここにきて遂に…。
ジェイドが『身体に異変はありませんか?』と聞くレベルにまで達してるし…。

上で(結果的に両親に会えて、話せて…良かったと思いたい…かな)とは書いたものの、やっぱり両親の語った『今こうして帰ってきてくれたことが何より嬉しい』との言葉は、今のアッシュにとって嬉しい反面堪える…辛い言葉でもあるだろうなぁ…と(ノ_-。)



■世界中に充満し始めた障気で人々が死に絶えるのを防ぐ方法とは…。
セブンスフォニムの素養のある人間たち一万人の犠牲と、なおかつルークかアッシュの超振動とその超振動を放つ者自身の犠牲(死)が必要だった。


自分の存在意義を賭け『俺が…』と自分を「犠牲」にする事への思いが頭をよぎるルークに気付いたティアがすかさず…『バカな事を考えてるんじゃないでしょうね!自分の命を簡単に投げ捨てるような真似をするつもり!』と叱り…他のメンバーもその考えを否定しようとするが……。

それを聞いていたアッシュの方は一足先にその方法を実行すべく…セブンスフォニムで出来たレプリカたちが大量に向かうレムの塔へ飛んでいた…。

自分の震える手を、自分で必死に押さえようとしてるナタリアの様子が見ていられないというか…辛いです(ノ_-。)

来週は「消えゆく者」か…来週どこまで進むのか分からないけれど…いずれにしても、また見るのがかなり辛そうです…。


22話の感想はここ


20話の感想はここ


| 08秋冬・テイルズオブジアビス | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/242
トラックバック
テイルズオブジアビス 第21話「古の塔」
レプリカの存在意義。ルークとアッシュ、レプリカとオリジナル。この二人の関係が強調されている回です。見ているこっちとしてはどっちも幸せの道を歩んで欲しい訳ですが・・・。人生、そう上手くいくはずもありません。前回、雪山で拾ったロケットペンダントを陛下に見せ...
| Boundaryline | 2009/02/21 11:28 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS