<< 続 夏目友人帳 第7話「呼んではならぬ」 | main | VIPER'S CREEDヴァイパーズ・クリード 第7話「騒乱-riot-」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜第7話「常春の館」

第7話『常春の館』



それぞれの複雑で切ない想いが細かく描かれ、見応えのある回でした。とりわけ、ジルたちの背中を押すかのように送り出し見送るアーメイの目…葛藤を増す心を抑えきれないファティナの目、さらには感情を偽りきれないヘナロ(ヘカテ)の目が凄く印象に残りました…。

さて1話でニーバとカーヤを館内から見送った赤髪の女性はやはりアーメイ…。どうやらこのフロアは「2度と会えないけど、会いたい人と会うための場所」らしい…。
人が生きていれば、殆どの場合再び会いたい人が出来てくるもので、ギルガメスの心象世界内にこうした場所が出来るのは必然かもしれないですね…。

けれどこの死者たちは、ただの幻かといえばそうとも言い切れないですよね…。
いえ、幻は幻なんですけど…アーメイもカリーもパズズも副官の姉もそれぞれ、単に会いたい側の望む言動をするだけの文字通り掻き消えるだけの夢想の存在ではなく、自己の記憶も何らかの意志も持ち合わせており、少なくとも『この塔内』においては紛れもなく実在する存在…。
それゆえに今回の話は奥が深く、切なく見応えがありました。


それぞれ幾つかの立場に分けて、詳細感想です。
■まずはアーメイから
このフロア以上には動けず、カーヤの時もジルたちの時もただ送り出すしか出来ないアーメイ。


どこか、寂しげな様子と諦念の感を同時に見せつつも…変わらずジルやカーヤを気にかけ心配し、1期同様に彼らの背を温かく押すかのように送り出すアーメイ。
アーメイの人間としての大きさをあらためて感じましたし、アーメイの表情を見ているだけで何ともいえない気持ちに…。

特に最後の『どうにもならないことなんだ…この私は幻なんだから』との言葉が幻とはいえ自己を持つがゆえに、アーメイの心の中の…共に先に進めない事への無念や、切なさをも感じ取れて、その哀しげな表情と相まって本当に切なかった…。

しかも、唯一塔頂者としての経験のあったアーメイがジルたちに教えた…手信号を用いて『先に進め』と送り出すその演出も…彼女がジルに残した多くのもの、新たに託す想いを伝える上手い演出でした。



■ジルたちメンバーは
死んだはずのアーメイやカリーに会えた嬉しさで、戸惑いつつも出会えた嬉しさを楽しむ一向…。


そして、次の扉を開く鍵を見つけてもそれを隠すウトゥを筆頭に、前途に待ち受ける出来事への葛藤も手伝って徐々に、先に進む意欲を失っていく仲間たち。

先に進みたくなくなるのが、理解出来るほどの穏やかさや懐かしさ楽しさが伝わると同時に…最後にクーパが『最初からみんな分かってた…それでも…』と泣いたように…どこか、脆く短い空間である事が伝わってきて…この時間を壊したくないと…の思いも感じる、不思議な時を描ききれていて、この部分もかなり見応えがあった気がする……。



■そんな中でジルとファティナは
前に進むのを躊躇しようとする一行の中でジルだけは終始前に進む事を目指し『ここに居たら追いつけないんだ。カーヤにもニーバにもアーメイにも』と語る。
確かにね…これは至極正論だとは思うし、前を見つめたイイ発言で、アーメイの意志をも汲み取り、アーメイが遺してくれた多くのものを無駄にしない発言だとは思うんだけど…。

一方で、ジルだけが前を見つめた強い意志を見せれた背景の一つには…当然カーヤへの強い想いが大きく影響を与えているだろう事も見えるわけで……^^;
ファティナが不幸な結末を迎えそうで気が気でない自分としては…複雑な思いにも駆られるジルの前向きさなんだよなぁ…(汗)


おまけに、アーメイも元々カーヤと最も長く一緒にいたわけで…。
カーヤのバンダナをジルの頭に結び『ジル、カーヤを助けてやってくれ!あの子は無理をしている』とまで言ってくれちまったよ…(汗)

もちろん、カーヤが無理をして裏切った事も、前に進み続けている今も痛々しい程無理をしてるのは理解できるんだけど…。
そんなアーメイとジルの様子を見守る、ファティナの複雑な心中を察すると…なぁ…カーヤのほうが痛々しさを出しやすい雰囲気を持ってるけど…ファティナも相当無理をして前に前に進んでると思うだけに辛いものがある…^^;
なんか本当に報われない感が…。



■ヘナロ(ヘカテ)
ヘナロの本名はヘカテ(あるいはヘカテー?)…。神話に出てくる色んな作品でも割と良く使われる、聞き慣れた名が本名でしたね…。多分、意味も持たせてるんでしょうが……。
そして、パズズの娘で、その目的もはっきりと判明。


彼女は、アミナの意志により(ギルガメスはウルク国にとって不可欠との例の考えから)影ギルガメスを守るために4騎士の回収を命じられてやってきたらしい…。

先週1回感想を休みましたが、5話の追記の形で、6話でのヘナロの様子は4騎士を制御しようとしてたのかな…と書いたんですが…どうやら今回、その制御は無理な事が判明したようで…。

こうなった以上は、黒ギルガメスを殺そうとしてるカーヤはもちろん、それに組する可能性のあるジルたちをも殺すしかないと語るパズズ…。ヘナロの気持ち的にはそうはしたくないようですが…立場的には苦しい立場で、今後ジルたちとどうなっていくのか…。

その上、どうやら父のパズズとは母親を巻き込んだ複雑な過去がありそうですね…。
しかも、ボウガンの矢を幻の父親に向けましたが…そもそもここは『会いたい人』と会える場所なわけだし…ねぇ。
ヘナロの今後の行動は複雑な葛藤と共に描かれていくだろうし、もしかするとファティナの複雑な胸中と絡みながら、かなり哀しい展開もありえるかもと、予想してしまった……。
とにかくヘナロには最初から、注目はしてましたが今後も目を放せないです…。



■ウラーゴンと副官と、4騎士の一人マイト

『心の底から大切な人いる?…誰も愛さない人は、誰からも愛されないのよ』と副官の死んだ姉から言われてしまったウラーゴン…。

今回はあんなウラーゴンにも、人としての温かな部分も持ち合わせてはいる事や、彼の抱える孤独、疲れなども描かれて…どうやら、この人も頂上に着く頃までには『大切な人』が…いや「人」かどうかは…分からないいけど出来そうではあるかな…。
でもまさか、あの暴走し狂気に満ちた騎士の一人マイトとこのウラーゴンが二人きりで登り続ける事になるとは全く予想できなかったなぁ(汗)
(しかも、副官がここで終わりとも考えにくい気も…)

しかも、このマイトが1期で目覚めた際に…最初に見たのがカリーだった為に鳥の『刷り込み』同様、親(ママ)として認識しその命令を従う事が、マイトの優先事項の最上位になったようですけど……。
でも、ただ最初に見たからという…それだけだろうか…。

元々カリーにも何か謎があったのだろうか…。
そもそも、カリーの幻がマイトに『(…)を守ってくれ』と言いいましたけど…。
あれは…誰かまだ偽名を使って、塔頂をしてる人がいるのか…それとも、人名ではない何かなのか…?

もっと素朴な疑問としてカリーの、そもそもの塔頂目的は一体なんだったのかにも…何か意味がありそうな……。

あるいは、発想を変えると…そもそもジルたちの前に現れたカリーの幻とマイトの前のカリーが同一なのかどうかも疑問に思おうとすれば出来るわけで…例えば、サキュバスあたりなら幾らでも姿を変えれるわけですしね…。


うーーーん。とにかく、今回は切なく見応えがあっただけでなく、新たな謎も出てきて…やっぱり面白いですね。

それに来週はジルたちが遂に、再会するようですし…本当に益々見逃せないですね。


8話の感想はここ


5話の感想はここ


| 09冬・ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜_ | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
>カリーの幻がマイトに『(…)を守ってくれ』と言いいましたけど…。 自分も気になって聞き直してみたところ、『(みんな)を守ってくれ』という風に聞こえました。 単純にマイトが刷り込みによって仲間?になったという感じでいいのではないでしょうか。
| mori | 2009/02/21 9:03 AM |
moriさんコメントありがとうございます! そうですね!私も他のブログで気付きました(汗) そうなると、仰るとおり深読みの必要はないかもしれません…^^ ご指摘ありがとうございます。
| テク(管理人) | 2009/02/21 10:03 AM |
初めましてソラと言います[E:happy01]今回のお話はとても良かったです。ウラーゴンはただのヘタレだと思ってましたが、一気に株が上がりました[E:up] 私もファティナを応援してますが、ストーリーが進むにつれ、ジルの事本気なんだぁって感じました。でもジルはカーヤ…ファティナを見ていると胸が痛みます[E:bearing]ファティナファンの一人として彼女の活躍に注目しつつ、最後は幸せになれるように応援していきたいです[E:happy02]
| ソラ | 2009/02/21 9:44 PM |
ソラさん初めましてコメントありがとうございます! 今回のお話は自分もホント良かったと思います。見応えがありましたよね。そしてウラーゴンはそうですね、今後の人間らしい活躍?!に注目したくなりましたね^^ ファティナは見てるだけで辛くなりますよねぇ…ジルの方は完全にカーヤですもんねぇ>< 私も幸せになっては欲しいんですが…^^;
| テク(管理人) | 2009/02/22 12:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/240
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS