<< RIDEBACK-ライドバック-第1話「深紅の鉄馬」第2話「珠代上等!?S.L.F」〜スプレッド・レッグス・フォーム | main | VIPER'S CREEDヴァイパーズ・クリード 第3話「銃声-shot-」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
続 夏目友人帳 第3話「妖退治 湯けむり行」

第3話「妖退治 湯けむり行」


今回はこの作品にしては珍しいタイプの妖が登場するお話です。でもそれだけでは終わらない素晴らしさ…。



■本来は人ならざるものには非常に多いタイプ。

人間に敵意や怨念を持ち、表面上は光のもの、そう悪いものではない。と…狡猾に思わせ隙あらば取り込んでしまおう、喰らってしまおうとするのは悪魔でも怨霊でも神と名乗るものにも本来非常に多い…。

ただし、そんな人間に仇なす存在を登場させつつも、それだけで終わらせないのが夏目友人帳だよなぁ…と、つくづく感じました。

人だろうが、人ならぬものだろうが悪意を持つものは存在する。
でも相手に左右されずどう在るべきなのか…。
築けた絆がもたらす温もりのよさがどんなものか…。
抱える心の痛みがどれだけ深くても、それはいつか癒して乗り越えていけるのかといった…本当に色んな事を考えさせる深いお話だったと思います…。



■でも…まずはキラキラ兄さん名取周一と夏目のお忍び旅行
一応ツッコムべきですかね(汗)
なぜか夏目はキラキラ兄さんにペアの温泉旅行が当たったと誘われニャンコ先生を伴い、二人と一匹の一泊二日の温泉旅行が始まる。
いやぁー…夏目は『同じ風景が見える友人はキミだけだよ』
という言葉に魅かれて行く事に決めたわけですが(純粋に初めての旅行というのも、嬉しかったんだろうしね)…でもさぁー、やっぱこの組み合わせの温泉旅行は何故か…とっても怪しく映る!(・oノ)ノ
キラキラしすぎてるからだろうか…。

1期を見ていない人のことも考えて名取の痣のことに思いを馳せながら…「おそらく名取さんは妖を恨んでいる」と深刻に考えてるのに…。
突然『目のやり場に困る』

って…別に男同士なら困らんだろうが?ヾ( ̄0 ̄;ノ
多分狙い通りツッコまされて負けた気がする……。


本筋は
■二人は共に嘘をつく者
互いに近い境遇にいて相手の気持ちが分かるからこそ…気になる存在。
本当に友になれるかも、そうなりたいと願ってはいる。
でも、お互い黙っている事や秘密にしている事がたくさんあり…無意識、意図的かは問わずに嘘をつき続ける二人。
その中にはもちろん相手を気遣うが故の嘘もあるんだけど…。

今回は名取の方に特に濃厚に『嘘をつく者』としての傾向が表れていたように感じたものの…夏目もそれは同じで、それに気付いているからこそ名取は背を向けたまま心からの言葉を
『でも 嘘をつくのに疲れたら私のところにおいで』
ここは当然、純粋に出てる言葉だとは分かりつつも…男同士の友情でこの優しさの示しされ方をしたら…多分自分なら逃げ出すと思う。すみません(汗)

でも、夏目の夢は本当に哀しい…。
(妖怪を見るせいで小さいころから嘘つきだと言われ続けてきた夏目…多分それは名取も同じ。嘘など本来は全くついてなどいなかったのに…

でも、そう言われないために逆に嘘ばかりつくようになった二人…。見えているのに見えていないと嘘をつき、哀しいのに嘘の笑顔でごまかし…。
そうやって二人はあまりにも多くの嘘をつきすぎて来た。
だから、今では信頼できる大切な人が目の前に表れているのに…その人達に本当の事をすべて話して『嘘つき』と言われてしまうのが怖い…。

そのために余計に最近では「あの頃」の夢を見るようになってる夏目…。

そしてそんな、夢を見ながら涙が溢れ出ている夏目と、それを痛いほど理解しながら見つめる名取が共に痛々しい……。

ただし、最後には『人を騙すのが癖になっていた…ちゃんと話せばよかった。ごめん夏目』と正直に謝れたし、夏目も『いつの間にか嘘をつき慣れてしまったんだ』とちゃんと、その気持ちが理解できてるわけだから…この二人はきっと少しづついい友人になっていけますよね。

ただし、伏線?!別の祓い師というのは…1期のラストに出てたいかにも怪しい会合のメンバーなんでしょうか。何か、今後の展開に関わってきそうなあのシーンが忘れられないんですが…。


■三ッ目の妖怪
冒頭の場面をどう繋げるつもりなのかと思っていたら。そうか、これ自体はよくある恩返しのお話なんですね。でもこの作品が好きなので贔屓目かも知れないですが、よくあるお決まりの話なのに、それでも素晴らしいと感じてしまう。
小さな水溜りで立ち往生している小さな小さな妖たち…。


普通なら見て見ぬふりをしてしまっても当然の光景…。
簡単に迂回する事が出来る水溜りなんだから(笑)

普段の景色の中であんな光景を、人間がしていたらきっと『バカか。迂回すれば済むだろうが!』と失笑するだけかもしれない…。あるいは、気にも止めないかな…。

もちろん、今回の場合は見た目が小さくて可愛いので自分でも気になり眺め、助けたくもなるかもしれないが…。

でも夏目は見かけがどんなものであろうがいつも、ほっておけない…。
一応『回って通ればいいのに』とツッコミつつも、その表情は滅茶苦茶あったかい顔をしてるんだよ夏目は(笑)

で、この場面の『あの大きさ…』といった瞬間、見ていて嫌な予感がしたら…やはり髑髏が入ってた(苦笑)

でも、夏目本人も言ってたようにこんな小さな優しさ「少し手助けしただけなのに…律儀に…」夏目に感謝したその髑髏の主が今回の夏目の危機を救う事になるとはね…。

でも、こんなふうに救われる事になったのは決して相手が大物だなどとは思わずに、ちょっと困っていた妖を純粋に助けてあげていた夏目だからこそ!
そんなふうに夏目が絶えず優しさを示し続けてるからこそ!なんだよなぁ。
『だって 見えてしまうから 泣いていたり 困っていたり そしてそれらは裏切ったり恩を返したり』
優しさを示して裏切られる事は、人間相手だろうが妖だろうが変わらずに起こり得る。
甘さは命取りになるのも人間相手でも同じ。
だから優しさは示さない!甘くならない!泣いてる姿も困ってる声も耳を貸さない!聞こえないフリをする、見えないフリをする…そうやってまったく優しさを示さない事で仮に『甘さ』がなくてもそれは本当に強いわけではない…。

夏目を見てるとそれは感じるよなぁ……まぁ、実際は甘さとのバランスが難しいんだけどね(苦笑)

それにしても、個人的にはまたも夏目とは違うと言われてしまったレイコがどんな人だったのか…決して『甘くはなかった』レイコの抱えてた、夏目貴志よりもはるかに深い心の傷や寂しさや哀しさを感じてしまって、どうしてもレイコの方ももっと知りたくなるんだよなぁ…_| ̄|○


■柊
この妖やっぱり好きです!
主(名取)の本当の気持ちを、名取が会計を済ましてる間にそっと教えてくれる柊にほっこりさせられました。

『主様は封印されているはずの妖を確認に来ただけだよ。せっかくの機会だからお前と話でもしたかったんだろう』

もちろん名取は結果として巻き込む可能性も、どこかで利用してしまう事になるかもしれないことも心の片隅では十分承知していたと思う。
でも本心の根っこの部分はただ夏目と話したかった…同じ景色、似たような境遇、嘘が癖になってしまってる者同士として…。

これを名取のために、そして夏目の為にも語る柊少しぶっきらぼうな話し方と、その心根…。
今までも見せてきたように明らかに不器用そうな柊が見せてくれる、こんなちょっとした優しさや温かさが表れた場面に…すごく温かい気持ちにさせられました。

そして、考えてみれば妖たちがそういう優しさを示すのは元々持ってる妖の心の純粋さと同時に、大抵夏目友人帳の話の場合は小さな小さな人間の側のさりげない行為に対する感謝の心が発端になってたりしますよね。

人間の側は忘れてさえいるような、ささいな行為を忘れずに健気さを示す妖たち…。

そして夏目は上でも書いたようにいつも、そんな自分ではおそらく忘れてしまうだろうさりげなさで、いつも自然に優しさを示している。
このシーンは…男でも危うく惚れそうになるぐらいのさりげない優しさ(笑)


『悪かったなよく拭かないと風邪を引いてしまう』
「ほっといてかまわないよ。妖怪は風邪なんか引かない」
『あーそうか、良かった(笑)』
本当に心から自然に出てくる優しさなんだよなぁ…。

この時、柊に仮面があったのが残念です。
でも、きっと柊はその仮面の下で『自分はこんな事で風邪など引きはしないのに…何故こんなにも、この人の子は優しいのだ温かいのだ…』と戸惑いつつも、照れながらひどく嬉しそうな顔をしていたに違いない…と想像しました(苦笑)

もちろん、柊は名取命の健気な妖ですけど、夏目のこういう優しさに触れて嬉しくない筈はないよなぁ。
とにかく、なんか書きすぎてますけど…このシーンも嬉しくなるような心温まるシーンだったんですよね…自分的には^^;

まぁビシャビシャにしたのは夏目何だけどね(汗)
それに、夏目と柊の場合には既に関係が出来上がってるというか夏目に一度世話になっていることは決して忘れないだろう柊だから、このシーンがなくても話してくれたと思いますが。



さて、ほとんど触れる余裕がないですが
もちろん今週もしっかりニャンコ先生のブサ可愛い癒しも見せつけてくれましたよねw


『パトロールだパトロールだ』と嘘ばかりつく先生に呆れ(´д`)

『毎度胡散臭い男だな』と言ってたくせに、温泉と知って急に態度を変えて『なにぃー行くぞー たまごたまご 温泉たまご♪』と手のひらを返す現金な所に笑わされ(笑)

夏目の横でなんとも気持ちよさそうに眠る先生に癒され(´ー`)

温泉に浮かぶブタ猫の怒りっぷりやら…刺身追加でキランキランになる姿やら…夏目の肩に乗る相変わらずの何ともいえんその尻やら、腹を押さえつけられ悶絶する姿などなど…挙げていけばきりがない(´ー`)

それから実は名取のバラ攻撃に蕩けた塔子さん……じゃなくて、普段遠慮してるばかりの夏目が温泉旅行に行くと言い出して、心底嬉しそうに夏目の頬を撫でてあげた塔子さんにも癒された(´ー`)

さて最後には、いつものように夏目の語りが入りましたが…。
『話したいことが一杯ある(のに)うまくいかない。でも、いつか話そう きっと話そう本当の心を知って欲しい人たちに』と語る夏目…。
今回もスミエ、三つ目の妖怪、柊などの妖たちと名取との係わり合いを通してまた一歩前進した夏目でした。

今回は泣かせるほどではないかもしれませんが、やっぱりいいお話でした。
癒しも、笑いも補給できて自分は満足(笑)

ただ又長すぎて読みにくくてスミマセン。

また来週です。


4話の感想はここ


1&2話の感想はここ


| 09冬・続 夏目友人帳 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。 今回は、きっと腐女子向けだなんだといわれるのだろうなと不安に思いながらも、レビューサイトを回ってしまう、夏目友人帳ファンなのですが。 テクさんの記事がとても嬉しく読めたのでコメントさせていただきます。 今回、名取と温泉という確かにそう見られても仕方ない要素がありつつも、テクさんのおっしゃるように、全体の流れからいって割と重要なお話なんですよね。惑わされずに見てくださっていて、こういうかたもいるのだなと、変な話ですがホッとしました。 そして、いつもしっかりと見て鋭くも温かい考察をされているテクさんならではだなととても楽しく読めました。 色んな考えの人がいて、妖怪がいて、それに振り回されずに自分を律する。強く優しく生きるというのはとても難しいけれど、かくありたいとも思います。バランスが難しいですが、本当に! 良いレビューありがとうございました。
| マイラ | 2009/01/20 10:26 AM |
今日和。 久しぶりのキラキラお兄さん・名取(笑)ですね。 あの人の「きらめいててご免」は最強のセリフだと思います。 関係ないですが。 やっぱりあの夏目が夢で涙するシーンは哀しいですよね。嘘をついてて申し訳ないって気持ちと、本当の事を言えない辛さが相俟ってて…。 しかし、塔子さんに言われるのを怖れるのは分かりますが、友達じゃなくて名取の方ですか、夏目…(笑)同じものが見えるが故、ですかね? それから柊。「女学生じゃあるまいし」ってツッコミが…。まぁ、夏目は確かに女学生に見えなくも無いですが(爆) 動画を探して見たい気もしますが、我慢して放送日まで待つことにします(笑)うー…、先は長い。
| 庚月 | 2009/01/20 5:03 PM |
マイラさん初めまして^^コメントありがとうございます。 しかもたくさん誉め言葉まで頂いて(汗) 自分ではいつも自分の文章に不安を感じながら書いているので…こんなにたくさん誉め言葉を頂いてよいものだろうかと恐縮してしまいますが、マイラさんのように言って頂ける方がいるんだと思うと凄く勇気づけられ嬉しくなります。ありがとうございますm(_ _)m 夏目友人帳と言う作品は楽しみどころが本当にたっぷりで、もぅひたすら目で見てるだけでも十分色んな楽しみを味わえると思ってるんですが…でも、笑いや楽しくツッコミを入れれる箇所や、見た目の癒しだけではない凄く深いメッセージが毎回押しつげがましくない仕方で込められていると思っているので、個人的にはその部分も味わい尽くしたいなぁと思いつつ毎回見ています(笑) 周りに振り回されず、なおかつ周りをしっかり見つめて強く優しく生きられたらいいなぁ、そうありたいなぁとは自分も思っています。そうは言いつつ多分どれだけかかっても夏目ほど純粋な優しさを持てないだろう自分ですが(苦笑) 私もマイラさんと同じ夏目友人帳ファンなのでこれからもよろしくお願いします。
| テク(管理人) | 2009/01/20 7:41 PM |
庚月さんコメントありがとうございます^^ キラキラお兄さんにも久しぶりに出会いましたが、相変わらずのキラキラ具合でしたよ! そういえば「きらめいててご免」はさすがになかったですが…(笑) 今回は特に、見ててこの人もたくさん無理をしてるなぁ…という表情も多かったですしね。 夏目の夢は本当に…色んな苦しい思いが詰まっている夢で哀しくなりました。 夢に名取が出たのは、やはり自分と同じものが見える、近い経験や感情で苦しんでる…というのがあってこの人と分かり合いたいというのがあるんだろうなぁ…と思いますね。 柊の鋭く容赦なく見えるツッコミも自分はかなり好きです(笑) そういえば、本文中に書きませんでしたが…夏目が引きずられていく場面のニャンコ先生の顔を見てください!凄く嬉しそうです(笑)
| テク(管理人) | 2009/01/20 7:55 PM |
えー、とりあえず、夏目と名取の怪しい関係は置いといて・・・(^^ゞ 見えるものを正直に話しただけなのに周りの人間達に「嘘つき」と言われてしまい、それ以降嘘ばかりついてきたという夏目が、旅行を通じて「いつか話そう。きっと話そう」とほんの少しだけ前進できそうな気持ちを持てた良い話でしたね。 名取とも、非常に良い友人関係になれそうですね。 小さな親切を受けて、恩を返す者もいれば裏切る者もいると言うのは、本当に人も妖も同じですね。 でも夏目には、今の優しさをずっと持ち続けてほしい。たとえ、それで傷つく事があったとしても、きっとそれ以上の喜びだってあるはずだから・・・ 1期のラストの会合は私も気になってたので、名取が出る今回は深く絡んでくるかとも思ってましたが、特にそんな事は無かったですね。 最終回近辺で絡むのかな? 最後に・・・名取さん、塔子さんの所にバラを持って行くのはいかがなものかと。 「息子さんを僕にください」とでも言うかと思いましたよ(*^.^*)
| さと | 2009/01/21 3:40 AM |
さとさんコメントありがとうございます^^ 今回もはい。いい話でしたね^^ それにしても見たままに正直に話した事が嘘つき呼ばわりされ、「嘘つき」と言われないために「嘘をつき続ける」以外道がなくなったという何ともいえない悲しくなる悪循環ですよね。 それが、さとさんの言われるように少しだけでも前進できそうな気持ちを持つ事が出来、名取との関係も良い形で進展していきそうなのは嬉しくなります。 >夏目には、今の優しさをずっと持ち続けてほしい…傷つく事があったとしても、それ以上の喜びだってあるはず… これも同感ですね。夏目にはずっと瞬粋な優しさを持ち続けて欲しいですね!実際たくさん喜びを夏目は味わってますしね^^ でも、この作品を見てると現実では傷つかないように無駄な虚勢を張り、甘さを見せまいとして本当の強さとは程遠い状態だったりする自分に気付かされて…もっと夏目のように純粋に優しさが示せるようになりたいと感じますねぇ(苦笑) >1期のラストの会合 やっぱりあれは気になりましたよね!…私も今回は何か絡んでくるかなぁと思ってたんで無理矢理祓い師に食いついて見たんですが、取り立ててそうと分かる伏線はなかったですよね、あの電話も少し気にはなりましたが。…きっと絡めてくるのは後半なんでしょうね。 「息子さんを僕にください」まさに、そんな光景に見えましたよね^^; まぁ、わざわざ変装をといてキラキラを見せ付けるお方ですから、バラぐらい常に隠し持ってそうな気も(笑)
| テク(管理人) | 2009/01/21 7:16 AM |
はじめまして 今回各所で多少賛否両論の匂いがありますね ご記事から察するに原作未読でらっしゃるようですが、ホントですか…?なんだか驚くほど原作でのこの後の展開を的確に見通した感じのレビューですね… 「妖があまり嫌いじゃなくなった」→「と思ったら油断した!前はこんなことなかったのに…」→「と思ったら助けた妖怪に助けられた!やっぱり嫌いじゃなくなってよかった!」 …オイ、夏目…こんな難しい問題にこれで結論が出たつもりじゃねえだろうな でもラストはいつも通り綺麗にまとめて、各所を見ると「いつも通りでよかった♪」 …だまされてる…。皆さん、スタッフにだまされてますよ!いや、まあそんな大袈裟に言うほどのことでもないし、そもそも原作通りの展開になるかどうかわかりませんが(笑) でも他所様の「いつもと比べるとちょっとインパクトが落ちるかも?」という示唆にも、「単体だと」という条件付で理解できます。これまで繰り返し出てきた夏目の課題を整理し再確認する中継ぎ回だったのではないでしょうか。今回の「アレ?」な感じを次回以降にうまくつなげてくれれば、今回は「重要な伏線回」として期待通りの出来だったと思います 次回は原作の人気キャラ、殺人的な可愛さキャラのアレが登場!こちらは無条件でお勧めですね。予告のワンカットですでに犯罪だ… それでは失礼します
| westernblack | 2009/01/21 10:49 AM |
westernblackさんはじめましてコメントありがとうございます。 原作は全く読んでないです。このブログで今のところ原作のある作品で原作を知った上で書いてるのはアビスだけなんですよ(笑) 原作を知ると書くのが自分は凄く難しくなってしまうもので・・・。 >驚くほど原作でのこの後の展開を的確に見通した感じのレビュー… そうなんですか?!というか、この作品はそれ程先の展開を予想して楽しむ感じではないと思ってるので意識して先の展開を予想したりはしてなかったんですが。 一つだけ気になったとすればその、会合の件ぐらいでして…。 それから夏目が1期の当初よりも随分成長してるとはいえ、心に抱えた傷や積み重ねられてきた問題がそう簡単に消え去るわけでないのはまぁ普通に考えて当然ですよね…葛藤があり、いろいろと左右にふれながらも少しづつ少しづつ前進していくのを期待してます。 >「いつもと比べるとちょっとインパクトが落ちるかも?」 うーん。私自身は今回も十分堪能しましたよ(笑) 当然作品全体としての流れとか伏線もあるとは思いますし、全てが終わった後で大きく語りかけてくる重要なメッセージも最後に楽しみたいとは思ってますが…1話毎に訴えかけてくる単体のメッセージ自体も非常に強力で、1話毎にその部分だけでも個人的にはお腹一杯になるぐらい満喫してます。 次回のキャラは原作の人気キャラなんですか。楽しみにします^^
| テク(管理人) | 2009/01/22 1:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/215
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS