<< ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜 第1話「ギルガメスの塔」 第2話『王都メスキア』 | main | 機動戦士ガンダム00(2nd)第15話『反抗の凱歌』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
テイルズ オブ ジ アビス 第16話「地核突入作戦」

16話「地核突入作戦」


今回の話も相当グッとくるだろうと思ってましたが…やはりこの展開と、それぞれの胸のうちを思うと(ノ_-。)

クリフォトの液状化を止めるため、彼らにしか作れなかったであろう地核の振動を止める装置を見事完成させ、いつものように元気に仲良く喧嘩をしていたのに…。


まずは
■イエモン&タマラ。

スピノザがルークたちの行動を知らせたために…地核の振動を止めさせまいとするヴァンの意志を受けてルークたちを足留めしようと現れたリグレット。
イエモンとタマラは迷うことなく体を張ってルークたちを先に行かそうとする。

この時のばぁちゃん(タマラ)の笑顔が何ともいえない魅力を放ってるじゃないですか…/(-_-)\
死んだのは哀しいが…死ぬ直前に他人を守り、こんな笑顔で死ねる人がどれだけいるだろうか…。

しかもイエモンが語った最期の言葉
『め組と、い組の最初で最後の共同作品だ、頼むぞルーク』
との言葉もまた重い言葉で…その思いを背負って進むルークたち。



■ヴァンの計画にはまだ底があるのか…。
ヴァンの計画や意図は徐々に徐々に明らかになってますが、今回もさらに明確になったヴァンの意図とは…。
『新たな世界に今の人類が生きていては意味がない。スコアどおりにしか生きられない人類などただの人形。全てを無に帰して大地も人類も全てレプリカで創りなおす…それでこそ世界はユリアのスコアから解放され新たな道を歩み始める』

一部ヴァンの動機に同情できる点も、その主張の内容に同調できる点もあるとはいえ…ここまでくると完全に歪み過ぎてます(汗)



そしてこのヴァンの計画は一見不可能に思えたものの…ローレライ(第七音素の意識集合体)が本当に存在するとすれば可能である事に気付くジェイド。


  • ローレライは地核の中心でセブンスフォニム循環の要になっていると考えられているので、ヴァンがしたように地核を振動させれば大量のセブンスフォニムが放出される。

    大量のセブンスフォニムがあれば、大地を含めた大量のレプリカを作る事が可能になる。

    その上でローレライを消滅させれば、セブンスフォニムの循環が止まるのでレプリカからセブンスフォニムが解離する事なく長く存在できる。

    世界を飛び交うセブンスフォニムが無くなる事になるので、スコア自体を詠む力が使えずスコアは無くなり恒久的にスコアから解放される。


おー、よく考えたなぁ…といえる理屈の気はするものの…それを成すためには、まず全ての人類を消滅させるのが前提だもんなぁ(苦笑)


■ヘンケン&キャシー…アストン
ここでも、ルークたちを先に行かす為と『自分たちの仲間であったスピノザの失態(裏切り)を仲間である自分たちが償う』と言って体を張って障害物になろうとするじいちゃん達…。

ヴァンはよくある悪役のように、こういうじぃちゃんたちの行為を高笑いなんかしながら嘲笑ったりはしないものの…眉一つ動かさず全く容赦しないんだよなぁ…。
余計に容赦なさ感が伝わってきて…。

ルークの『ごめん』を、『ありがとう』だろうが…帰って来たら言葉の選び方を教えてあげましょうね。と言いながら息を引き取るヘンケンとキャシーの会話が又…泣かせる。

スピノザもさすがに…動揺してはいますが…ね。



■それぞれの哀しみ方

悲しみをダイレクトに表し、作戦を完全に遂行する為にタルタロスにたどり着くことを優先せざるを得なかった自分の非力さを嘆くルーク。

文字通りお祖父ちゃんを亡くし泣きながらも『おじいちゃんのためにも作戦を成功させないと』と気丈に語るノエル。

そして…自分の兄のしでかした残酷な行為によってイエモンたちが犠牲になった事実を痛いほど感じ泣き叫びたいほどの感情に襲われてるはずなのに『落ち込んでる暇はないわ』と、涙を見せず一見冷たそうに思える言葉を吐いて去るティア…。
それぞれの胸のうちがなんとも、胸に迫るね/(-_-)\



地核に到達し無事、その振動を止めて脱出しようとしたルークたちの前にはシンクが立ち塞がる。
■シンクとイオン

イオンに関する事実が明らかに!
おそらくシンクがレプリカである事は殆どの方が予想してたと思いますが、イオン自身もオリジナルではなく2年前に作られた導師の7番目のレプリカだった。

それにしても、このイオンとシンクに纏わる事実も悲し過ぎる真実だよ…。

シンクはオリジナルが病で死ぬ直前に代わりを務めさせるために次々に創られたある意味では失敗作の1人…。
シンクには導師の役割を担うほどの力は無かった為に捨てられたゴミ…。
自分自身を屑、ゴミと感じ続けてきた短い人生(おそらくイオンとそれほど大きく変わらない短さ)。
ヴァンからも、ただ使い道のある間だけ利用され生かされてるに過ぎないことを自覚していたのに…。
おそらくこの世の全てに対する怒りがあったゆえに
『世界を滅ぼせる』というヴァンの目的に多少なりとも惹かれたのと…ヴァンに仕える道を選ぶしかなかったという両面があったと思われるシンクの胸のうちを思うと…哀しすぎる…(ノ_-。)

そして最期は投身自殺………。

イオンの方の心中はまだこの先も語られるだろうから…今回は書かないですが。
『…本当だ。泣いたのは生まれて初めてです。僕は…僕は悲しかったんですね…』
これも何ともいえない切ない気分にさせられる言葉ですね……。



■ローレライの接触

ルークがアッシュの声が聞こえる以前から激しい頭痛と共に声を聴いてましたけど、それはローレライの声だった事が明らかに。

そして今回はティアがユリアの血筋である事がさらっと明かされてティアを媒体に語りだす。
『私を解放してくれ この永遠回帰の牢獄から』
『ルークはフォニム振動数がセブンスフォニムと同じで、私の完全同位体』
『私の力を何かとてつもないものが吸い上げている。地核は静止し、セフィロトの暴走は止まっても私が閉じ込められてる限りは…』

これらの言葉がどう影響してくるのかは…今後の話ですね。


それより今はそのまま意識を失ったティアの精密検査を…。
■ティアの異変

ベルケンドの医療施設に運び込んで診断された結果は…。

例の大陸降下作戦の際に瘴気を含んだセブンスフォニムを吸い込んでしまっていた為で…今後も、あの作業を続ける限りティアは吸い込み続ける事になる。
そしてその作業を続けるなら命の保証はできないと宣告される。

さて、ティアも精神的にヴァンの事で胸の奥で苦しんでいる状況に加えて、体面でも大変な事になってきました…。

それにしても毎回本当に内容が濃いですね…。
又来週です。


17話の感想はここ


15話の感想はここ



| 08秋冬・テイルズオブジアビス | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
いつもお世話になってます。 ほんとに毎回内容もりだくさんですね(笑) 未プレイなのでついてくだけでやっとです(^^; ゲームとアニメではやっぱりスピードが違いますね。 もうちょっと余裕みたいなのが欲しいですね。 ティアが退場にならないといいですね(^^;
| SERA | 2009/01/17 11:35 PM |
SERAさんコメントありがとうございます。 こちらこそいつもお世話になってますm(_ _)m 毎回毎回内容がホントに多くてゲームをしている自分にとっては既に脳内で思い入れが出来上がってるので感動させられてますが、その感動に浸る間もなく次の展開へ進まざるを得ない内容の密度とスピードですね(汗) だから未プレイだと、ついていくのでやっとというのは凄く分かる気がするんですよね-(苦笑) 原作にかなり忠実なんですが、大筋を追うことに必死でなかなかオリジナル的な余裕を入れるような冒険をこの制作側はしそうにはない感じですね。その点はもちろん賛否両論あるでしょうけど(笑) まぁでも詰め込みすぎでもこの作品が好きなのは自分の場合変わらないんですが^^; >ティアが退場にならないといい ゲームをしてる時、凄くそう感じながらプレイしてました^^;
| テク(管理人) | 2009/01/18 12:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/212
トラックバック
テイルズオブジアビス 第16話「地核突入作戦」
犠牲―導師のレプリカ―レプリカの在り方―ローレライいよいよ地核突入作戦が始まる!しかし、世の中ははそんなに甘くない訳で・・・。魔眼のリグレット登場。地核突入作戦を邪魔しに来た様子。しかし、イエモン達の助力で一行は何とかシェリダンを脱出する。しかし、力尽...
| Boundaryline | 2009/01/17 9:36 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS