<< 黒執事 第14話「その執事、異能」 | main | テイルズ オブ ジ アビス 第16話「地核突入作戦」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜 第1話「ギルガメスの塔」 第2話『王都メスキア』

第1話「ギルガメスの塔」


これは、かなり自分の好きそうな話だったんだなぁーと、後で知って後悔してた作品でして、感想は2期からですが参加です。
一応、1期は少し づつ追いかけてようやく最近見終えたんですが、感想を書くつもりで見たわけではないので細かい部分まで記憶に残ってないし、何も書き留めていない事からく る不安もあるんですが、まぁー今回かなり楽しみにしてた作品の一つですので、その一点だけで無理矢理書いていきます^^;

前置きが長くなりましたが、今回も全然関係のないOPのあの感じが個人的には結構好きです^^
そしてやっぱこの作品は楽しめると思います!



■アバン
えと、アバンはさっそく理解しにくい…ですね。
幻の塔の中なんでしょうけど…あの建物は…。

そもそもイシターの巫女カイの存在自体がホント謎だらけなままで…カイとカーヤの関係性もイマイチ掴み切れていない状態なのでね…。

サキュバスの語る「残してきた人達…あなたはまだ心惹かれている」という発言の相手はジルの事でしょうね…。

ニーバとカーヤを見送る赤い髪の謎の女性は誰でしょう…髪の色だけならばアーメイを思い出しますが…。
この展開なら死んだ人が再び出てきても驚きはしないような…。

まぁ、でもアバンの場面は考えても分かるわけではないので、とりあえずこの光景を脳裏に納めて置くという事でいつか繋がればいいでしょう(笑)



ドルアーガ討伐から半年がたった所から物語りは再び動き出します。
■まずはファティナ
どうやら、邪神ドルアーガを討伐した事で塔から魔物は消えうせたようです。

そのために本格的な塔内部の開発が始まり、人々が安心して観光が出来る様になったということでファティナは観光ガイドの仕事を生業にしているようですねー。
いかにも、あやしい商品の売れ行きは芳しくないようですが(汗)

そして、本人も現在の自分の状況に虚しさを感じてる様子で…。



■ケルブ
親衛隊の隊長を辞め居酒屋のオヤジに…。
常連客の女性達は見覚えがありそうな…ただし、その常連客の中の頭に何やらつけてる子が新キャラの1人ヘナロかな。


ケルブは別にクビになった訳でなくて、討伐の手柄を立てた登頂者に約束どおり報酬を払う様主張したのに…王の側近らしき連中は登頂者風情にそんな必要はない!
むしろ全てギルガメス王の手柄にしてしまえと画策し…その上、ギルガメス王自身もそれをよしとしやがったみたいで(苦笑)

それに頭にきて辞めたわけですか…バカっぽく見えても相変わらず一本気ないい漢です(笑)

うーーーーん、それにしてもこの王に対する1期のときに視聴してた方たちの反応はどうだったんだろう…これって本当に本物の王なんですかね…。
最初っから刺されても死んでなかったり…ラストで変な発言してたり明らかに何か隠して画策してるのはしてるんでしょうが…カーヤと会話してる時だけは普通だったり…と、悪なのかどうかさっぱり…まったくもって謎だらけのお人です……。

しかも今回、首都も塔内に最初に建設された拠点「メスキア」に移動させたり、塔の名前自体をドルアーガの塔からギルガメスの塔に改称しちまったみたいで…。
まぁこういう一連の行動自体そのものは権力を持ってる人間なら、普通にしそうなことばっかりで本来なら不思議でもなんでもないんですが…。
この話の場合は、やっぱり今後も王の動向は鍵を握ってそうで要注目ですね…。

ところで、副隊長の女の人(エタナ)がいないなぁ…と、思って公式覗いたら彼女は親衛隊長になってるみたいですね。てっきりあの人ならケルブについて辞めそうな気がしたので…意外です。きっとそれなりの何か理由があるんでしょうけど…。



■ジル

あーー!情けない主人公になっちまってるよ(汗)

仕事もせずに宿屋に居候し、引き込もりの日々を過ごしながらファティナに何から何まで世話をしてもらいまくってやがる(苦笑)

も ちろん、ニーバと共に「幻の塔」へと消えていくカーヤを見送らざるを得なかったあのショックは相当だろうし…その後、最下層に流されてもなお、再び幻の塔 の前まで戻ったみたいで…その時、すでに幻の塔の存在が跡形もなかったのを見た時の脱力感は半端なかった事は容易に想像できるんで…。
「もぅ終わった事さ…」と言って…完全に目的を見失い気力を失ってしまったのも分からなくはないですが…。

でも、ファティナだって全く同じように手酷い裏切りにあって同じ境遇にいるのに…虚しさを感じながらも忘れようと不本意な仕事でも働いて、ジルの世話をして…ジルを励まして…。
くーー、そんな子が傍にいてこの体たらくぶりは、やっぱちと情けねぇぞジル(苦笑)


■ジルとファティナ
そんなジルを心配して街へ遊びに誘い出すファティナ。


しかし、なんだろなーこの二人の感じは……(゚∇゚|||)
いやこんな流れになるのは予想してたけどさ…。
「忘れよう!忘れてちゃんと新しいこと始めるの…私ジルの事、手伝えると思う…」
「ファティナ…」
あーーー、いやいいんですよ(笑)

この二人がこのまま、うまくいくなら全然それでいいんだけど、絶ーーー対にジルは又カーヤに向かうだろう!!!
そう、思ってしまうからなぁぁー…今この関係が進展し過ぎてファティナのキモチがジルに本当に傾けば傾くほど後々絶対に可哀相なことになりそうで…それが怖いわ(苦笑)
ジルだけはやめとけファティナ!って気分です(苦笑)

ところで、あの芝居の内容は…この二人にはまさに酷過ぎますね(汗)



■ウトゥ
あ、プロレス男さんがウトゥなのは、すぐ気付きはしましたが随分印象変わりますね!

こんなに明るい男の印象はなかったよ(汗)
今期はこれでオイシイ役が前以上に周って来る事になりそうかな?

でも、顔見せした事で……なんだか、死亡フラグが立ったようにも感じるんだけど…(汗)

ところで…ウトゥ…もしかして、ファティナのこと好きでしたっけ……。


■少女カイ
謎の少女は謎の女グレミカとアクラに追われてます。そのグレミカは少女の事を
「イシターの巫女の亡霊か…」と、呟いてますがどういう事だろうなぁ…(汗)

しかも、その子は「駄目…力が…ジル…」と言いながら…ちっちゃくなってしまったよ堯( ̄0 ̄;ノ

この少女は謎の女グレミカとアクラだけでなく、黄金騎士団のウラーゴン騎士団長にも追われてますが…追ってるこの二つの勢力は目的は異なる感じなんでしょうか…。

グレミカたちは少女が『幻の塔を開く鍵だから暫く泳がす』と言ってますが…。
どちらかがギルガメス王の意向…もう一つは、王の側近連中の誰かの意向や思惑が働いてるという感じだろうか…。

で、この少女ただ小さくなっただけでなく、ジルとファティナの前に現れた時は、幼児そのもののような言動ですが…。

といってもかなり危険な幼児です(゚∇゚|||)
失明するぞ;

でも小さくなって記憶を失ったとかではなそうですね。
またもやカーヤの時のように秘密満載のまま、それを意識的にジルには隠して行動を共にし幻の塔を登って行く事になるんでしょうか…(汗)

何やら怪しげな未来の映像を見せて「もし(今から起こる)事を止めたければ…私を塔のてっぺんまで連れて行って」と言ってますが…。

しかもこの映像でカーヤは磔になり自分を犠牲にして何かを食い止め様とでもしたという感じ…なんでしょうか…。
そのために裏切ってでも確実に頂上に上ろうとしてるのか…。
ニーバはその前で死亡?…で、これはギルガメス?!ジル?!…。

まぁ、何はともあれ、この謎の少女カイが現れたことで再び運命は動き始め、ジルはさっそくお尋ね者に!
(なんかデジャビュ…)
そしてジルは再び登頂者となって果てなき塔の冒険に挑むという事に…。



1期以上にいい滑り出しじゃないでしょうか!
コミカルな部分とのバランスもいい感じだし(笑)

今後も非常に楽しみです!
横1話の映像は見れてないですが…。


恒例の初回のみの主要キャスト紹介

ジル:KENN
カーヤ:折笠富美子
ニーバ:櫻井孝宏
ファティナ:堀江由衣
メルト:郷田ほづみ
クーパ:茅原実里
ウトゥ:安元洋貴
ヘナロ:花澤香菜
カイ:矢島晶子
サキュバス:ゆかな
ギルガメス王:土師孝也
グレミカ:根谷美智子
アクラ:冨澤風斗
ウラーゴン:森川智之
ケルブ:てらそままさき
エタナ:水野理紗
アミナ:田中敦子


第2話『王都メスキア』


なんだかワクワク感がたまりません!展開はまさに王道な雰囲気なのに、音楽も高揚感を引き立たせてくれますし、キャラたちも魅力的で展開のスピードもいい感じで、とにかくワクワクしてしまう(笑)
いやぁ〜ホントになんか純粋に楽しいですこれ^^


■主人公ジル
ずっと無気力な日々を過ごしファティナのヒモのようだったのに…カイと名乗る少女から、自分に背を向けたカーヤと同じ言葉『私を塔のてっぺんまで連れて行って』と頼まれた途端…上がる気満々です(苦笑)
しかも
『確かめたいんだ上で何が起きてるのか カーヤとニーバがどうなったのか』

いやぁ…ジルが間違いなく一番気になってるのはカーヤでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ
裏切られた事が信じられないほどショックだった事と、それでもあの後カーヤがどうなったのか気になってしかたないのに登る方法がないから不貞寝してファティナのヒモになってたくせにーー!(言い過ぎです/汗)



■ファティナ
でも傷心を押して頑張っていたファティナにしてみれば、再び登る事に激しく抵抗する気持ちは当然ってもんです!
しかも、先週『新しい事、始めようって話したばかりじゃない それを今さら!』
そうだよなぁ…ファティナにとってはホントにタイミング悪いよなぁ…うん。


『ニーバとカーヤ?あんな連中どこかで野垂れ死んでるわよ いい気味だわ』
うぁ…本心じゃないだろうに無理して…でも真実(裏切った真意)が何処にあったかは別として、ジル以上に手酷く裏切られたこの子にはゴネル権利もあるからいいよ気が済むまでなんでも言えばいい!(オイ)

とかって思いながら見てたら…
『ひぎぃ』あΣ(゚д゚lll)

……この過剰なサービスショット?は(汗)
そうかカイ…恐るべし…こういうシーンを無理矢理作るための凶暴設定か(汗)…それは違う…。
とにかくあんな攻撃受けたら…引きこもりたくなります…(;´ー`)

それにしても1人で葛藤し悩み…おまけに
ジルの『ファティナがいないと困るな』
に…一瞬ハッとしながら…すぐに目を伏せて
『アイツと同じこと言うのね 結局そうなんだ 便利なバカ女って事 あなた達が欲しいのは腕のいい魔法使い他はどうでもいいのよ』
には…この子の心の傷の深さ具合が凄くよく表れてて…哀しくなるorz



■とりあえずは登らないだろう人たちの魅力も増してます!

まずケルブさん一本気ないい男なのは知ってましたが、それにしても無茶苦茶漢っぷりが上がってませんか?(笑)
カイたちを捜索に来た親衛隊員たちに『この俺が目を光らせてる!怪しい奴はどこにも居ない!』と一喝して見せたり…。
さりげなくジルたちが隠れてる箱の上に荷物を置いたりする細かな芸もして見せますし…。
いや、こんな細かい芸当が出来る人という印象が残ってないから、この場面はいい風に捉えすぎやもしれませんがね(笑)


ウトゥに対する扱いの変化の激変ぶりも笑わせてくれるし。
ウラーゴンを前にして言葉で簡単に嵌めてみせたりととにかく大活躍…。まぁ相手がバカすぎなのもあるが(笑)
でも最後には『貴様こそ何も知らない …おかしいとは思わんのか』はホント決まっててカッコイイじゃないですか(笑)

そして、ごめんよー名前も覚えてないし、多分登らないのなら覚えれそうにないですが…あの女性二人も今回格好良く活躍してましたね!はい。

そしてエタナさんはケルブ辞任後、ウルク親衛隊隊長に就任してるようで、今回も門の鍵を開けてくれたりとナイスフォローです!



■それに比べてウラーゴン黄金騎士団長のヘタレザコ敵っぷり
このキャラもある意味王道ですが…王道キャラを登場させてもなぜか嫌な感じはしない。
アミナという女将軍に媚びへつらい、同時に民衆をゴミ扱いしその命など何とも思わない典型的な悪役っぷりが、それなりに今後もいい味出してくれるでしょう(笑)

暗殺者のグレミカとその副官アクラの二人も、ずっと付かず離れず登ってくるんでしょうし…敵としてはこちらの方が気になりますね。

あ…アミナ将軍の入浴シーンは…(汗)
ま…なんでもいいです。なんか途中で使い捨てされそうな中途半端な中ボス?小ボス?感がしてますし(笑)



■少女カイ

この子の恐るべき必殺技はカンチョウ攻撃w
ファティナの時のインパクトがもちろん凄かったわけですが…終盤では兵士にまで潜り込んで攻撃を?(゚∇゚|||)

砂ねずみをどうみてもいたぶってるとしか思えないSっぷりと、肉をかっ喰らう野性味溢れるキャラの幼児って…怖過ぎるわw

力が制限されてるのは分かるものの、記憶に関しては情報を黙ってるだけなのか…必要な場面になった時にその都度頭を叩いて思い出すつもりなのか(汗)
イシターの巫女の亡霊と言う言葉が何を意味するのか…その謎が明らかになるタイミングがいつなのか…れまでに何人が必殺技の犠牲に合うのか興味がつきません(笑)

ところでカイとギルガメスとの間に2児の子をもうけたものの王子は辺境の地で失い、カイはいずこかへお隠れになったってのは…今までも出てましたっけ?
記憶になかったですが覚えておこう…。



■新キャラのヘナロ

この子は完全に巻き込まれる様な形でジルたちと幻の塔の頂点を目指す事に!
ケルブの店のただの常連なのに先週もそうでしたが大食漢ぶりを今週も見せつけて、それだけでもキャラ立ちしてますが…周りからの扱いが悪くていじられキャラっぽいしw
しかも、とぼけたボケっぷりな雰囲気も強く出てますよね!

きっと今後もいじられキャラ&ボケキャラとして笑わしたり癒したりしてくれそうな予感が(笑)

ただ…気になったのは何故お金を結構持ってたんでしょうかねぇ…。途中で簡単に立て替えた額が結構な金額でしたよね?しかも、見かけによらず器用なキャラだとか…。
その上、新しい交通機械の情報に通じてたりしてますし…巻き込まれたように見せて実は…「裏切り」とかそもそもスパイとか…(汗)
あまりにも人のよさそうな巻き込まれキャラの気配を強く醸し出しているだけに、警戒も必要なんじゃないだろうかと、勘ぐってしまう捻くれた管理人でございます(汗)
でも、どっちにしてもこの子の今後の活躍はかなり楽しみですが!



■ファティナ合流!

いやぁもぅなんかこの合流した辺りから最後までずっと、これからの冒険の出発に相応しい高揚感を感じさせてくれました!

ファティナのある種のふんぎりを示すに相応しい飛び降りと、それを受け止め、受け止めてくれたジルに少し照れその後、最高の笑顔をして見せる…。
なんかこの一連のシーン自体も凄く美しく感じた(汗)


ただこの雰囲気もそうですしラストでファティナがテレながらジルに『もう一つ私をちゃんと守ること』と約束させるシーンも、かなりいい雰囲気なんですが…。

でもそれだけに…先週も書いたけど絶対ジルはカーヤを目の前にした瞬間大きくカーヤに傾くぞ!いやそもそもずっと多分…あぁーファティナは必ず不憫な目に合いそうでやっぱりジルに感情を傾けすぎるんじゃない又傷つくぞーと思ってしまう(^^;

あーそれと、話が少し戻りますが敵側の人間が話した
『お忘れですか!あの人達はドルアーガを倒したんです』
今回この言葉も、単純で申し訳ないですが…使い方がすごく上手いというか、なんだかワクワクした(笑)
うーん、今後も楽しみです。

さて来週はメルトのおっちゃんとクーパですか!この二人も別働で登るんですかね?とりえず来週は予告を見る限りではギャグに大きく振れそうな予感もしますが…。


3話の感想はここ


| 09冬・ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜_ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/211
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS