<< VIPER'S CREED-ヴァイパーズ・クリード- 第1話「独眼-cyclops-」第2話「新兵-unknown-」 | main | 黒執事 第14話「その執事、異能」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
ミチコとハッチン 12話「煉獄108℃のテレパシー」

12話「煉獄108℃のテレパシー」



このアニメはホント毎回作品自体が放つテンションが大きく変化する作品ですね。もちろん常にミチコとハッチン二人の精神的な成長と絆の形成という一貫したテーマが流れ続けてるのは感じれますが…。

今回はとことん上手くいかない二人の人生の一コマに哀愁を感じると同時に、登場する人物達(情報屋、心霊療法師デウス、農園の主など)を通してこの社会に蔓延してる大人の汚さや愚かさを強烈な皮肉を含めながら描いていて、個人的にはそうした様子を感覚的に感じながら結構楽しむ事ができたかな…(苦笑)


■ハッチン
子供なりに精一杯もてる力と頭を使い…ミチコのために懸命に動くんだけど…全てがうまくいかない。

まずは高熱にうなされるミチコのために仕事と医者を探そうと情報屋に頼るが歯がボロボロに抜けた明らかに怪しげな情報屋…。

まぁ情報屋なんてのは元々怪しいものだとしても、幼いハッチンにその情報の真偽を見極められる眼力も、真の情報を駆け引きで引き出すだけのしたたかさがある筈もなく…紹介された医者は街の者なら誰もが相手をしなくなった男だった…。

その男は自らを神と名乗り心霊治療を施す明らかに怪しい男デウス。
さすがに、ハッチンも疑うんだけどね…他に道はないように思えてそのまま頼ってしまい、そのうえ金銭面でも弱みに付け込まれることになる。

紹介された仕事先でも結局役には絶たず…当然のように一定の仕事をした事に対する同情などはこれっぽっちも示されず、金銭を払って貰えないハッチン…。
騙し毟り取れる弱者と見れば子供だろうが容赦なくとことん食い物にしようとする輩に、分かっていても追い込まれざるを得ない境遇にいるハッチンが、それでも健気に精一杯背伸びをして頑張ってる姿と相まって何ともいえない気分になります。


■最弱のハッチンを搾取する側も…同様に…。
同時に、ロクでもない情報をつかました情報屋の男の人生はあの歯がボロボロに抜けた顔に垣間見えるし、ロクでもないインチキ心霊治療をして見せた男は街の者からは鼻つまみもので相手にされていない存在だし、農園の主は酒に溺れてる様子が垣間見える上に…車で子供を轢こうとしたりハッチンへの扱いなど人間にはなんの感情の暖かも示して見せないのに…愛犬の頭は優しく撫でて見せたリする…。

こんな風にハッチンを搾取する側の背景も細かくシニカルに切り取って描ききる方法はこの作品独特の、癖のある描き方でその辺りが個人的には相変わらず見続けてる理由の一つでありある種の魅力なんだと思いますね。



■一方、ミチコは

相変わらず感情のままに直感的に生きている典型のような人なので…上手くいくときはそれが見事にハマるものの…。

今回のように弱ると子供そのものの情けなさぶり…(苦笑)

医者に行きたがらず布団に潜り込み…喉が痛いからと隠れてビールで喉を潤し…煙草も隠れて吸い続け…まぁ、なんだろこの辺は共感できる部分も多少あるんですが…(苦笑)

でも、前にも書いたけどミチコは擦れた人生を送っているにしては用心深さも人を疑うという面での直感力も不足してますね…。
「あの医者すげー」て関心してるし…この辺はハッチンなら仕方ないにしてもアンタまで騙されるなよ(苦笑)



その上、病状が悪化し意識朦朧のミチコは新聞にヒロシの姿を見る。しかもその横には見知らぬ女が一緒に映っている……。


  • さて、ここはどう判断すべきでしょう…。
    今回のタイトルからすると、摂氏にすると40度以上の高熱が出てのテレパシーという事は…この新聞自体もミチコの見た高熱ゆえの誤ったテレパシーが働いた結果…幻覚を見たという事でいいんでしょうか。


    まぁ、その後のテレビに出てた男女がヒロシに見えたり…道路での摩訶不思議な光景の方は間違いなく高熱ゆえの幻覚なのは確かですが、新聞の方だけは若干真偽が判別しにくかったんですよね…。
    でも、その後のフォローが何もなかった事からすると新聞の方も単なる高熱の影響と捉える方が自然かな…(苦笑)


さて、ラストのハッチンにしきりに言い訳しようとするミチコの弱った姿を見ながら…怒っていないと答え手を握りつつ、ミチコに優しく接してあげるハッチンを見ていると間違いなく又一段と二人の絆…互いへの想いは強まりましたね。

そして、途中自分がまだまだ子供で弱い立場である事を痛感させられ…「私はバカだ大バカだ」と涙したり…思うままに衝動を爆発させ粗暴に振舞った後…我に返り『私すごく野蛮だった…』と自分自身の一面に唖然としたハッチンは、自分自身を知り確実に成長の階段を一段一段懸命に登ってる気がします(笑)

ただ…ミチコは今回は別に成長してないね…(汗)


18-20話の感想はここ


11話の感想はここ


| 08秋冬・ミチコとハッチン | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/209
トラックバック
「ミチコとハッチン」第12話
DVDミチコとハッチンVol.1(2009年1月23日発売)#12「煉獄108℃のテレパシー」ハッチンとの旅を再開したのもつかのま、ミチコが突然高熱を出して倒れてしまった。ハッチンは彼女を治してもらうため、情報屋のことばを頼りにデウスという医者を訪ねる。だが、彼は怪....
| 日々“是”精進! | 2009/01/15 7:42 PM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS