<< CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド)12話「使命 mission」最終回 | main | かんなぎ第13話「仁、デレる」最終回 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
黒執事 第13話「その執事、居候」

第13話「その執事、居候」


今回も個性的な新キャラの登場です!



■新たな事件発生
冬のロンドンで半裸の白人が逆さ吊りにされる事件が20件連続して発生し、例のごとくスコットランドヤードでは解決できず、シエルとセバスチャンは今回は使用人も引き連れて再びロンドンへ。


吊るされた者たちは全てインド帰りの者で、その体には、舌のマークと王室を侮辱する内容を含む犯行声明書が貼られていた。
そしてインド人密航者の多い暗黒街を調査している際中にセバスチャンとシエルは、突然インド人達に絡まれるが従者を連れたインド人が、間に割り込んでくる。


■今回登場した個性の強い新キャラ!
インド人の王子ソーマとその執事アグニ。
今更ですがこのアニメはとことん色んな執事が登場するお話なんですね(笑)

ソーマはなんとも王子らしい自己中心的で自由奔放で独特のペースを持ってはいるものの、そんなに底の深さは感じないというか…まだまだかまって欲しさの残る青い印象が強いですが…。

アグニ何とも言えない怪しい要素が多いですね…。
そもそも、このアニメの執事って先週の人形も死神も主人公の悪魔もみんな曲者ばかりですしね(汗)
『神に授かりし右手…主の為に振るいましょう』
と言う発言といい…セバスチャンと互角に渡り合える身体能力といい只者ではないんですが…。
セバスチャンによれば「あの方は人間DEATH」
との事…。
多分、これ自体に嘘はないだろうけどセバスチャンの事だからきっと知ってる事実を全ては話してはないよね(苦笑)
人間は人間でも、あの右手だけにはなんらかの人ならぬ能力が宿ってるとか…。

カーリー神やシヴァ神の話もきっと何かの伏線のような気もするし…。
殺戮を好む戦いの女神カーリーとかつての暴れまわってたころのアグニが被る部分もあったりするし…何か関連がありそうな気も…。


…まぁ、このアニメはあまり深読みしても華麗にギャグ的な展開で落とされたりもするから、違うかもしれませんが^^;

とりあえずソーマさん…その下手糞な似顔絵では絶対無理だから自分で書かないで…あれだけリアルな紙芝居を作れるアグニに任せばいいんじゃないの(汗)



■しかも同じ有能でもセバスチャンとは一味違う有能さをみせるアグニ

台所ではとても危なくて使えないと思えた使用人トリオを…使いこなしてみせるアグニ!

これは凄いよ!
仕事をしてて、自分が有能なら一人でやった方が早いから邪魔されたくない…ってのはよくあるし、セバスチャンほどの男でもそうなのに…ね。
上手く指導して乗せて結構使い物になるように人を動かせるのはただ有能なだけ以上の何かを持ってる

心底驚いたセバスチャンも貴重なシーンですよね(笑)

でも、まぁホントはこの三人の使用人は扱い方次第ですっごく使いやすい気もするけどね…相当なお人好したちだし(笑)
メイリンが鼻血吹くのも期待したが……。



■アグニとソーマの出会い

どうやら散々人を傷つけ神を冒涜した過去をお持ちで…処刑される寸前…救ってくれ、『転生するんだ』と言ってくれたソーマは自分にとって王であり神であると言うアグニ!

ふむ…ソーマの為ならどんな事でもしそうな雰囲気ですね…。

そんなアグニにセバスは冷めた調子で
『実際の神なんて結構ロクでなしばかりですけどね』
はい。そう思います(苦笑)



■ソーマの探し人

宮廷でただ一人いつも自分の傍にいてくれた乳母のようなミーナを連れ戻しに英国にきたらしい…。

えーと、年齢が判別しづらいんですがソーマって幾つなんだろう…かなり甘くて青い印象がさらに強くなったんですが…。

両親を惨殺された過去を持つシエルは『その程度の高が知れた絶望など 僕には理解出来ないし する気もない』と言い切る。
うん、シエルからすりゃそうだろうなぁ…気持ちは…うん。

ただまぁ…この反応はシエルもまだ子供だなぁ…とは思いますが、同じ傷同じ過去同じ感情なんて絶対にないんだからね…自分の尺度だけで自分だけが最高に不幸せだと断じてしまうのは…ね。
もちろん、シエルとソーマの理由を普通に比べたらシエルのほうが重いのは間違いではないけど。



■やはり動きましたね

で、そんな反応をしてしまったシエルは…。

ちょっと後悔したのかなぁ…不器用に気遣いに来たのに……。
『悪いがこれから予定がある。お前と違って忙しいんでな。夜早く寝ないと背が伸びないぞチビシエル』
うはははハハハハ(笑)
固まるわなぁそりゃ(笑)


で…

夜中に一人でこっそり…出かけていくアグニを屋根の上から見つめ…。

『やはり動きましたね』
ウーーーん、相変わらずなんでもお見通しなんでしょうねーーこの悪魔(笑)

さてアグニが事件と関係があるのは間違いなさそうですが…来年です。


14話の感想はここ


12話の感想はここ


| 08秋冬・黒執事 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/196
トラックバック
黒執事第13話その執事、居候
「その執事、居候なの」「…インド人の王子と従者がファントムハイヴ家に居候するなの」「とりあえず原作の話に戻ったんだけど…」「エリザベスのお母さんの話は飛ばすのか」「どっちでもいいなの」「このインド人の従者はセバスチャン並に強いぐらいなの」「とりあえず半...
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2008/12/26 11:39 PM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS