<< 黒執事 第11話「その執事、如何様」 | main | かんなぎ 第11話「でも、あやふや」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
ミチコとハッチン 第9話「恋したショコラッチ・ガール」

#09「恋したショコラッチ・ガール」


ハッチンもリタも10歳かぁ…年齢的に多少心配になった部分もあったけど。相変わらず言葉で多く語るのではなく魅せる心情描写は深くて面白いし雰囲気も味があります。


  • あらすじ:ミチコのもとを離れ、訪れた町でひとりぼっちのハッチンに初めて出来たトモダチ、リタ。サーカスで働く彼女は、したたかに生き、自由奔放に振る舞う少女だが恋の悩みも抱えていた。リタの為に、行動するハッチン。そして荒野に現れた奇跡のマリア像を目指す二人が目にしたものは…


友との出会い

もしかするとミチコと離れて初めて出来た友達というより、ハッチンの育ってきた環境を考えると…生まれて初めて本当に友達と呼べる存在に出会えたのではないだろうか…。

出会いの初っ端からかなり積極的に近づいて優しさを見せてくれるリタに、戸惑いつつも嬉しさを覚えていくハッチンの心の動きがとてもよく掴める細かな表情やしぐさが見ていて心地よかったです。


友情の深まり

リタと言う少女はハッチンとはかなり対照的な少女ですよね…。
自由奔放で街のおじさんを上手に利用したり、同年代の男の子を手玉に取ったりと…10歳と言う年齢ながらすでにしたたかで、女としての武器の使い方を無意識の内に心得ている感じ。きっと将来は小悪魔的なオンナになっていくんだろうなぁと思わせる女の子(苦笑)
そして…かなり年上の男に恋心を抱きエゴを押し通そうとする側面をも見せる。

一方のハッチンボーイッシュなスタイルでうまく人に取り入る術も知らない不器用さを示す女の子で…まだ恋心など殆ど抱いた事さえないのではないかと思わせるような女の子。

そんな二人が互いに新鮮さや刺激を受け友情を深め…友の為に行動し、お互いの存在をありがたく思っていく……。
ひとつ間違えばこじれて修復が難しくなりかねない問題をも1つ乗り越えて、友情を確かなものにしていく様が短い時間の間に効果的に描かれています。

それに…ハッチンがミチコから離れ、少し精神的に成長していくそんな印象を受けさせられ…きっと、この子と共に過ごす事で促される成長は、ハッチンを少しだけ大人にさせ次にミチコに出会った時にハッチンにとっていい方向に動くのではないか…そうあって欲しい……と感じました。


ただ気になる点も…

今回ハッチンは自分のことをミチコからつけられた呼び名「ハッチン」ではなく…「ハナ」と名乗りましたよね…。
以前はハナという呼び方はイヤだと言っていたのに…ミチコの元から自分で離れてしまった今は「ハッチン」と名乗るのを躊躇った…。
確かにここに、ミチコに対する現時点での複雑な心境が現れていると感じましたし、その気持ちは理解できますが…これはいい傾向とはいえない…ですよね。

さらにニュース報道でミチコが行動を共にしていたダビィが遺体で発見されたとの報道にミチコの身の安全を心配しつつも、例の約束の伝言メモを握りつぶしてしまった…。
おまけに最後は…リタと共にサーカスの次の町への移動を決めたようですし…ミチコとの距離は間違いなく現時点では広がりつつある…。
今後ミチコとハッチンはどうなるのだろう…再び出会うまで時間を要するのだろうか…と心配になります。


奇跡のマリア像
おまけ的な要素ですが…今回このマリア像も二人の心情を映す小道具として効果的に働いてましたよね。

ハッチンはこの町に着いた早々、血の涙を流しそのマリア像に向かって祈れば願いが聞き届けられるという荒野への道のりを描いた地図を売りつけられる。

お金を無駄に失ってしまった訳ですが…何度となくハッチンがこの地図を眺めていたその様子はハッチンの心のどこかに「願いが聞かれる」というその言葉の響きに惹かれてしまった側面があったように感じたんですよね…。
ハッチンの今の状況を察するとその言葉に惹かれたくなる気持ちも分かるしね…。

一方のリタも「血の涙を流すなんて、ちょ−ホラーでうける…願いが叶ったとか子供じゃないんだよそんな夢みたいな話ナンセンス…世界はもっとリアリズム」
と、年齢のわりにはかなり拗ねた見方、現実的な考え方をして…ばかばかしいと、完全に否定しながら…。
やるせない状況になった時に…そのマリア像に向かって二人は手を取り合い出かけて行く…多分「願いが叶えられる」事を否定しつつも二人共どこかでそれを痛切に期待しながら…。

でも、そこで目にした現実は…やはり否定的にならざるを得ない現実…。
業者が…誰かが首を持ち去ったという事で…奇跡のマリア像のはずなのに、あまりにも簡単に別の新しいマリア像に置き換えてしまう…皮肉さの満ちた光景。

現実を噛み締めながら…寂しさを感じつつ…手を繋ぎ互いにいたわる様子がまた…味がある…。

さて…来週は、瀕死の状態のミチコが描かれるようですね…では又来週です。


10話の感想はここ


8話の感想はここ


| 08秋冬・ミチコとハッチン | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/180
トラックバック
ミチコとハッチン 第9話 「恋したショコラッチ・ガール」 感想
8話はなかなか面白かったので、さて続きだ、と思って見始めたら全然別の話でした。ミチコとハッチン 第9話 「恋したショコラッチ・ガール」...
| メルクマール | 2008/12/13 11:07 AM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS