<< ミチコとハッチン 第8話「黒いノイズとドープなゲーム」 | main | 黒執事 第11話「その執事、如何様」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド)10話「洗礼 purification」

10話「洗礼 purification」


相変わらずこのアニメは見終わった後に凄く疲れて…大抵は、朝一にアニメを見て仕事前に感想をあげるんですが、朝の段階で感想を書き上げきれないです〈汗〉


今回も全体像はどんどん見えてきてる筈なのに、正直自分の思考が付いていかないというか拒否してる感じ これがカオス;ヘッド面白さ…でもあるんですが^^;



本来存在してはいけない存在

ここ数話の流れ的に見れば、やはりというか拓巳はギガロマニアックスである本物の拓巳(将軍)の妄想が作り出した存在だった訳ですね…

しかもわずか1年前から存在するようになったに過ぎず…それ以前の全ての記憶は作られたものに過ぎなかった…おまけに…
「これ以上妄想したらタクを消さなきゃいけなくなる」
と宣言されてしまう。

梨深は拓巳が妄想するたびに本物の拓巳〈将軍〉の命が削られる(肉体が老化していく)から…拓巳が覚醒して妄想力をさらにフルに発揮されるようになっては困るけど…本心は消したいわけではない…だから、覚醒させたくない、でも本当はどちらの拓巳も守りたいと言う感じなんだろうね……。

でも拓巳としては最も信頼するようになっていた梨深から、自分が「本来いちゃいけない存在」と宣言されて「信じるもんか…これこそ妄想だ…敵だったんだ…」と、頭を抱えてイヤイヤを繰り返すような精神が崩壊寸前の状態…。


この反応は相変わらずのへタレっぷりとはいえ…ある意味仕方ないよなぁ…それこそ自己否定を繰り返して…死にたくなるケースがあるのと同じで…完全に自分の存在意義を見失ったわけだから現実逃避をしたくなる気持ちも、いっそ「自分」を誰かに消して欲しくなる気持ちになるのも理解はできるよ…。



知りすぎたために…

刑事のおやっさん達のほうは、ゲロカエルンを販売してた有限会社シンコウの親会社が希テクノロジーである事や…GEレートとの関連、明和党の重鎮である猪鼻康三がその会社と関係があることまで突き止め、報道機関への圧力の正体も確信するに至った訳ですが…
真実に近づきすぎた為に…若い刑事〈諏訪〉に呼び出され、あっさり殺害。。。


まぁ、死んだと断定できる映像は映らなかったですが…止めの2発目の銃声がしたわけで…だれか、ギガロマニアックスの少女が助けにでも来ない限りはおそらく……。

それにしても諏訪は完全に、マインドコントロールされた結果なのかかなりの狂信的な顔になってますね(苦笑)

あと、あんま興味はないですが、ナースと諏訪はシンコウ繋がりでデキてもいたのか(苦笑)



存在を証明してくれるものが何もない…
拓巳は梨深から知らされた真実を必死に否定しようと…何とか自分を客観的に証明して助けてもらおうとするが…。

まずは、何とか三佳なら…僕は「本物」と知ってくれてるはず。と思いTELするが…ダチになった経緯の記憶がないと言われ…「誰も僕を僕だと証明してくれない…」と一層呆然とする結果に。

次はチャット友達のグリムに助けを求めるが…全く助けにならない返信…
(しかも、グリムは敵っぽいと疑ってたけど、それがこのナースとはねぇ…)

そして最後の頼みの綱…七海…この七海は妄想だと疑いつつも、最後の望みをかける拓巳です…でも視聴者側はもぅ明らかにこれは本物の七海ではないのが見えてるだけに痛々しいよ(汗)
そして…抱きしめた瞬間に…消滅…これはいよいよ覚醒せざるを得ないほど追い込まれてきました…。


優愛と美愛

「あなたは美愛、死んだのは優愛 そうさせたのは貴方」
あちゃ…こっちも、自己の存在を否定されて混乱状態だよ…(汗)

そして自分(美愛)と同じように、屋上から落ちて死ぬように優愛を追い込もうとする美愛ですが…追い込まれた結果、優愛も覚醒してディソードを手にし…自分が何故やっきになって美優の死の真相を知ろうとしていたのかを自覚する。

そして、あやせの助けもあって、この美愛は例のリュックの中にポートを入れたポーターが見せていた妄想だった事が判明。
こっちも刑事と同じで知りすぎたための口封じで殺しに来たのかそれとも、追い込ませて覚醒させたかったのか……。

あやせは相変わらず「感じる大いなる意思を…」などと、言っておりやすが…ごめん、もぅその発言は流させてもらう^^;



梨深と七海

「私が全部決着をつけるからね」とおそらく本物の拓巳(将軍)に電話した後、覚悟を決めて七海救出に乗り込む梨深だが…

七海もギガロマニアックスだった事…そしてその右手が失われているのを見て1年半前に自分が野呂瀬から受けた酷く追い込まれ無理矢理サンプルを取られた時の経験を思い出し戦えなくなる…。

それにしても、やってる仕打ちも容赦ない上に七海を「もう用済みですから」とか…野呂瀬の人でなし度が凄すぎるだろ……。

さて七海と梨深の存在ですが…
ここ最近は七海も妄想で作り出されたのだろうか…とか思ってたりもしたんですが…梨深の反応〈ギガロマニアックスだと知らなかったりする反応〉を見てると、そうではなくて七海のほうは本物の拓巳〈将軍〉の方の実の妹という事でいいんじゃないだろうか…。

逆に梨深の方は昔から本物の拓巳の友達なのだろうか…と、思ってんですが…そうではなくて拓巳と同じように妄想で作られた存在なんじゃないだろうか……。
どうしてそう思ったかというと…


  • 七海が「梨深さんの事…なんで知ってるんだったっけ?」と言ってましたが…これって、そのまんま三佳の拓巳への反応と同じですよね…。

    それに、野呂瀬が最後に囁いた「拓巳君にとってキミ達二人のうちどちらがより重要度が高い存在ですか?」と言う発言は…(本物の拓巳〈将軍〉にとって将軍が作り出した2人である梨深とタクのどちらがより重要なのか…という意味に聴こえたんですが…違うだろうか…)

    あの、無理矢理サンプルを取られてる1年半前の映像時の梨深の問いかけ「それ以前の自分を知らない」という言葉も意味深だったし…。


相変わらず勝手な予想ですが…。


将軍

グリムの書き込みにあった「渋谷スクランブル交差点で…祭りが起きる」との、言葉に動かされ…やってきた拓巳はその騒乱状態の中にいれば誰かが僕を消してくれる、そうなって欲しいと願う。

妄想でほぼ現実化してたんだろう星来の扱いも…ついに無残な状態に〈汗〉

でもそんな…追い込まれきった拓巳に…将軍は
「止められるのは君だけ」と語る。

さて来週こそは拓巳がディソードを手に入れるんでしょうか。


11話の感想はここ


9話の感想はここ


| 08秋・CHAOS;HEAD | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
本来ななみのディソードは血からのはずなんですがアニメ版は手首が切られている描写がなかったですね。なんか透けていましたよね。やっぱりそうゆう描写だめなんですかねーテレビでは…。
| | 2008/12/12 7:43 PM |
コメントありがとうございます。 涙ではなく血なんですか! 原作を知らなくてもあの様子は手首は切られてるんだろうな…とは判断したんですが…規制でしょうね(苦笑) 結構もっとグロイ描写が放送される時があったりもするのに…規準がイマイチはっきりしてないんでしょうか…。
| テク(管理人) | 2008/12/12 11:32 PM |
・ついにヒロイン全員ディソードを持つようになった。最後に拓巳もディソードを持ち、野呂瀬 玄一に戦いを挑むのではと思う。梨深のいうとおり、拓巳の力は相当強いのならいったいどんな事が起こるのか楽しみにも思えてきた。
| オラクル | 2008/12/17 1:16 AM |
オラクルさんコメントありがとうございます! ついにディソードに関しては拓巳を残すのみになりましたね^^ 私も最後は主人公である彼が持ってくれると信じてます。 どれほどの力なのかも楽しみですし、彼が力を持つ事でどんな影響が周りに及ぶのかも興味がありますね。
| テク(管理人) | 2008/12/17 7:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/178
トラックバック
CHAOS;HEAD 第10話「洗礼 -purification-」
自己証明。
| ミナモノカガミ | 2008/12/12 6:11 PM |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS