<< 喰霊−零−第10話「悲劇裏(ひげきのうら)」 | main | 魍魎の匣 第10話「鬼の事」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
機動戦士ガンダム00(2nd)10話「天の光」

10話「天の光」


今回も遅くなりましたが感想です。なんだか一層泥沼化に向かって進みそう…。


  • あらすじ:連邦は再生計画に反対する中東諸国の中で最大の軍事力と中東一豊かな国スイール王国が蜂起し、それに他の中東諸国が追随することを懸念して、アロウズ派遣を決定する。そしてスイール国境付近で監視の命が下ったのは正規軍所属のセルゲイ大佐。一方、スイールの蜂起を期待するカタロンは、スイール国王と協力関係を結ぶ為に会談を取り付けることに成功。しかし、まさにそのスイールに天(宇宙)からの光が落ちようとしていた……。     


スメラギ・李・ノリエガとカティ・マネキン

「戦争を止められないのなら戦術で早期解決、被害を最小限に抑え人命を救う」そんなカティに憧れた17歳のスメラギは、時を経てSBに身を置き「どうしてあなたが(非道の限りを尽くす)アロウズに…」と嘆く。

一方のカティ大佐は「あの事件がしこりとなり戦争根絶を掲げるSBの理念に傾倒したというのか…愚かな夢想に過ぎない。世界から紛争がなくなるわけはない。だからこそ、戦いの長期化を避けるため戦術予報士になったのではないのか」と嘆く。

この二人の対比は…興味深いです。
スメラギの立場からすればまさに、自分の憧れとした人間が何故非人道的な行為を繰り返す敵の側にいるのか理解に苦しむ。
でも逆の立場に回れば
「戦争を根絶するなど夢想で」ただ平和の為の統一を邪魔し、いたずらに戦争を長引かせ混乱させ戦火を激しくさせるテロ組織ソレスタルビーイングになぜスメラギが入ってしまったんだ…と、嘆く。
まさに、立場が変わればそれぞれ双方に一応の正義も主張も存在する…でも、だからこそ戦いはなくならない…ともいえる。


現実に存在するこんな矛盾を浮き彫りにして…じゃどうすれば「戦いはなくなるのか?」という現実社会でも答えの出ていない問題に対して…一体物語の最後にはどんな答えを出すんだろうか…スッキリする答えなど得られないのではないか…という不安はあるんですが…こういう対比をさせて考えさせてくれる事自体は個人的に面白い…。

不死身のパトリック・コーラサワーくんは先回の撃墜もあまりに早くてやっぱ怪我さえもしてないんだねぇw…でも…大佐に怒られてそんなにビビッてるようじゃ…仮に新型を与えてもらっても…^^;
(あ、ビリー・カタギリは現状を考えるとあまりに痛々しいので、あえてキャプも省いた^^;)



そして、この二人にも…スメラギたち同様、答えの出ない対比が…

シーリン・バフティヤールとマリナ・イスマイール

「アザディスタンを再建するには連邦を倒すしかない。戦うのよ!」と言うシーリンに対し

「駄目よ、戦いは戦いを呼ぶわ力で取り戻してみんなが幸せになれる?」と反応するマリナ。

それに対してのシーリンは痛烈「いいわ、あなたはそうやって何もしないでいればいい、私は戦う」
マリナの言う事も真実、戦いは戦いを生み、一時的に平和がきても新たな憎しみを生み出した戦いはいずれ後に起こる新たな戦いへの火種を生む。
でも、マリナのように理想を掲げ苦悩してるだけだと、戦いや恨みを現実に抱いてる人達の存在ががなくなるわけではないから…決して戦いが消え去る日がやってくる訳じゃない。


……はっきりいってホントにスメラギたちと同じでこちらも答えはでない問題だと思うんですよねぇ…でもだからこそマリナにはマリナなりの何か別の方法…希望を探し出してシーリンと対決して欲しいと思うんですけどね…。
思うんだけど…現状は見ていて、この人はもどかしいなぁ……。

えと…疲れで感想自体この辺で…息切れ…(苦笑)
後は簡潔に書きます…内容がデタラメだったら…すみません;



沙慈・クロスロードとソーマ・ピーリス

マリーの「もう決めたから…何があってもアレルヤの傍にいると」

うーん…沙慈とこれも対照的だなぁ…相変わらず何をしたらいいのか分からない沙慈の迷いの言葉が消え…「もう決めた」なんて言葉が聞けるのはいつの日になるのやら…ルイスの事でさえ…「もし(再会できたら)二度と離れないと思ってて…でも何だか不安で…」って
あぁーーー不安なのは分かるけど、もぅそこは言い切りでも言いんじゃないのかよ…。何だかホントにスッキリしない言い方の多い人だ(汗)

でもマリーも…最後は大佐が……という事で、今後の雲行きが怪しくなってきたよなぁ…アレルヤの別人格も出て来たし…まぁこのまま平穏であり続けるとは思ってなかったんですが…。


■王留美の紹介で入った新メンバー

なんだか又…イノベイター…かな…一体どれだけいるんだか…。

それに、王の紹介と言う時点で…大丈夫なのか^^;

性格はなんだか他の人達と違う気がしないでもないが…いや…そんな、頬を染めたくらいで簡単には信じない><


■思惑

もぅ…このイノベイタ―達は…一緒に居ても…それぞれ思惑が全く違ってそうで…

リボンズが機嫌がいいと…リジェネが機嫌が悪そうだしw

王留美はますます何でもありというか…独り言の時意外は全て真意ではなさそうだしねぇ…。


■新型

新型に乗ってたのがあの赤毛のイノベイターさんでいいんですかね…

GNフィールドを展開できる新型で…圧倒されてますが…

まぁダブルオーが強化されたわけですし…それより問題はティエリアが…



■セルゲイ

メメントモリ…天の光…何が神の裁きだ…。

男前すぎる大佐に…死亡フラグが立ちまくっているとは思ったがまさか光に飲まれてそのままなんて死に方はあまりに…。「逃げて」とソーマ・ピーリスは叫んでたが…いや、まだ確実ではないんですが…逃げる時間なんてありそうにないような…。


11話の感想はここ


9話の感想はここ



| 08秋冬・機動戦士ガンダム00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
テクさん こんばんは♪ 「WONDER TIME」の流架です いつもTBお世話になってます!! それと相互リンクのお誘いありがとうございました! さっそくリンク張らせて頂いたので、お時間のある時に確認下さいませ! 公式HP等ごちゃまぜになってるので見つけ難いかもしれないですが(汗) 今回も色々と濃い内容でしたね!! スメラギさんとマネキン大佐の今後の戦いがどうなるのか気になる所です 今までと違い 互いに知ってる訳ですし、戦い難いんじゃないのかなと思ったり… >なんだか又…イノベイター…かな…一体どれだけいるんだか…。 イノベイターのメンバーが増えて名前覚えるのが大変です、皆ややこし名前ばかりですし(苦笑) アニューがどう影響してくるのか気になりますね! ではでは、今後とも宜しくお願いします! 明日は「魍魎の匣」でお世話になります(笑)
| 流架 | 2008/12/09 11:41 PM |
流架さんコメントと相互リンクを受けてくださりありがとうございます。 確認させていただきました^^ こちらこそいつもお世話になりっぱなしですが、今後ともよろしくお願いします! 2期に入って毎回内容が濃いですよね…曜日的なキツさもあっていつも私は書ききれてないですが(汗) スメラギさんとマネキン大佐は確かに互いに存在を認識したゆえに、今後の戦いは読み合いの部分でも、葛藤の面でもどう描かれていくのか気になりますし楽しみです^^ イノベイターの名前ホントにややこしいですよね…私も全然覚え切れません(苦笑) 今後も流架さんのガンダムも黒執事も魍魎の匣も楽しみにしておきますね!!
| テク(管理人) | 2008/12/10 7:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/175
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS