<< 喰霊−零−第9話「罪螺旋(つみのらせん)」 | main | ミチコとハッチン 7話「雨におちるモノトーン」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
魍魎の匣 第9話「娘人形の事」

第9話「娘人形の事」



今回はかなり解決に向けて動いたような気もしますが…今の所、解決者側の動き自体は後手に回ってしまってる感は否めないですよね…(汗)


そうなると…柚木陽子も木場に「もっと…もっと早くに関わって欲しかった…」と語ったように、これでは最終的に事件そのものは解決しても…誰かが救われるような解決の仕方は到底無理のような気がするなぁ…。



このアニメの感想はいつも予想しながら書いてるのが自分が楽しいので、今回も相当好き勝手に予想を交えて感想を書きます(苦笑)
でも当然、原作未読なので予想が外れる可能性も高いですから…読んでくださる方は、そのつもりで読んでくださいね(苦笑)


■まずはいつものようにアバンから

4話で関口が「幻想や不条理を計算で書ける人は素直に尊敬に値する。私はありのままに書いている」と語った時に…「匣の中の娘」の作者久保竣公もまさに同じタイプ…久保の私小説(直接経験した事)をありのまま書いているんだろうな…と書きましたが…それは今回で確定的になった感じですね…しかもこの髪型。

そして、これもその時以降何度も書いてきたんですが…
今回再び読まれた久保の小説の内容
「なぜだろう、なぜうまくいかぬ やり方がヘタなのか。又失敗だ 魂が穢れているから腐敗するのだ その医者が知っているなら会わねばなるまい。今すぐ出かけよう あの娘を」

と言う、その言葉通りの事を呟きながら久保は被害者の身体を何度も切り刻んできたという事で……そのために、医者でもない素人の久保が切った被害者たちの切り口は検死官が言うように上達しているように見える…と。

まぁ狂気以外の何者でもないですが…久保は匣の中に頭部をメインにしつつ生きた状態で収めるためやっきになっていてその点では…失敗し続けているという事かな…。


それで、成功させる事ができる医者…「死なない兵隊を研究」していた美馬坂のもとに行かねば……と語っている。
だから初めは美馬坂によって瀕死の加菜子に手が加えられ延命されていたあの娘(つまり成功している様に見える状態の加菜子)を誘拐したのも、この久保なのかと予想を立てていたわけですが…最後の京極堂の話からすると…誘拐した犯人は別のようですね。

とすると…久保は御筥様から、その美馬坂の話を聞いたか…?
あるいは、以前のアバンで汽車の中で見た
の中の少女を持つ男を羨む男は、関口が主人公になりきってる訳で、匣を抱いた男の方は久保のように見えて久保ではない訳だからそれが御筥様関係者だったか…?
あるいは美馬坂の指示を受けた誰かが運んでる最中に遭遇したか?(もう一段、それを運ぼうとした須崎を殺した「誰か」という可能性もあるが


ここにもし御筥様の関係者が絡んでいれば事件への関与の形も何となく見えてくる気がするんですが……どうでしょう…。



そして場面は先週のラストの場面の少し前の時間…頼子に出会う前の場面です…
関口と榎木津が喫茶店で久保竣公と遭遇

榎木津は顔も見たことのない筈の小説家の久保竣公に注目する。
そして「加菜子を知っているか」と問いかけるが「知らない」と答える久保。だが、おそらく久保の脳内イメージに加菜子の顔を見たんだろうね榎木津は「知っている」と確定して話を進め…写真を見せてみると久保は…途端に動揺し「この娘は…加菜子というのか」と呟き…写真を貸して欲しいと、頼み込む。

これはさっきも書いたように、汽車の中でのアバンの「生きた状態で匣の中に収まってる少女」を見て「あぁ生きている…酷く羨ましくなった」「なんとしてもあの娘が必要だ」と表現した…その時に娘の名前は知らなかったけれど、見たことがあった娘…まさに欲する娘だった故の驚愕なのではないだろうか…と。

そして久保がいつも手袋をしている事を気にした榎木津に関口は久保が、何本かの指を欠損しているらしいと話す。まぁこれは…今まで書いてきた事からすると当然状況が繋がるかな…。

そして、先週のラストの場面に…
留守だった君枝の家に戻った関口と榎木津が頼子と話す場面は…関口の感じた印象が捕捉してるだけの場面なので省きますが…



重要なのはやっぱり頼子が去っていく場面…
「あれはニキビかな…痣かな…それにしても、あんなところにあるのがよく分かったなぁ…」と、榎木津が呟いた場面だろうなぁ…。

そういや上で榎木津の能力を確定的に書きましたが…
榎木津の能力話の回では同じ感想ブログ様の中でも意見が割れた感がありましたよね…でも、これはもぅ間違いなく榎木津が人の脳内イメージが完全に見えているから出た言葉って事でいいですよね。ただ、この榎木津の能力…心を読むような能力ではないので全てが視えるわけではなく、あくまで脳内のイメージの断片が視える能力なんだろうなぁ…。

だから、頼子にとって最も印象に残っていて頻繁に脳内に蘇る筈のあの「ニキビを見つけてしまった」場面が視えたんだろう……。

そして…さらに、思ったのは…この後の母親の話で「あの時はまだ(危険かどうか)はっきり分からなかった」と語った事からすると…頼子が加菜子を突き落とす場面も視えたんじゃないだろうか!
だから…若干迷ったものの、あの時点で頼子が危険かどうかは微妙で引き止めるのは躊躇ってしまったとか。



楠本君枝との会話

釘で打ち付けられた扉を剥がして家の中に入り込んだ二人は、君枝が首吊り自殺をしようとしているのを見つける。

ここでも、しきりに関口が不思議がるが(長い付き合いの筈の関口が京極堂にも榎木津にもやっぱり不思議がりすぎだけど/苦笑)…君枝の脳内イメージが視えるとすれば何の不思議でもない会話を…榎木津は続け…しまいには関口を御亀様のご本尊に仕立て上げ…自分達の方がインチキな御筥様とは違い本物の霊能者だから「危険が迫ってる。頼子を守るように」言う言葉を信じさせて去る(笑)

なんてぇインチキぶりだ…御亀様には吹き出した(笑)


まぁこの榎木津の場合に限らず多少、他の人と違う能力があれば幾らでも霊能者だろうが宗教家だろうが名乗って人を騙せるという見本のような行為です。
まさに、京極堂が6話で超能力、占い師、霊能者、宗教者の違いについて話した際に…その境目が崩れてしまうのは「その先」がどうかにかかってる…と言ってましたが、それを分かり易く実践してくれた感じですね(笑)

そして御亀様もそれを考えればインチキなのは間違いないわけですが…。
ただ、血染めの鉄の箱に絡んで何らかの禍々しいものが関係してる可能性自体は、まだ完全に否定できないんだよなぁ。


あと、笹川は擬似宗教を作り上げていった教主の周りの集まってきた信者の一人だろうけど…どんな、役割を担ってるのやら……。

さらに「鳥口の推理が根底から崩れる」って話も出てましたが…まぁあの推理は出た時点からあんな単純な話ではないだろうな…と、書いてますし…今回はスルーでもいいかな…多分。

えと、これは本編と全く関係ないですが…この君枝のように一度インチキ宗教にハマッた人はそこから仮に抜け出せても大抵次から次に…インチキ宗教に騙されるケースが凄く多いですよね(汗)まぁ…だから、いとも簡単に榎木津の話も効果的にハマったわけですが(苦笑)



木場と陽子の会話

木場は自分はあの日、焼却炉の前に居たのだから、陽子が神奈川県警に対して証言した「手袋の男の目撃話」が嘘であると、指摘すると…陽子は
「警察が陽子や、姿を消した雨宮ばかりを疑っているようだったから…警察の目を外に向けたかった」と答えるが…木場は「雨宮は、加菜子を連れ去った犯人ではない」と断定する。

まぁなんだろ…これも以前書いてますが、陽子は馬違いなく美馬坂の研究に関する一定の事情は知っていて…隠してますよね。そして、加菜子が消えたあの時、美馬坂や陽子が真の意味で狼狽したように見えたのは演技でなければ加菜子が消えたときよりも、須崎の殺害以降だからなぁ…。
だから、連れ去ったのは「外のもの」だと…。

あと、この場面でもう1つ気になるのは…先回陽子が加菜子の姉でなく母親だったという話が出てましたが…。
加菜子が再三思い出していた…母親に「死ね」と言われながら首を絞められてた相手は…陽子じゃなくて…今回陽子の話に出てきた、不治の病で美馬坂が治療していた陽子の母(加菜子にとっては実は祖母)が…その行為をしてたって事でいいんでしょうかね…


加菜子の話に出てきた時からずっと、妙にこの首絞め母の話が鍵になりそうな気がして仕方がないものの、イマイチスッキリ分からなくて棘が刺さった感覚なんですが……。
その母親(祖母)が美馬坂に治療されてた事と…加菜子を憎んで首まで絞めてたこととどう関わるのかが……。



京極堂邸の会話
ようやく関口の願い(掲載順の悩み)が京極堂によって解決してもらえたくだりは見ていて楽しく笑わせてもらいましたが…本筋ではないので省きますね(笑)


京極堂は関口が置き忘れた久保竣公の「匣の中の娘」を読んだ感想を当然「問題だ」と語ったり…久保竣公「久保が手袋をしている」と知り、大きく顔をくもらせ…「そりゃーますますまずい」と語る。

そして加菜子殺害未遂事件、加菜子誘拐事件、須崎殺人事件、バラバラ死体遺棄事件のうち、バラバラ死体遺棄事件の犯人は久保だと断定する。

これはそれぞれの事件が、全て関係はし合っているものの実行犯は別々の犯人だと言う事ですよね?

それなら、ここまで書いてきたようにバラバラ死体遺棄事件の犯人が久保なのはまぁ最初に書いたように当然として、加菜子殺害未遂も1話で最初に感じた印象のままで正解なんでしょうね…つまりニキビを見て頼子が突き落とした。

そして、加菜子誘拐に関してや…須崎殺人犯なんかも勝手に予想して可能性を色々書いてますが…今回も暴走気味に予想して書いたのがどの程度当たってるやら…でも、やっぱこの作品はそれぞれ、予想をして推理しながら見るのが楽しい気がするんですけどね(汗)
でも、それを読んでいて楽しいかどうかは別なので…なんかやたら長いし…すみません(汗)

さて、頼子はとりあえず…両腕は切断されたようですが…今回の久保は巧く切れたのか…それとも、又失敗したのか、どっちなんでしょう…どっちにしても冒頭で書いたように、後手に回ってしまった感があるので…無事救出なんて結果にはなりそうもない気がしますよね……。

又来週です。


10話の感想はここ


8話の感想はここ


| 08秋・魍魎の匣 | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント
(゚Д゚)ハァ?Σ(゚д゚;)両腕切断?! それじゃあ命が助かっても
| | 2008/12/03 4:11 PM |
原作未読なのに、素晴らしい推理だと思います。それらが当たっているかどうかはまだ何とも言えない状況ですが。
| さと | 2008/12/03 6:04 PM |
16時11分にコメントを下さった方ありがとうございます。 両腕切断ですし…今までの流れからいっておそらく足も…(汗) アバンの映像からしても生きてる可能性自体限りなく低そうですよね…。
| テク(管理人) | 2008/12/03 6:20 PM |
さとさんコメントありがとうございます。 もぅひたすら推理というか勝手な予想をしていて…的ハズレ過ぎないか…大丈夫か?状態なので(汗)さとさんのように何かしらの反応をして頂けると少しホッとします(笑) でも当たってるかどうか…分からないようですし、不安なのは変らないですが、ここまできたら最後まで予想して楽しみます(笑)ありがとうございました。
| テク(管理人) | 2008/12/03 6:23 PM |
>間違いなく榎木津が人の脳内イメージが完全に見えているから出た言葉って事でいいですよね。 このアニメってそういうペテンを暴くアニメですよね?そういう物はは存在しないよっていう。 榎木津はただ観察力が鋭くて下調べをきちんとしてるだけでしょう? 京極堂が実践してみせたじゃないですか。 それと同じですよ。
| ただし | 2008/12/03 9:27 PM |
こんばんは。ご無沙汰しております。 第4話……以来でしょうか? またまたコメントさせていただきます。 謎の男=久保竣公=バラバラ事件犯人の推理的中、おめでとうございました。(笑) あのような早い段階で、関口の『私小説』発言からこうした予測を立てておられたことに、いち原作既読者として心底感服していました。 そのことをこうしてお伝えできる日がやって来て、嬉しい限りです。 まだまだ残る他の事件・心理の謎についても……。 相変わらず、作品内の描写を的確に汲んでおられると思います。 そのままの調子で是非、ラストスパートもお楽しみになってください。(前にもこんなこと言ったような……?) 私は管理人様の感想と予想、毎週楽しみにしておりますよ。 ちなみに、上のコメントの方も指摘していらっしゃいますが……。 榎木津のアレは、ぶっちゃけ、あんまりタネを突き止めようとしなくてもいいと思われます。(笑) あれは榎木津個人のキャラ付けの一つみたいなもので、本当の超能力(特異体質)にしろ、洞察力観察眼の類にしろ、あんまり今回の事件とは関係ないので……。 物語が終わった後に「じゃあ榎木津のアレはなんだったんだ?」みたいなしこりが残ってもつまらないと思うので。 見たまま感じたまま、「そういうものか」とスルーされることをお勧め致します。 作中では、京極堂や関口も彼に対してはそんな態度なわけですし。(笑) それでは長文コメ、失礼致しました……。
| くま | 2008/12/03 10:47 PM |
ただしさんコメントありがとうございます。 まずペテンに関してですが…確かに以前の京極堂の発言にペテンの部分を暴く部分がありましたよね。ただ、私は彼の発言を聞いていて、ある種の能力自体を完全に否定した訳ではなかったと思うんですよね…。 それから後半ですが、京極堂は確かに観察眼と下調べ豊富な知識で常人なら驚くような会話をやってのけましたよね…。 ただこれは私の勝手な意見かもしれませんが、作品中に全く同じ点で優れた人間を出しても面白くないと思いますし、榎木津の場合は、見ている限りでは京極堂とはタイプが全く異なる印象を受けるんですよねぇ…とても、彼が綿密な下調べをしていたとは…思えないんですよ(汗) あ、もちろんあくまでも私の捉え方、感じ方ですが…。
| テク(管理人) | 2008/12/04 12:13 AM |
くまさんコメントありがとうございます。 お久しぶりです、再びコメントして頂き嬉しいです(笑) もぅ完全にこのアニメは一人であれこれ予想しながら見て楽しんで感じた事をそのまま長々と書き連ねてしまうので自分は楽しくても…見ていてうんざりされてしまう方も実際に多いのではないか…と絶えず不安も感じながら書いてますので…くまさんのように、楽しみにしていると言ってくださる方がいると本当に嬉しくなってしまいます(笑) 久保に関してはここ数話で確信に近くなりつつはあったものの…ようやくそれが間違いでなかった事が判明して正直、あたって嬉しいというよりもホッとしました(苦笑) といっても、まだまだ残りの部分こそメインの謎解きの気がしていて気が抜けないですが…。 それから榎木津に関してもありがとうございます。事件解明には直接関係してこないと言う事なんですね。 でも本当の超能力(特異体質)にしろ、洞察力観察眼の類にしろ…という、くまさんの書き方が又意味深で判別しにくい上手な書き方をして下さってるのでますます気になって仕方ない気もしますが(汗) でも、もし「視える」というのが事実だとしてもそれは…くまさんの表現にある「特異体質」のようなものとして受け入れられますから、作品自体の面白さを損なうものじゃないですし…はい、大丈夫です(笑) 長文コメも大歓迎です。ありがとうございました!
| テク(管理人) | 2008/12/04 12:44 AM |
はじめまして。 毎週こちらの記事を楽しみに拝見しております。 私も原作既読の視聴者なので、管理人さんの推理力と洞察力にはお世辞でなく感服しています。くまさんのおっしゃっていることをそのまんま、私も申し上げたいところです☆ 話題の榎木津探偵の能力ですが…これはネタバレには関係ないと思うのではっきり言いますが、ただしさんは読み違えをされてるようですね。管理人さんの捉え方で正解です。先週放送分でも「僕は調査なぞしたことない」的セリフもありましたし。 ちょっと気になってしまったので余計なことと思いつつコメントしてしまいました。是非最終話まで感想お書き下さい!これからも楽しみにしております。
| kai | 2008/12/04 10:29 AM |
kaiさんコメントありがとうございます。 今回色んな方に誉めていただき、誉められ慣れていない管理人としては…実はかなり落ち着かない気分に陥ってもいるんですが(汗) コメントは本当に嬉しいです。ありがとうございます。 そして榎木津探偵の能力についても教えてくださり助かります。その能力については視聴中は確信に近い印象だったんですが…なにせ、答えを知らない身としては別の意見があると…あれ…と、揺らいでしまう心境になるので、全然余計ではなかったです(笑) 次回も自分でもどんな感想になるやら…でも、はい!最後まで楽しんで書きたいと思います。
| テク(管理人) | 2008/12/04 6:14 PM |
ご無沙汰です(汗) 今回は榎さんらしさ全開でしたね。関口君の挙動不審ぶりと対象的w 榎木津の例の能力は事件の核心に迫るよりも、『余計な情報』として事件の捜査を混乱させることのほうが多いのです。榎木津自身が自分の能力の使い方をよく分かってないし。。。 このブログを訪問するのが久々だったので、ちょっと書き込みするのが気まずかった(苦笑)
| ベレッタ | 2008/12/07 8:57 PM |
ベレッタさんお久しぶりです^^ あれが榎さんらしさなんですね! 捜査を混乱させるんですか(汗)上手く使いこなす気があれば相当便利な能力ですけどね…特に探偵なら…。 ベレッタさんのように今まで何度も書き込んでくださると、私のほうは勝手にかなりの親しみを感じてるので…間隔が空くのは忙しいでしょうし全く仕方がないことですから。 全く気にしないで、又暇な時気が向いた時にだけでも気楽に遊びに来てくだされば嬉しいです(笑)
| テク(管理人) | 2008/12/08 6:35 AM |
>気楽に遊びに来てくだされば嬉しいです ありがとうございますm(__)m このアニメ、始まる前はものすごく不安だったんですが、原作の世界観も生かされてて、私的にはなかなかいい感じです。 ちなみに今回の頼子の前での関口の不自然な愛想笑い、自分をみてるみたいで少し嫌でした(苦笑)
| ベレッタ | 2008/12/08 12:41 PM |
ベレッタさんコメントありがとうございます。 始まる前そんな風に言っておられましたよね^^でも確かに、見応えはもちろん雰囲気も凄く味があって…私もかなり楽しんでます。 関口は…確かに無理した笑いでしたよね(苦笑) それから自分を見てるようで…という、その気持ちは全く同じではないかもしれませんが分かる気がします…思うままに感情を表し、思うままに人と接して生きられれば楽なんですけどねぇ…でも生きている限り…中々榎木津さんや京極堂のように強く?他人の目など全く気にせず?生きれる人は少ないですよね^^;
| テク(管理人) | 2008/12/09 5:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/168
トラックバック
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS