スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
シャングリ・ラ  第24話『理想郷土』最終回
第24話『理想郷土』


『死ぬまで夢を追い続ける』とか言って、爺さんと旅立ちやがった凪子婆さんアッパレなのか?それでいいのか?納得いかねぇーーー(ノ゜ロ゜)ノ<呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪


■ラスボス?
ここまで、悪の権化のような存在だった涼子は、主人公國子の身体能力が勝りあっさり一蹴し消滅…何とも…あっけない最期を迎えました(苦笑)

結局ゼウスが先週から突然出てきた木乃伊(ミイラ)の主…卑弥呼の霊を宿らせる形で…それがラスボスという格好にはなったんだけどさ…。

うーーん、卑弥呼をラスボス的な悪者にするのなら、ここに至るまでにもう少し卑弥呼関連の伏線を敷いて置いて欲しかった……神話とかを適当に混ぜておきながら壮大でも何でもない、中身の薄いチンケな悪者に卑弥呼を仕立てあげて終わらせないで下さいって感じが^^;


■元凶
しかもさぁ…自分が思うにやっぱ全ての元凶は、アトラス計画なんかを立ち上げて、荒唐無稽な夢を追い、オカルトにまで手を出して眠ってた霊は起こし…無数の子供たちを人柱として犠牲にしてまで計画を推し進め、クローン技術で計画の目的にかなう子を作り出したりと、やりたい放題の凪子婆さんとタルシャンだろうが(`へ´)凸って思うんだよなぁ…(苦笑)

それを…涼子に責任を押し付けるかのように他人事のように話した挙句に…自分の計画の為にクローン技術で作り出した國子に最後の尻拭いをさせ…『信頼してたから』って…ハァ?て感じだよ(`へ´)凸

おまけに冒頭で書いたように…『死ぬまで夢を追い続ける』とか抜かして、爺さんと旅立ちやがったよ凪子…Σ( ̄ロ ̄lll)

ちったぁ責任感じて、責めを負えよコラッ!(苦笑)

いや、ここまで堂々と悪びれてないのはアッパレなのか?
うーーーん、でもやっぱ納得いかないから再度…(ノ゜ロ゜)ノ<呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪 (もういいってか/苦笑)


■その他
まぁ、その他も納得がいかない点は色々あるけど…。

例えば、小夜子は不死身過ぎるとか、ミーコが最後に出てきてくれたのは良いんだけど…あまりにそのミーコの幽霊が万能過ぎるだろとか、メデューサの決着の付け方のあっけなさとか…色々ご都合主義だったのは、もぅ突っ込まないほうがいいのかな(汗)

ま、とにかく國子の目指す理想郷土〈シャングリ・ラ〉についての語りも、あまり魅力は感じないんだけど…とにかく一件落着という事で終わりです。



■全てを見終えて
こ の作品は珍しく原作を読んでいたので、元 々個性的な登場人物の魅力を活かしきれておらず、展開も投げっぱなしの伏線なんかがあって多少消化不良な感が否めない作品だとは個人的に思ってたんです が…でも、世界観や設定自体は興味を惹かれる部分も多く、きっとアニメ向きの作品だろうな…アニメは小説とは違う展開になるようだし、描き方次第ではかな り化けるんじゃないかと勝手に期待して見始めたんですが……(汗)

ど うにも展開が適当で必要なエピソードが不足していたような…加えて、作画のクオリティも崩れる事が多かったし…わざわざ出したアニメオリジナルキャラ達も 話を盛り上げる役目を果たしたとは思えず…個人的には主人公を含めた登場キャラに魅力も感情移入も全く感じる事が出来ぬまま進み、結末も納得のいかないまま終わってしまった感じ…。

いつか、面白くなるかも…と、中盤までは期待を捨てずに見続け結局最後まで見たんですが………。

音楽は良かったんだけどね。

なんか、終始批判も多い感想でしたが(汗)……そんな中、2クールお付き合い下さり、読んで下さった方やTBやコメントを下さった方ありがとうございましたm(_ _)m



23話の感想はここ









| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(24) | pookmark |
シャングリ・ラ 第23話『崩壊序曲』
第23話『崩壊序曲』


今週も疲れる展開で…感想もいい加減過ぎて申し訳ない><

でもさぁ、全ての元凶の、タルシャンと凪子がまるで他人事のように解説風に会話してるのにイラッとくるし(苦笑)

草薙には『私を殺して、お母さんを守れるの』と言われてすぐに銃を下げるくらいなら、もっと動く前に考えろよ!!おまけに…アンタは國子に任せるだけで、一緒に降りないのかよ!と言いたくなったし(苦笑)

紫音と列音の兄弟愛とか…正直、感動ゼロで…臭くて…勝手にやってて…って感じだし(汗)

そして何よりも…涼子の好き放題加減に色々疲れてしまう(苦笑)

さぁ…最終回か…。


22話の感想はここ


24話の感想はここ








icon icon
| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(19) | pookmark |
シャングリ・ラ 第22話『永遠乃絆』
第22話『永遠乃絆』


今週はまず、美邦&小夜子からかな。


■絆
自分が切り捨てられる事など歯牙にもかけず、ただひたすら美邦が後継者になる事を願う小夜子。

そんな小夜子の最後の願いである抱擁を受けて、涙を流す美邦の『温かいのぅ小夜子は』という言葉は、美邦がこれまで味わってきた闇の中での生活や、忌まわしい力故に誰も心を通じ合わせてくれずに、たった二人だけ(小夜子&ミーコ)が愛情を注いでくれたに過ぎなかった背景を考えると哀しいし、あんな環境で育った美邦が復讐に固執してしまう事自体は理解できる。

ただ、美邦が寂しさや閉塞感を感じてる事や、傍に居てミーコのように叱ってくれる存在が不足してた事は伝わってたけど、自分の力を『忌まわしい』とまで感じてる描写はなかったような気が(汗)

それと、小夜子が実の子に絡んでどんな悲劇を味わったのかも、伏線程度にしか描かれてないままだし…小夜子の美邦の為に行う鬼気迫るような活躍も描かれないままここにきてしまったから、ここでモモコに内面の複雑な感情を指摘されるだけでは、小夜子に感情移入するには弱いかなぁ。。。


■メデューサの暴走
炭素経済とかメデューサの暴走は相当、描かれ続けてきたし、今回も世界各国の軍事ネットワークに侵入して派手に世界の滅亡の危機になるほどに暴れてる訳だけど、今回明らかになった様に、所詮はメデューサなんて噛ませ犬に過ぎないのが辛い…(苦笑)


■省吾
涼子の腹心の中の誰かが、涼子を裏切ろうとしてるのは今まで描かれてきたし、小夜子を逃がした時も腹心の服装の影が見えていたので、怪しいのは分かってたけれど…。

その理由は全くの予想外だったなぁ…もっと、大きな裏切りをしてくれるのかと途中では期待してた事もあったんだけど(汗)

でも、まぁ…ここまで十分過ぎるほど描かれてきた涼子の酷さ加減はさらに伝わった…実の姉弟と分かっていながら、抱かせようとしてたとは…どうせ、動機は『面白そうだから』だろうし…うん、私怨でのみ動きたくなるよな。。。

来週は紫苑も何か私情絡みで動くのか?


■涼子の正体
涼子はゼウスのインターフェースのようなもの…?

うーん、でもゼウス自体にオカルト要素が相当強く絡んでる筈だからなぁ…涼子を一般的な意味でのゼウスというコンピューターのインターフェースとして、単純に理解していいものかどうか…きっとまた古代の霊とかも絡んでくる筈だし…。

これはもぅ古代の創生神話に絡むアトラス計画の全貌と、霊力を有する後継者との繋がり、凪子の犯した狂ったような罪の全てが明らかになるまでは、涼子についても完全には理解できないんだろうな・・・。



で、ラストは草薙が國子に銃を向けてましたが(汗)何をされたのか、何を知ったのか知らないけど…涼子にたぶらかされるような時間的機会あったっけ?(苦笑)


23話の感想はここ


21話の簡易感想はここ


20話の感想はここ





icon icon
| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(2) | trackbacks(20) | pookmark |
シャングリ・ラ 第20話『連之調音』

第20話『連之調音』


ミーコがあっけなく逝ってしまいました。。。


■ミーコの死
美邦の心の中にだけは、ミーコへの愛着や、ある程度の心の変化を残せはしたんだろうけど…やっぱミーコはこの作品で最も可哀想な生涯のような気がする…。


元々はアトラスでの生活を夢見てくじに当選し、喜び勇んで上がった先で無理やり女官にさせられただけだったのに、仕える相手の抱える境遇に同情し、何も知らない美邦に愛情を注ぎ続けたミーコ。


あんな体にされて、正気を保っていられる時間が少なくなってからも…最後までその愛情を元に、自分の身(水蛭子の霊力を使用して)を盾に命を散らしてしまったよ。。。

それに、やっぱ元友人たちからの扱いが酷くない?(苦笑)……ミーコがあんな体になってると知ってからも…國子には一度も想いだしてもらえず、國子とモモコの間で安否を気遣うような会話がなされる事もなく(苦笑)


今週も國子は、草薙とおバカな痴話喧嘩…。
モモコは…ニューハーフパブの店『熱帯魚』の跡地でしんみりしてるから、共に働いたミーコへの想いでも語るのかと思いきやそうでもなく…草薙を襲って好き放題生気を吸い取ってるような…そんな中での、死だから余計に哀れに感じてしまった…(苦笑)


だけど、水蛭子の方は、おそらく依り代を消滅させられただけだから、その存在自体は消えていないんだろうなぁ…。

■元凶の婆ちゃんと爺さん
焦土と化した東京…その焼跡から現れたのは、巨大なシンボル…しかも、ディグマである國子と草薙が接触すると反応し、光る神秘の印。


それに國子たちが気づくことも、全て承知の上の爺さんと婆ちゃんの会話が又酷いよなぁ。。。


彼らがその印…すなわち東京の地に眠る龍脈のエネルギーに気づいたのは、第二次関東大震災の直後に、今と同様東京が焼け野原と化した時だったみたい。


そこで、その印の中心にアトラスを建設し、その大地からの神秘のエネルギーを利用して『日本を世界の中心に、繁栄させる』為に使用しようと、そんな勝手な夢物語を追い求め、日本を、そして世界の経済をも変化させてきた二人…。


しかも、その神秘的なエネルギーがあまりに強大でその上に建てたアトラスの固有振動を科学の力では抑えきれないと分かると、オカルトに手を出して、清浄なる乙女は水蛭子の依り代として、そして7歳に満たない幼子を数え切れないほど人柱として殺害し続けながら…。


う〜〜ん、どうなのよこの二人(苦笑)
立て直し不可能なほど崩壊した東京を立て直すため…いや、それだけではなく当時の行き詰った世界経済を立て直すため…後々の、日本だけの繁栄にとどまらず、世界全体を潤し救う為だとか考えたんだと思うのよ…。


だとしても、あれだけの犠牲者を出しながら、のうのうと計画を遂行させ続け、その計画の完成の為に國子たちの運命も操ってきた凪子…やっぱ好きになれねぇ…(`へ´)


しかも開き直って、さも自分もかつては罪の意識に悩まされたけど…それでも自分には大義名分…犠牲を犯してでも成すべき理由があるし、その罪は目的が叶った時にでも受けるとでも言いたげな『落ち込んでなんかいない、後悔も罪悪感もそんなもんはとうに枯れ果てた』と言い切る態度が傲慢に感じる…。


まぁ、今更言い訳されるよりはマシだけど(苦笑)


とりあえず、まぁこの二人は今はチェスでもしながら、天沼矛(あめのぬぼこ)が解き放たれる時を待ってるみたいです…(-_-;)


■涼子の本当の狙い…。
『楽しむ』ことを優先してると公言してるし、行動もそんな感じだけど…うーん、さすがに何か最終的な狙いはある筈だよねぇ。


それがアトラス計画とは全く別の形の『自分の時代』を求めてるのか…それとも後継者三人を除き去って『自分がアトラスの真の頂点に!』と考えてるのか…単に爺さん婆さんの邪魔さえ出来ればそれでいいのか…イマイチ分からない。。。


今週も、香凛の助力のおかげで剣を三本揃え、一定の資格を手に入れた筈の美邦を水蛭子ごと抹殺する為に、国連軍に対メデューサ法を根拠に責める口実を与える情報を流してるから…少なくとも美邦は邪魔なのか?(苦笑)


■香凛
メデューサは資産価値ゼロの南極大陸に向けて巨大な投資をして炭素指数を下げていたので…当然いずれ破綻…指数は跳ね上がり、炭素経済自体が崩壊、世界大恐慌!というシナリオは避けられない様相。


ようやく、事態の深刻さを悟る香凛だけど…その直前まで暴走を続けるメデューサを見ても、楽して儲かるからサイコーとのクラリスに賛同してた香凛(汗)


おバカな人が多過ぎるよ(苦笑)


どうやらミーコが美邦を守ったおかげで、その恩恵を受けて香凛も無事だったような感じだけど…今後生きていたアキバの三爺と、毒された古川、そして國子たちと一緒に行動するのか…ね^^;


19話の感想はここ


22話の感想はここ





icon icon

オリジナル・サウンドトラック【セブンアンドワイ】 icon
| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(2) | trackbacks(22) | pookmark |
シャングリ・ラ 第19話『東京空襲』
第19話『東京空襲』


えーと、凪子婆ぁちゃん……いきなり朗々と語りますね(汗)

原作でもあそこまで、日本書紀や古事記関連の引用はないし、まぁ関係はあるけどそんなに深い部分まで踏み込んでいかない気もするんだけど…。

あそこまで意味深に読ませるなら、今後深い意味を持たせてくれるのを期待したいところだけど…どうなんだろうなぁ(汗)


その凪子婆ぁちゃんの朗読してた神話…ちょっと要約して書きだしてみようかな…。
まぁ内容は日本の国土創世の有名な神話なんですが、興味ない人は多分どこかで聞いた事があっても、一度聞いても覚えてないタイプの話だろうから一応(笑)


前半は国産み神話の話です。
  • 『天津神からイザナギ(伊耶那岐命・伊弉諾尊)とイザナミ(伊耶那美命)の二柱の神が「この漂へる国を修理り固め成せ」と命じられて 天沼矛(あめのぬぼこ)を賜る それで、その二柱の神は天浮橋(あめのうきはし)に立って、天沼矛で「こをろこをろ」とかき混ぜて引き上げてみると、その矛の先から滴り落ちた塩が積もりて淤能碁呂島(オノゴロ島)という島になった』

それから後半は神産みの方の冒頭部分で、あの水蛭子について語られてましたね^^;
  • 伊邪那岐と伊邪那美は淤能碁呂島に降りて、天の御柱(あめのみはしら)を立て、その御柱を両側から回って出会い、結婚をした。そして子供を産むんだけど…一番最初に産んだ子供(神)こそが“水蛭子”なんです!…だけどこの御子は、伊邪那美(女神)のほうから伊邪那岐を誘ったために、不具の子に生まれてしまい、二神はこの子を葦舟に乗せて島から流してしまう
    というお話^^;
まぁ、だから水蛭子は……流された事に対する怨念もありそうかな…それから「この漂へる国を修理り固め成せ」という一節は、このアニメの最初の方から繰り返し出てきてる言葉だし…神話関連はこのまま水蛭子だけで終わりそうにはないよね^^


凪子婆ぁちゃんは『アトラスは人形(涼子)のモノでも自分たち(凪子やタルシャン)のモノでもなくディグマ?(追記:あれ他のブログ様を見てるとリューマ?どっちにしても正当な後継者のモノって事かな?)のモノだ』と言ってたし、AAAである三人とこの神話との関連も今後いよいよ明らかになっていく感じ??

焼けた東京の跡に『毒された印が姿を現すぞ――!!』と水蛭子は叫んでたし…予告も封印がなされてた場所が登場しそうだったしね。。。


で、國子の涙の方だけど…ここまでの、描かれ方が邪魔をして、國子の気持ちに入り込んで感動するって事は残念ながら自分には出来なかったんだけど……うん、でも自らが育ち暮らし生きてきた場所を、どうしても焼かなければならなかった訳で、色んな感情がない交ぜになりながらも『ありがとう。さようなら…』と言って別れを告げる気持ち自体は理解出来るかな……。

それにしてもアキバの三ジイはどんな時でも、自分たちの世界を作り出し何事も楽しんでて、相変わらず幸せそうで何よりです^^;

ただもぅ一人、一貫して金儲けという自分の道を歩いてた世界一の金持ち?香凛は…さすがに、もぅ金儲けしてる場合じゃなくなりそう^^;

また来週です


18話の感想はここ


20話の感想はここ






「シャングリ・ラ」OP『キミシニタモウコトナカレ』May’n【セブンアンドワイ】
 icon
icon icon
| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(25) | pookmark |
シャングリ・ラ 第18話『双頭奇譚』
第18話『双頭奇譚』


相変わらずだなぁ……。

あんな状態のミーコと対面した後の、國子のあの反応の薄さは一体何なんだろう…。

あまりに信じ難くて現実感がないというのは分からなくもないし、妹かもしれないという美邦の存在に関する事実を知った後だといのもあったとはいえ…ミーコはあんなにも凄い悲惨な状態なのに…あまりにもあっけない反応過ぎて…やっぱり國子には入り込めなさ過ぎる(汗)

は香凛にあっさり交換条件で渡しちゃうし…勿論、それよりも大事な事があるっていう想いの強さみたいのがちゃんと伝わってくれば、全然アリだと思うけど…國子が、あんな行動すると…あぁ―――あ、ま―た考えなしにあげちゃったぁ―としか思えないのが辛い(汗)

凪子婆ぁちゃんも相変わらず食えないお方で…一向に真実を喋りませんしねー。

涼子は自分で付けた紫苑の傷が醜いからご機嫌斜めですが…そんな涼子を、兄ちゃんがスンごい目で見てますぜ…(¬_¬)

ま、何はともあれ…ダイダロスの脅威はドゥオモ内部にまでどんどん浸食し、事態は急を要するからとにかく東京を燃やさねば!でも、避難場所はアトラス内部にしかないから涼子と交渉を…って事ですが、それはとりあえず成功しそうですかね…。

来週はどうなるかな…。

19話の感想はここ

17話の感想はここ






| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(21) | pookmark |
シャングリ・ラ 第17話『暗夜杭路』

第17話『暗夜杭路』


icon icon「シャングリ・ラ」O.S.T.【センブンアンドワイ】 icon


女官募集(経験者)優遇×→女官募集(正直者)優遇○


どこに女官の経験者で生存者なんているのかと思ったら…まさかの女官新解釈でした^^;

でも訂正した後のそれは………ハイ!正直者です!なんて、やってくる時点できっとまた美邦様に捩じられると思う(◎ ◎;)

さて…今週はオジサンが川に身投げし…香凛にはツキ?がトコトン向いてくる?…そんな、お話でしたヽ( ̄Д ̄;)/ぐ

■香凛の命運は?
アトラスから堕ちた香凛は、秋葉原全体を結局買い占めてたようで…しかも秋葉原全体を仕切るシンジケートのネオ・ギルドのボスだとか…サングラスにクマといういでたちで独り言連発するわ、胸の内は金の事ばかりだわ、それでいて動揺は顔に表れまくりという…この子も…どう反応していいやら^^;

でも、今週は話の展開云々ではなく、香凛の動揺しまくりの反応のおかげでそれなりに楽しませて貰ったかな(笑)

同じく地上へ落ち延びてきた美邦&小夜子が面会にやってくると…ゼウスの最高機密を手に入れた香凛は、アトラスの後継者候補であるAAA3人の内の一人美邦に取り入っておけば、美邦が見事後継者になった暁にはガッポリ金を手に入れられると目論みツキが上向いたとほくそ笑むものの…。

なんだか一気に暗雲が押し寄せてきたような気が…(笑)

1.まずは水蛭子
『な、なんなの…ゲッ!…ちょ、ちょっと――なんなのあれ??』
水蛭子は…そりゃぁ何も知らず見たらビックリするよなぁ普通…というか、実際にあれを見たら多分寒気と頭痛が相当酷いと思う(汗)おまけに、男…喰われてるし(苦笑)


原作では水蛭子は登場する度にそれ以外にも百足とかを、それはもぅ大量に喰っては吐き喰っては吐きしておられましたけどね^^;

こんなのが自宅に来たら…例えどんなご利益があろうが、絶対ツキが上向いたとは思えない><;


2.美邦
相変わらずの無邪気さ?で『女官は50人いればよい…十二単は16種類ほど用意するのじゃ』と、当然のような注文を出す美邦様…明らかに香凛にとって貧乏神のような気が…^^;

おまけに、例の異能が炸裂…秋葉原特製女官がさっそく心にもない事を言って、ひねり殺されてしまうし『貴方も気をつけなさい』なんて言われても、腹の中に一物だらけの香凛にはかなりハードル高いよね(苦笑)

案の定、美邦に『どうしてわらわの為に働くのじゃ?』と、問われて大ピンチに^^;

3.小夜子
慌てふためく香凛の様子は完全に小夜子に悟られてしまい、助け船は出してくれるものの『貴方には、まだまだ役に立って貰わないといけないから』と、ニヤリ…完全に蛇に睨まれた蛙のような状態で、汗が出てるし…良いようにこき使われそうな感じも(汗)

4.暗雲のトドメは…ピンクの髪の主人公様…。
えーと…これは完全に自分の個人的偏見が入ってる気もするけど…(苦笑)

だって、この子の傍にいて…今のところツキが回ってきてる人を見た事が無いような気がしますから^^;


■その他
武彦の話に出た人柱や、固有振動の話、後継者の話はもぅ既に視聴者的には出てた話で、以前の感想でも書いたし…あんまり、今週取り立てて書く程の事実は出てない感じかなぁ…。

武彦自身に関しても川に身投げしたりしたんだけど…うーん…なんかねぇ、言ってる内容が情けなさ過ぎて感情移入しにくいし…國子と草薙の『信じられるモノ』の話はそれこそ……うーん、まぁもぅいい加減ど―でもいいや!みたいな気が(汗)

まぁ展開的に重要なのは…ダイダロスが増え続け光化学オキシダントを大量に出して、このままいくと益々地上は人の住めない地になろうとしてるという事かな…だからその状況を何とか食い止める為に、東京の全ての森を焼いてでもダイダロスを何とかしようというのが國子の決めた事みたい。

アトラスの方は総一郎だったっけ?あの男の笑顔を見てると『私の時代が来る』なんてほざいてる涼子をそろそろ裏切りそうかな〜という気もするんだけど、どうだろう。


紫苑はホント相変わらず悦びを噛みしめてるのに…兄ちゃんは弟の性癖を何も分かってないようで(苦笑)

多分知ったら、あの兄ちゃん死にたくなるか…少なくとも寝込むな…。


まぁもしかすると弟が自分の事を何も分かってくれてないと思うのは、兄が自分の為に我慢したり、その兄がいつまでも自分の事を第一に考えて庇護しようとするのが兄ちゃんの為にもイヤなんだって気持ちもあるのかな…とも、ちょっと感じたけど…紫苑のあの悦んでる顔を見なおすと…色々深く考える必要もないかなという気に(苦笑)


さて、来週は焼け野原になるのかな…。


18話の感想はここ


16話の感想はここ


| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
シャングリ・ラ 第16話「狂乱樹獄」

第16話「狂乱樹獄」


トンデモナイ展開がますます加速してますねーヽ(´o`;)/


それにしても、やっぱ涼子様がハンパねぇ…動機はただただ自己の快楽追求なのかねー……一体ホントに何がしたいのやら( ̄ロ ̄;)


■涼子は何がしたい?!
ミーコは原作でも、その辿る運命は同じなんだけどさ……。


アニメでは、涼子がただただサディスティックに美邦の苦しむ顔を見て楽しみたいからミーコを美邦から取り上げるのが目的で捕えたとは、だから罪状なんてなんでもかまわねーし、ついでに…水蛭子の依り代にでもしちまいなっ(-_-)屮ポイって…ミーコも美邦も可哀想過ぎるよ(-_-X)


なんか美邦や國子の生まれた過程を考えると、涼子も表面的には愉快さだけを求めているように見えて、実は個人的にこの子たちとか、タルシャンに対する深い恨みでもあるのかねぇ…とか、普通ならその事情を考えたくなるんだけど、この人に限ってはそんな事を深く考えたくもないくらい気分の悪い人だ(汗)


だってホントに、見えてる部分だけだと…ひたすらいい加減で、自分が愉しいかどうかが基準でしかないもんね…なんか考えたらずでもあるし…。


だから、一大決心の草薙に至っては『所詮、3だから』と…軍を辞めても気にもして貰えず…まぁ気にして貰えないのは本人としては結果的に助かるけど…扱いとしてはかなり情けない草薙ちゃんです^^;


でも、小夜子の執念が実って…遂に美邦とミーコ(水蛭子)共々、涼子の手を逃れて逃げる事には成功したけど…。
涼子はそれでも『面白いわ――!!…どんどん不幸になってお行きなさい♪』と、小夜子の行動を楽しんでるし( ̄Д ̄;;


(でも、こんな涼子の存在がインパクトがあり過ぎる中…地味に…最終的に跡継ぎを決定するのがゼウスだとか、アトラスの固有振動を止めるには、水蛭子の存在と…先回判明した大量の人柱の存在という霊的な力が不可欠という重要情報が判明してたんだけどね…。)



■國子が決めた事は全て間違ってない???
帰還した國子がまず最初にした事は凪子ばぁちゃんの放逐…だけど、婆ぁちゃんの方は『ぬか漬け』を託しただけで、それ以外は喋らず…結局凪子が何を考えてるかは分からずじまいでした^^;


でも、落ち込む國子を励ますモモコさん…『國子の決める事は全部イイ事』なんて…この子のようなタイプの子に言っちゃって大丈夫ですかい?^^;
お陰で、危うく道連れ投身自殺…いや、まぁモモコを信頼してるからの國子の行動だけど…相変わらず、個人的にはあまり魅力の伝わらない子です(汗)


で、1話から引っ張り続けた謎の砲撃の正体が判明した訳ですが…アトラスが遺伝子操作して人為的に作り出した植物『ダイダロス』が異常な進化を遂げていたという事でした…まぁ、自分勝手な人類への警告的な話も盛り込みたいという感じではあるんだろうなぁ…。


焼き払おうとしても反撃を食らって思うようにいかないみたいだけど…このまま放っておけば、ますますトンデモナイ危機に陥るし、今後どうするのか…。


と…國子が考えてたら…武彦ーーー。。。
アンタ…涼子や凪子に牙を剥かないで…まず何も知らない國子を殺そうとするんですか…(汗)


又来週です


17話の感想はここ


15話の感想はここ


| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
シャングリ・ラ 第15話『迷走敗退』

第15話『迷走敗退』


今回のタイトルどおり…色々と迷走加減が凄い?!…^^;

えーと、内戦自体はあっさり片付きました。

例の謎の毒ガス攻撃

実際は、アトラスもゲリラも使用してないけど、他所から見れば、使用の禁止されてる兵器を内戦に使用したと見られ、国際法に基づいて重い炭素税のペナルティを課せられる。それは困ると、早期の停戦を望んだタルシャン&涼子たちが…。

国際司法裁判所に仲裁を申し立て…からくりの説明は一切なしですが…仲裁人をタルシャンにさせて、裁決…。

國子たちも国連に従わず拒否すれば、国際社会から日本自体が孤立して、一層民が苦しくなるとかで…休戦協定を結ばざるを得ないようになったと…。

色々う――ん、と思う事もあるけど……流れだけは一応理解した^^;

■裏切り
んで、今週のクマっ子香凛さん…相変わらず金儲けに興じてますが…。

チャンの忠告を無視するだけでなく、メデューサがチャンの回線を遮断した為にチャンが裏切り世界の工業地帯を買い占める事で香凛の邪魔を…しかも、その軍資金を出資したのは凪子ばぁちゃんです(苦笑)

それでも諦めない香凛は、今度はゼウスにハッキングして…日本政府の金を盗みチャンに反撃しようとしますが…明らかにこの子も迷走ですね(汗)
遂に、メデューサの能力を最大限に引き出す為にと…決定権1位をメデューサ自身に変更してますし。。。


おまけに、アトラスの方では…最高機密を何よりも重要視するタルシャンを今度は涼子が裏切って…取りあえず現時点では拘束かな…涼子の事だからすぐに殺さないでいたぶりそう(苦笑)

その後、香凛も逮捕に向かうが…香凛は重要機密を見た後、寸前のところで逃亡…何だかあっちこっちでもぅ滅茶苦茶ですが…これで、香凛もようやく本編にちゃんと絡んでくるのだろうか^^;

■人柱
今回おそらく一番の衝撃はこれかな…。

『通りゃんせ〜 通りゃんせ〜 こ〜こは ど〜この細道じゃ〜 天神さまの細道じゃ〜♪ …行きは よいよい 帰りはこわい〜♪』

この曲は異説では、生贄を指してるって説もある童謡ですよね。。。

しかも、年齢も歌詞の中に出てくるんだけど、わざわざこれを流したところを見ると…ちょうど7歳くらいの子供ばかりが犠牲になってたって事なんでしょうね…。

それくらいの子供ばかりを誘拐し、殺し、人柱にして…遺品の靴を奉ってたと……。


どうやら武彦は…最初『これがあの…』と呟いたところを見ると…人柱という行為自体は知っていたような感じですが…その後の『聞いてねぇ―ぞ、こんなに…どういう事だ成瀬涼子』と歯噛みしてるので…ここまで大勢の犠牲者が出てるとは知らなかったようで…もしかすると、途中から凪子やタルシャンたちの思惑を超えた行動を涼子が一人でしてたのか…。


それにしてもあの靴の数からすると虐殺の数が半端じゃないね……(-_-X)


おまけに、その犠牲者の中には……武彦自身の妹も含まれてたようで…。
あの影(霊体)はその妹でしょうかね…。


これで、武彦は『これまでの自分』の意味を見失いそうですが…これまで何をしてきていたとしても少なくとも、涼子には復讐しようとするかな…。

■悩み揺らぐ二人
そうか…國子もオカマだったのか(笑)

他にもモモコは凪子の写真は偽物では?!と呑気なものですが……武彦と違ってホントに何も知らなかったのだろうか…そうでないと、今回アトラスに向かった時点で凪子の正体を國子が知って帰ってくるのを、凪子自身が望んでるのも分かってる筈だし今更とぼけても意味がない筈だもんね…。

でも、とにかくお母さん兼父親のモモコさんは…悩み元気のない國子を常に気にかけて、草薙との会話も聞いてますし…この人がいつまでも味方で居てくれるのだけは間違いないと、思うけど…。

草薙の方は…海軍の兵士が病院にさえ収容されていなかった事実を知り…ようやく軍を去るのかな?!それとも、その立場のまま何らかの行動に出るのか…。

また来週ですが…遂にミーコが危ない?!…………。


16話の感想はここ


14話の感想はここ


| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
シャングリ・ラ 第14話「変貌都市」

第14話「変貌都市」


ようやくタルシャンやら、凪子やらの正体が明らかになり始めて久しぶりに今週は楽しかったかも^^


でも、モモコさん貴方って人は…。


『挿入らないからってイキナリは駄目☆』の下ネタ発言やら、下着見てのセクハラし放題かと思えば、武彦の事は『マテを教えとけばよかった』とか犬扱いだし、やりたい放題すぎる( ̄ロ ̄;)


オカマこそ“地上最強”という…偏見?!を植え付けそう^^;


■擬態装甲
順調にメタルエイジ突入各班に指示を与えていく國子に、モモコさんが温かい目を注いでいたのも束の間、アトラス側の擬態装甲がフル稼働を始め街全体が変貌し、その幻影ともいえる状況に惑わされ窮地に立たされ始める…。

でも、ゴ○ラモドキみたいのまで出現して、抱きかかえられたまま『震災前の東京ってすげぇーーー』と、喜んでる國子には吹き出してしまったよ><;
それは、違うから(笑)


だけど、アトラス側の被害予想は公社の予測では3パーセント未満で済むとかって出てるし涼子は余裕ありまくりで退屈気味…という事で、又ホホ染め男くんを弄って遊んでます^^;


(ところで、今週もまたまたこの戦いの最中、アトラスでもメタルエイジでもない謎の砲撃の場面があったけどさ…うん、正体はいずれ分かるとは思うんだけど…原作では結局微妙というか、あーんまり意味がないんだよなぁ…アニメではちゃんと何度も出して、引っ張るだけの意味を持たせてくれるといいけど…)


■アトラス計画にまつわる食い違う想い。
どうやら何も知らない一般庶民にとっては、アトラス計画が持ち上がった頃の東京は震災直後で焦土と化してたし、都市機能が完全に破壊され家も家族も失った人が多数いる状況で…そんな中での、安全で災害もない空中都市建設は大歓迎!
みんなの夢と希望を一心に集めて人々は、新たな大地に安らぎを求め待ち望んだものだったとか…。

でも何千億も義援金を出して、アトラス建造を推し進めたタルシャンにとっては『“彼女”の夢に投資した』に過ぎないとか…。

そして、水蛭子の重要性を説くタルシャン…おまけに涼子の方は『追い求めるその光が身を滅ぼす災いである事を知らない』なんて言ってるし、明らかに当初から公にはされていない秘密の目的や考えがありそうです。


それに涼子個人にとっては…『私が遊ぶ為に決まってるじゃない!』だって…オイやっぱりそれがメインか(-_-;)


でも、この人…セルゲイが“彼女”の事を口にするたびに、表情を強張らせたり…脱走した小夜子を放置する『遊び』を許されずに顔を顰めたりと、複雑な胸の内を覗かせる…今までやりたい放題だったこの人の、そんな表情が見れるのは歓迎だし、今のところセルゲイの方が力関係は上だけど…どうなんだろうなぁ。

アニメ版涼子はこの先どんな行動をするつもりなのか……もしかすると何か、まだ隠した思惑も持たせてるかもしれないし…。

■進む方向性がまだ見えぬ者
いや、今のところ…マネーマネーマネー一直線で進む方向は一応定まっちゃぁいるんだけど(汗)
でもカーボニストって先を読む能力に長けてる筈じゃ?(汗)
しかも、天才の筈じゃぁ?…って疑問に思うくらい、お気楽な香凛(笑)

『メデューサが予想を越えて賢くなりすぎ始めているから、このままじゃ手に負えなくなる!自我を遮断しよう』との忠告も聞かずに、ご機嫌なクマっ子(苦笑)

ホント放置してこの先、大丈夫ですかい?!

草薙さんも相変わらず、近頃の内閣やアトラスの在り方に疑問は感じてるものの、アトラス側から抜ける決断は出来ず…でも、来週あたり転機が訪れるのかな?!

ところで小夜子をわざと逃した影が見えましたが、多分服装や今回登場した人たちの動きを考えると一人くらいしか思い浮かばないんですけど…何が目的で小夜子を逃したのやら…。

■國子にとっては衝撃の事実!
はい、今まで余裕過ぎる態度や意味深過ぎる態度をとり続けてた凪子婆ぁちゃんは…アトラス公社の初代総裁でした。

國子が誘導されて入った建物内には、彼女が“白人男性”と撮った写真と共に、アトラスの完成モデルの前で得意気に、アトラスのシステムを司る人工知能“ゼウス“いついての説明や『選ばれし子たちよ…ゼウスの声を聞きなさい。そして運命に従いなさい。この世界はあなたたちのものです』などと現時点では意味不明な事を語る声が…。


結局、全ては凪子の思惑通り動かされてた國子…。

さてさて、一体凪子は何を意図したのか…おまけに戦いも敗走決定みたいな予告でしたし…衝撃を受けた國子の反応を来週はどう描いてくれるかな?!

また来週です!


15話の感想はここ


13話の感想はここ


| 09春夏・シャングリ・ラ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS