スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
お勧め:ケンガイ
今回紹介するのはコレ。
ケンガイ(1-3巻で完結) 著:大瑛 ユキオ


ケンガイ 1 (ビッグコミックス)

愛し方も愛され方も知らない女(ひと)と、ごくごく普通に愛され善良に育ってきた男。

埋められない違いをもつのに、女を好きになってしまった男が、振り向いてもらおうと四苦八苦する物語。

そんな二人が果たして心の距離を詰められるのか、理解できるのか、心の隙間が埋まることはあるのかが描かれていく。

心に突き刺さってくるタイプの作品なのであまり多くは語らないけど、3巻で完結していて手を出しやすいと思うので是非読んでみて欲しい作品。




※結末について感想を一言。

あの先の二人をもっと見たかったと思う一方で、あれより先をアレコレと想像してみると、やっぱりこの話は「あそこ」で終わっておくべきかなという想いに至る。そんな終わりかただった。
| 漫画紹介 | - | - | pookmark |
お勧め:3月のライオン
本当は一番最初に紹介してもよかった作品。羽海野チカさんの『3月のライオン』


3月のライオン コミック 1-10巻セット (ジェッツコミックス)

紹介がこのタイミングになったのは、作品内に登場するキャラたちへの思い入れが強くなりすぎていて逆に上手く紹介できない感じなのです(苦笑

主人公の零くん、川本家(あかりさん、ひなちゃん、モモの三姉妹とおじいちゃん)、親友ポジの二海堂、義姉の香子さん、林田先生、それらメイン級のキャラたち一人一人が大好きで、願わくばどれだけ時間がかかってもいいから全員が幸せになるまで、長く長く描いて欲しいと思っているぐらい。

主人公はプロの棋士ですが、将棋がメインというわけではなく、人とのふれあいを通して登場人物たちが人間として成長していく物語だと思う。

読んでいると、あー自分のなかにも「こんなふうに人から必要とされる存在になりたい」という想いがあったなぁとか、人への気遣いの表し方って「あぁこういう感じがいいよなぁー」と、思い出させてくれたり気づかせてくれて、自分の成長も促してくれる気がする。

辛い場面に涙したり、あたたかすぎて切なくなったり、可愛くて悶えたり、色んな感情にどっぷり浸ってしまいます。

細かい部分だと、章ごとの最初に1枚づつ描かれてる、アレ。セリフのないあの光景のなかにも、優しい空気が溢れてて、物語性があってすごく好きで、毎回楽しみにしてる。

あと、川本家のネコたちが嘘ついたり食い意地張ったりしてるのが背景で描かれてる場面も多々あるんだけど、その猫たちもたまらなく可愛いのよ。

それと、あかりさんの作る料理!これも細かく描写されてて、キャラの人柄が滲み出してる感じで心があったかくなる。

(読んでない人には伝わらない細かい話ばかりかもしれないけど、それほどまでに細部まで好きな作品w)

現時点での最新刊(10巻)に関しての感想も一言。
色々過程をすっ飛ばし過ぎだよ。見えなくなってる部分はない?って、声をかけたくなるところもあるんだけど、それらを補って余りある真っ直ぐであたたかくて強い思いが溢れてて、うん。とりあえずは、突っ走ってみればいいか!頑張れ!って、応援したくなってる。

やっぱりうまく紹介できないというか、とりとめがなくなってしまった気もするけど、自分自身早く続きが読みたくて仕方ない作品です(笑





| 漫画紹介 | - | - | pookmark |
IHクッキングヒーター

返信とか近況とか一言感想

アニメの方は、毎期視聴本数が減っています。。。

yutanpoさんへの拍手コメ返信
自分ではいつも「あーもっと上手く伝えられたら…」と思いながら書いているのですが、褒めて頂いてありがとうございます。
確かに、指の組み方は左親指が上、腕の組み方は右腕が上です(゚□゚;)!
「CLAYMORE」アニメの方は分からないですが、数年前に友人宅で何冊か読んで、その時「面白そうかも」と思ったのにそのまま放置していました。完結したんですね、近いうちに購入して読んでみます。

最近の記事

PROFILE

コメント等歓迎ですが返信はかなり遅くなってしまうこともありますm(__)m



↑拍手コメでのコメントも送れます

管理人へのメールはここ

利用サイト

BlogPeople
 
 

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

CATEGORIES

MOBILE

qrcode

SEARCH



当ブログで感想の補助・引用目的で使用している画像の著作権は全て各制作・放送関係者に帰属します。

SPONSORED LINKS